今年もモエレ沼が熱い!

出張から帰ってきたら、一枚の葉書が届いていた。
a0156548_13224872.jpg

ふふ、ふふふ。
実はこのときをずっと待っていたのである。

今年もママチャリレースの季節がやってくるのだ!

心当たりのあるママチャリダー達よ、今年もモエレ沼で集おう!(業務連絡)

なお、ママチャリ耐久リレー大会とは・・・
          ↓
http://www.mmcyari.com/
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-21 13:28 | 日記 | Comments(2)  

思いっきり早寝してしまい毎日更新が途切れた話

2010年の私のひとつの目標として、
このブログの毎日更新ということを密かにかかげていた。

密かにかかげていたのであるが、
せたな生活2日目にして、宿舎のソファーで19時ごろうたた寝していたら、
そのまま朝まで返らぬ人となってしまった。

毎日更新が途切れてしまい、非常に遺憾なのであるが、
私の特徴としては、一旦緊張の糸が切れてしまうと、
ここから一気にバタバタと崩れ、ほとんど更新しないという事態になるということである。

なんとか、また今日から一歩一歩積み重ねていこうと
朝っぱらから自分に渇を入れたところで、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-20 07:26 | 日記 | Comments(3)  

いきなり出張に行かなければならなくなった話

朝、職場に行ってみたら
いきなり、せたな出張を命令された。
これからJRとタクシーで旅立つのである。

世の中いつ何が起こるかわからないということで、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-18 09:20 | 日記 | Comments(2)  

ワセダ三畳青春記

すでにローラー台のことはすっかりどうでもよくなっているのであるが、
どういうわけか引越し願望だけは残っているのである。

そんでもってどうせ引っ越すのであれば、思い切ってこんなところもいいなあと
高野秀行の「ワセダ三畳青春記」を読み返すのである。

本のタイトル通り、高野氏が22歳から33歳にかけて住んでいた
三畳間のアパート(後半は四畳半の部屋に引っ越したが)の中での物語。

世の中の常識とはかけ離れた生活が他人の目からすると面白い。
アパートの中のテレビの普及率は43%であったり、
大穴があいている靴に、新聞広告を貼り付けて使っている住人がいたり、
共同台所で料理をしていたら、勝手に住人にゴマを入れられたり、
天然ボケの入ったチャーミングなおばちゃん管理人がいたりで、非常に面白い。

こういう生活を見ていると、
やれ、鉄筋コンクリートがどうだとか、オートロックがどうだとか、
風呂とトイレは別じゃなきゃいやだとか、駅から3分とかそんなことはどうでもよくなってくる。

問題はどこで暮らすかということよりも、どのように楽しく過ごすかということではないか。
高級マンションで孤独に暮らすよりも、
三畳一間一万二千円の部屋で、本が書けるぐらいの濃密な生活を送る方が幸せなのかもしれない。

しかし、その幸せというのは、
あくまで私が第三者として眺めているからそう感じているだけであって、
実際問題として、人の電話に勝手に出る住人がいたり、
下の住人の作るクサイ飯に悩まされたり、寝返りをうつだけで隣人から苦情が来たり、
共同台所からうじ虫が大量にわいてきたり(これについては別の本にエピソードが載っている)
とてもまともな人間の住むような環境ではないような気がする。

冷静に考えると、こんな部屋に自分が住むのはやっぱりイヤだよなあ、住むなら高級マンションだよな
と、常識的な結論に達したところで、今回の日記を終わる。


[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-17 20:06 | 読書 | Comments(0)  

体を鍛えた

私の職場の近くに、西健康づくりセンターというものがある。
a0156548_2235045.jpg

写真がブレブレであるが、まあそんなことは気にしないで先に話を進めると、
ここでは一回390円で、お気軽にトレーニングができるという施設である。

こういうところでエアロバイクにまたがると、ローラー台の必要性がまったく感じなく、
購入してまだ一ヶ月にも関わらず、早くも我が家のいらないもの筆頭候補として挙がっている。
一時期、コイツだけのために引越しを考えていたのがウソのようである。

ついでにランニングマシンで軽~く5km走ってみることにした。
5kmぐらいちょろいだろうと思ったが、500mぐらいで早くも足取りが重くなり、
750mぐらいで設定時速を9kmから8kmに落とし、
1km走ったところで、意識が朦朧とし、このままだと命にかかわると思い、
走るのはあきらめ、散歩モードに切り替えた。
恐るべしは体力の低下である。
ホノルルマラソンへの道は果てしなく遠い。別に目指してないけど。

ここは北区体育館よりも通いやすいし、設備も立派である。
しかもスポーツ新聞もタダで読めて、お得である。
これなら継続してガンガン通えるのではないだろうかと希望的観測を持つのだが、
今までの数多くの三日坊主の経験上、あまり期待はしないで、
気の向いたときに使うことにしようと決めたところで、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-16 22:49 | 日記 | Comments(0)