メッセンジャーバッグを買った

本を売ったお金を使って、日曜日に買い損ねたメッセンジャーバッグを買った。
(定価12600円のところ7560円で、更にメンバー割引で7128円也)
a0156548_20401943.jpg

これまではユニクロで買ったメッセンジャーバッグもどきというか
ショルダーバッグを使っていたわけだが、
自転車で走っているうちに、肩ひもがずれていって、
カバン本体が背中からお腹の方に移動してしまい、
そのつど「よっこいしょ」とカバンを元に戻すのだが、
再びカバン本体が背中からお腹の方に移動してしまい
(以下前2行無限ループ)
とにかく面倒くさかった。
a0156548_20443347.jpg

新しいメッセンジャーバッグは、カバンを固定するためのベルトがついていて
(写真の矢印部分)
これなら、自転車に乗っていてもカバンがずれることがなく快適に走れそうだ。

話は変わって、ブロンプトンにリアキャリアをつけたいと店員に相談したわけだが、
キャリアだけではなく、ドロヨケごと取り替えなければならなく、非常に面倒くさそうだ。
「独自規格が多くて、一般のものが使えない」
ということらしく、値段もべらぼうに高い。
たかだかリアキャリアごときに、万単位の金は使いたくない。
ああ、最初からM3Rを買っておけばよかったかな。

どうにか安くリアキャリアをつけられないものかと思案しつつ、今回の日記を終わる。


▲TIMBUK2のメッセンジャーバッグ


▲ブロンプトンリアキャリア


▲ブロンプトンキャリアにつけるコロコロ
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-11 21:00 | 自転車 | Comments(2)  

本を売りまくる

最近あまりにも部屋が汚い。

今の部屋に引越ししてきたときは、あまりにがらんとしていたのに
これは一体どういう超常現象なのだろうか。

床をよーく見ると、無数の本が散乱していることに気づいた。
普段暮らしているときはまるで私の視野に入っていなかったわけだが、
これらの本はいったいどこから舞い降りてきたのであろうか?
私の家にはどこかに秘密の抜け穴があって、
私の意思とは関係なく、そこからボコボコ余分なものが湧き出ているのかもしれない。

とにもかくにも、一度目につくと目障りで仕方がないので、
彼らをブックオフに送って、第二の人生を歩んでもらうことにした。

私の中で
「一年使わないものは一生使わない」
という原則があるので、それにしたがって、
1年以上読んでいない本や今後1年で読み返さないだろう本を
大胆にリストラすることにした。
(そう思いながら買いなおす本が結構あったりする)
a0156548_23245382.jpg

ついでに、本以外のものも
プリンタやテレビなど私の中で使用頻度の低いものは大胆にリストラしようと思う。
(私は一週間に30分程度しかテレビを見ないので、テレビはなくてもいいんです)
ローラー台もたったの三回しか使っていないが、
リストラ対象にしてもいいのではないだろうかとか思ったりする。

そんなこんなでいらないものリストを作っているうちに
自分が人員削減をしている社長になったような気がした。
大物感が漂う存在になったものよとしみじみと感慨にふけるのであった。
気に入らない社員をクビにすることはきっと気持ちがいいんだろうなあと
社長の気持ちがほんの少しわかったような気がした。

私もボスに「お前いらねえよ」と捨てられないことを祈りつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-10 23:35 | 日記 | Comments(0)  

超三流主義

コーチャンフォー新川店で購入。

「年収200万円で600万円の暮らしを実現する方法」
というキャッチフレーズに引かれた。

本の最初の方は、単なる節約のススメ。

「家電は日曜の19時以降に買え」
確かにこの時間帯は売れ残りをさばくゴールデンタイムであり、これは納得。

「家は買うな賃貸にしろ」
生理的にローンは受け付けないので、これも納得。

「パンツは夫婦で共有化しろ」
・・・・・・私は独身だからアレだが、これはどうよ?

まあおちゃらけた文体で、どこまでが本気で、どこまでが冗談なのかが
よくわからない節約指南が続く。

なんだ、偉そうな能書き垂れやがって、コイツはただのケチか。
と思いながら途中までは読んでいったが、
最後の方で「おお、コイツはすげえ」と感心してしまう。

それは

「節約したお金は他人のために使いましょう」

という下りの部分だ。

お金は人を喜ばせるために使うのである。
そうして良好な人間関係を作ることによって、新たな仕事が生まれ
新たなお金を生むのであるというのが著者の主張だ。
まさに、「情けは人のためならず」

そういえば、豊臣秀吉も足軽のときはめちゃくちゃケチだったというではないか。
それでもいざと言うときには、蓄えてきたものを惜しみなく人に与えて、
味方をたくさん作って、天下をとったではないか。

円滑な人間関係が豊かさを生むのである。
その人間関係によって、結局はお金を生まなかったとしても、
それはそれでいいのである。

だって、その人間関係の生む豊かさによって
「200万円で600万円分の幸せ」を得ることができるのだから。

語り口はめちゃくちゃ軽いが(文体は人によってものすごく好き嫌いが別れる)、
意外と深い本なのかもしれん。
買って5日目だが、最後の方の部分はすでに10回ぐらい読み返した。

斎藤一人氏や勝間和代氏の考えが
うまく我々のような大衆向けにちりばめられているような気がする。

毎日がファン感謝デーのような気持ちで、日々生きていきたいものだ。


[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-09 23:59 | 読書 | Comments(0)  

2010ワークショップ開始

a0156548_22382281.jpg

ゴスペルワークショップの開始に当たって、いろいろ何を書こうか考えたわけだが、
この感覚というか喜びというかそういうものをどのように言葉で伝えればよいかわからない。

ゴスペルや ああゴスペルや ゴスペルや

きっと松尾芭蕉だったら、こんなことを思うのだろう。

そういう言葉にはできないよさを大切にしていきたい

とわかったようなわからないような結論になったところで、今回の日記を終わる。

          
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-08 23:00 | ゴスペル | Comments(0)  

某アウトドアショップの自転車コーナーに行った

久々に秀岳荘の自転車コーナーに行った。

ああ、この小径車がこんな値段で売っていていいのか。
欲しい。欲しすぎる。
だって、あんたDAHONのアレがこんな値段で、
BD-1をアレしたやつがあんな値段で売ってるんでっせ。
もう、ヨダレが止まらない。

ダメだ。頼むから誰も買わないでくれ。
かと言って、俺が今すぐ買うわけでないのだが、
せめて、夏のボーナスが出るまでは、誰も買わないでくれ。
一生のお願いだ。

ついでにブロンプトンのロゴステッカーもあって、
500円なら買ってもいいかなと思ったが、
冷静に考えると使い道が思い浮かばないので、買うのはやめることにした。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグが安く売っていたので買おうと思ったが、
5%割引になるあのバッグを忘れてしまった・・・・・・。
出かけるときは秀岳荘メンバーズバッグ(下の写真)を忘れずに
と自分への覚書として書いておくことにしよう。
a0156548_22234515.jpg

やっぱり自転車売り場は楽しいなということで、今回の日記を終わる。

  
▲TIMBUK2のメッセンジャーバッグ
[PR]

# by gossy54200 | 2010-02-07 22:34 | 自転車 | Comments(0)