2017つくばマラソンまであと2週間

つい最近別海が終ったと思ったら、もうつくばが目の前に迫っているのですね。
月並みな言葉ではありますが、年齢を重ねるにつれて、時の流れが早く感じるなあとつくづく思います。

夜の釧路川河川敷は、ランニングにおすすめです。

a0156548_20153101.jpg
a0156548_20160259.jpg

問題は釧路川河川敷の2.5kmを走るために、家から往復10kmの距離を走らなければならないことですが。
しかし、北海道ローカル番組の夕方の天気予報に出てくるそのまんまの景色を味わえるのはいいものです。
そのうち、何かの間違いで幣舞橋を走っている私がテレビに映るかもしれません。

a0156548_20230073.jpg

10月までにぎわいを見せていた「岸壁炉ばた」も店じまいし、もう冬も近いのですなあとしみじみ。

つくばまで残り2週間ということで、土曜日、レースペース走でひとりハーフマラソンをしようと思ったのだが、風速20m/sの強風に負けて、室内ランでぐるぐると。
ピーカンの晴れで、気温も10度以上あったのにもったいないなあと思ったが、さすがにこれだけ風が強いと、橋の上走ったら、そのまま風に流されて川に落ちるんじゃないかと、身の危険を感じるレベルなのであった。

a0156548_20295226.jpg

本番見据えて、キロ4:40ペースで走りたかったところだが、まあ単独でこんだけ走れれば十分でしょう。
ガーミンの室内モードは、イマイチ信憑性が低く、1.1kmぐらいでようやく1kmのラップ刻んだかと思えば、800mぐらいしか走ってないのに1km走ったことになっていたりして、極めて不安定である。
まあ、最終的に誤差が80mと帳尻を合わせたというところでしょうか。

日曜日は疲労抜きランということで、景色のよい春採湖をぐるぐるしていたのだが、それでも前日の疲れが残っていたのか、ちょっとした段差でゴーカイにつまづいて、前のめりにドタンと転倒。

あまりの見事な転びっぷりに、私も思わず「いてぇ」と叫び、散歩していた方に「大丈夫ですか?」と心配される始末であったが、そこは何事もなかったように、右手から血をダラダラ流しながら走っておりました。

ランニング中は気持ちが張っていたのか、そんなに痛みを感じませんでしたが、家帰ってみると、お、これ痛いじゃんか。
たかが擦り傷なのだが、皮がベロンとむけると、それはそれはしみるように痛いもので、食器や顔も満足に洗えなく、非常に困った困ったなのであった。

まあ、別海終ってからも、そこそこ走りこんでいたので、この転倒は、神からの「休め」という啓示と受け取って、つくばまではダラダラ過ごすことにします。

a0156548_20431710.jpg

本日、つくばよりゼッケンやらプログラムやらが届きました。
予想タイム3時間半で申し込んでいたのでCブロック当るかなあと思いましたが、Dブロックでした。
くそー、これなら3時間20分で申し込んでおけばよかったと思ったが、申し込んだ段階ではサブ3.5もクリアしていなかったわけで、あんまりサバを読みすぎるのもよくないだろう。
まあ、つくばはウェーブスタートで、ABブロックがスタートした5分後に、CDブロックがスタートするって形なんで、そんなにロスは大きくないでしょうと希望的観測。

あと、私のように遠方からの参加だと、ゼッケンやチップ事前に送ってくれて、前日受付なしってのがいいよね。
つくば前日は、昼からの釧路発の飛行機でのんびりと現地に向かい、日曜はひたすら走って、16時55分の飛行機で観光もなにもせずにギュイーンと帰る予定です。
飛行機の時間を考えると、どんなに最悪でもサブ4で走らないと、とんでもないことになってしまうのです。
走る前から、早くもがけっぷちに追い込まれているつくばなのでありました。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-11-13 20:54 | ランニング | Comments(0)  

晩秋の春採湖

3連休最終日。

この日の釧路は気温は低いが天気はよく。
残り少ない好天の秋の日を、家の中で過ごすにはもったいないなあと、とりあえず外出。

a0156548_21395588.jpg

久々に春採湖を走ります。
美幌の前は「坂道特訓だ!」と、よく走っていたのですが、平坦コースのつくばでは、そこまでやる必要はないだろうと、しばらく春採湖から疎遠になっておりました。

a0156548_21415120.jpg


本日は写真を撮りながらダラダラとピクニック気分で走ります。
線路のある風景って、なんかいいよね。
(この線路は石炭輸送用に使われています)

a0156548_21434758.jpg

まだ14時ぐらいなんだけど、すっかり夕方の日の高さだな。
この日の釧路の日の入り時刻は16:11であります。

a0156548_21465752.jpg

市街地から車で10分ぐらいのところに、こういう散策路があるのっていいよね。
なんだかんだで、思った以上にこの街が気に入っている私であります。

自転車遊びもしたいところだが、休日呼出のある仕事してるとなかなか遠出できなくてランニングに逃げてしまう。
周回コースを走るよりも、自由度の高い自転車の方が「俺ってどこへでも行ける」って万能感を得られるのだが、今年は一度もそういう気分が味わえなかったのは残念です。
来年は「俺チャレ」を復活させたいね。

a0156548_21521488.jpg

2日前に痛めた左足の甲の調子が悪く、ゆったり気分転換ラン。
もうちょい新潟でやったような旅ラン的なものも楽しみたいところですが、つくばまではおとなしく休日も釧路に引きこもることにします。
釧路って、他の都市に行くには遠すぎるし、ある程度の都会なので、市内に引きこもって生活するにも困らないので、ついつい休日も近場で過ごしちゃうのですよね。
まあ、お金のかからない休日を過ごせるのはいいことです。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-11-05 21:58 | ランニング | Comments(0)  

つくばに向けて炎の32km走

なぜかよくわかりませんが、昔、熱さをあらわす形容詞として「炎の」ってのが、よく使われていませんでしたか?
ゲームセンターあらしの必殺技「炎のコマ」とか、島本和彦のマンガの「炎の転校生」とか。
あと、巨人の星で、星飛雄馬が意味もなく、よく目ん玉から炎を燃やしていましたよね。

そんなわけで、本日は文化の日でありましたが、私は昭和の体育会系のノリで、別海以来の「炎の」ロング走をダラダラとやっておりました。

a0156548_23054663.jpg

a0156548_23061163.jpg

運動公園の一周約3.3kmのランニングコースを約10周して、気合の32km走です。
ペースは久々のロング走だし、キロ5:20ぐらいでいいかと思いましたが、最初の1kmが5:01、次の1kmが4:46と、レースペース並みの速さで突っ込んでしまいましたので、まあ面倒だしこのままでいいかと、ガツンと炎の走りをしてしまいました。
気温も10度ぐらいになると、夏場に比べてかなり走りやすくなりますね。

a0156548_23100092.jpg

別海の感覚が残っているのか、ソロでも別海並みのペースで走ることができ、つくばに向けてよい練習になったと思います。
ラスト1kmは4:20まで上げる余裕もありましたので、どうか神様、つくばではキロ4:35~4:40ペースで走らせてください。

a0156548_23134242.jpg

平均ピッチが185と、ピッチ200ぐらいの私にとって、「おお、私もついにストライド走法に開眼したか」と大いに喜んだのですが、単にガーミン様が気まぐれをおこし、誤作動をしていただけでした。
ある地点では、「ピッチ119 ストライド1.81m」と、ありえない数字たたき出してました。

今回は初めてロングで、スカイセンサーグライドを使いましたが、普段使いのゲルフェザーグライドより、軽くて羽が生えるような感じがしてよいですね。
足裏のダメージも30kmぐらいなら大丈夫でしょう。
30km以降はどんなシューズ履こうが、あとは気合の世界です。

ただ、ひもの縛り方がキツすぎたのか、途中で左の甲が傷んだり、右足がシューズの中で固定されず、足先がシューズに当たる感じがあり、靴下に穴があいたり、まあいろいろありました。
この辺は、ひもの縛り方の強さを変えたり、ソックス変えたりしながら調整したいところです。

つくばに向けてスタミナ的なものは大丈夫だと思いますので、来週は20km、再来週は10kmで、今日よりも速いペースで走ってスピードを磨いて本番を迎えたいものです。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-11-03 23:46 | ランニング | Comments(0)  

2017別海パイロットマラソン記録証がやってきました

別海より、ゴールシーン写真つきの記録証がやってまいりました。

a0156548_22311227.jpg

1000人以上の完走者に対して、ひとりひとり写真を入れて、ラミネート加工までしてくださる手間には頭が下がります。
大会から一ヶ月が過ぎて、忘れたころにやってくるのもニクイですね。
「おお、これは来年も出なくては!」という気分になります。

この写真を見る限り、みやすのんき先生の「大転子ランニング」の肝である「足が着地する前に、反対側の膝が前に出る」という動きができているのではないかという気がしますが、いかんせん静止画ではなんとも言えないところです。
まあ、今になって考えてみると、ゴール前はへろへろになっていて、シザースもくそもなかったですが。

a0156548_22453645.jpg

ちなみに2年前のゴールシーンはこんな感じです(タイムは加工しています)。
この写真だと、着地した右足に対して、左の膝が前に出ないで後ろに流れていますね。
今年の写真との差は一目瞭然です。

a0156548_22571426.jpg

こうして5kmごとのラップを改めて見ていきますと、既に35kmから失速は始まっていたのですね。
35~40kmではあんまり抜かされた記憶なかったので、そこそこイーブンペースで走れていたのかなあと思っていたのですが、単なる錯覚だったようです。
前半は「上り向かい風」、後半は「下り追い風」というコースレイアウトから考えると、数字以上に後半の勢いは落ちていたのではないでしょうか。
この辺はつくばの課題としたいところです。

「他の大会ではラップタイムが印字された完走証が即日発行されるのに、なんで1ヶ月もかかるねん」という声もあるかもしれませんが、こうしたアナログ的な手間をかけて、ひとりひとりに郵送されるのがいいじゃないですか。
参加費5000円で、鮭一匹や乳製品がもらえて、ここまでやっていただけるのですから、大会関係者の皆様には感謝感謝です。

そんなわけで、別海は大会直後にだけではなく、大会一ヵ月後にもしみじみと感動を味わえるいい大会であるというお話でした。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-11-02 23:09 | ランニング | Comments(0)  

アシックス スカイセンサーグライド4を買いました

別海でサブ3.5を達成した自分へのお祝いに、ニューシューズを買ってあげてもいいんじゃないかなという気がしました。

ナイキのスピードライバル5は、名前通りキロ4分台のスピードでびゅんびゅん走るにはいいのですが、フルで使うにはちょっと衝撃が大きいかなあと。
とは言え、練習用のアシックス ゲルフェザーグライド4は、スピードライバルに比べて重たいし、イマイチ反発力が弱くてレースで使うには物足りない。
私の評価としては、ゲルフェザーの方が走りやすいが、スピードライバルの方が速く走れるというところです。

a0156548_20271879.jpg

上のアシックスのシューズチャートを見ると、ピッチ走法ではターサージールよりも、スカイセンサーグライドが向いているということなので、あまり深く考えずにAmazonでポチッと。
多分、持っているゲルフェザーグライドと同じサイズで大丈夫だろうと、試し履きもせずに勢いで買っちゃいました。

a0156548_20324653.jpg

アシックスのシューズは、ナイキやアディダスと比べると、デザインが残念です。
この不自然なツートンカラーはいかがなものかと。
まあ、しかし、デザインで走るわけではないので、これはこれでいいでしょう。
問題は実際に走ったときの感触です。

a0156548_20353217.jpg

日本のメーカーらしく「翔走」などと刺繍がありますが、メイドインベトナムです。

a0156548_20375124.jpg

ゲルフェザーグライド同様にフラットソールです。
ガンガンピッチを稼ぐ私のスタイルでは、このソールが切り札になるに違いない。

早速走ってみました。
雨が降っていたので、「湿原の風アリーナ」で室内ランです。
買ったばっかりのシューズを汚したくないので、むしろ室内デビュー望むところです。

最初履いた感触は、「ゲルフェザーグライドに比べるとちょっと固いかなあ。アディダスのmana7っぽい感じかなあ」。
数歩歩いた感触は、「ターサージールを試し履きしたときは、最初の一歩から弾むようなワクワクする感じがあったが、いたって普通かなあ」。

などと、足を入れたときは、そんなにいい感触はなかったのですが、まあ、つべこべ言わずに走るのだ。


これはいい!すごくいい!


正に、スピードライバルとゲルフェザーグライドの長所を合わせ持った、私にとってドンピシャのシューズです。
スピードライバルの軽さと反発力に、ゲルフェザーグライドの安定性が加わった感じです。
最初はキロ5:30ぐらいで走っていましたが、シューズの方から

Hey!ボーイ、このシューズの本気はこんなもんじゃないぜ!もっとスピード上げてみな!

と挑発されるような感じがあり、グングンとスピードが上がっていきます。
キロ5:00、キロ4:30とスピードを上げるにつれ、私の中のドーバミンがどばどば出てきて、走るエクスタシーを味わえました。

やるじゃないか、スカイセンサーグライド。
ターサージールに比べて、あんまりインプレ記事もないし、量販店でも売っていないので「どうなのよ?」と思うところもありましたが、ピッチ走法で、フルの後半の衝撃が辛く感じる方にとっては、ターサージールよりもこっちの方がいいのではないでしょうか?
実際に、これでフルを走ったわけではないので、ここで断言するわけにはいきませんが。

つくばの勝負シューズはこれで行きましょう!
来月の30km走で、長距離特性を試してみたいものです。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-10-22 21:07 | ランニング | Comments(0)