ビリギャルに感化される

暇な土曜日。

これと言ってやることがないので、Amazonプライムビデオで「何か面白いのないかなあ」とテキトーに動画を探していたら、「ビリギャル」というものを発見した。
そう言えば、STVラジオの明石英一郎アナが「泣ける映画」とビリギャルのことを評していたなあ。

では、どんなものか見てみよう。

おお!

号泣までは行かんが、確かに泣ける映画だ。
有村架純は別にぃという感じだったが、吉田羊がなかなか泣かしてくれる存在であった。
つーか、受験技術は私が高校生だった25年前ぐらいから全然変わらんのね。
自分の実力以上の偏差値の高い大学に行きたかったら、受験科目の少ない大学をターゲットにして、出題傾向に沿った学習をする。
特に私立文系なら、まず英語を極めるってのは極めて正攻法の戦略であり、そういう意味では「奇をてらった」ものではなく、受験評論家の和田秀樹氏がずっと前から言ってることを、そのままバカ正直に実行したって感じだ。

偏差値50から早慶を突破する法―秀才を逆転する“傾斜配分勉強術” (カッパ・ホームス)

和田 秀樹/光文社

undefined


映画やドラマに影響されやすい私は、「よーし、おっさん脱サラして、個別指導学習塾開業して、有村架純みたいな生徒教えちゃうぞ!」などと浮かれていたが(すぐ影響されるので、なるべく映画やドラマは見ないようにしている)、一晩寝ると、そんな寝言のような決意は忘れた。

忘れたのであるが、ふと、私もビリギャルのように何かに挑戦したい欲がふつふつと沸きあがってきた。
これはいかん。
いけない傾向である。
こういうときの私は「恐竜の化石を丸ごと発見する」とか「鼻でスパゲッティを食べる」とか、できもしないことを宣言してどつぼにはまるパターンである。

忘れろ。
ビリギャルなんて、所詮、宝くじに当ったぐらいに運のいい人のまぐれの話だ。
もう、ワシもいい年したおっさんなんだ。
夢なんて持たずに、地味に現実の一日一日をやり過ごしていこうじゃないか。

と、冷めた方の私がささやいていたのであるが、熱い少年の心を持った方の私が、衝動的にブックオフに走り、360円でビリギャルの原作本を買ってしまった。

a0156548_20413668.jpg


一気に読んだ。
勉強法についての記述は特に目新しいものはなかったが、やはりビリギャル一家の物語は泣けるなあ。
不可能だと思えることに全力で挑戦する姿は無条件に美しい。

ここはやはり私も「絶対無理」と思えることをやり遂げるべきではないだろうか。
こういう経験は子供だけではなく、おっさんにとっても仕事より大事なものなのだ。

ビリギャルのさやかちゃんは、偏差値70の慶應義塾大学総合政策学部に合格した。
偏差値70というと「上位2.3%」の世界である。
私も上位2.3%の世界に果敢にも挑戦すべきではないか!

そこで、私の身近なところで慶応と同等の価値を持つものを探してみた。


1.フルマラソン3時間以内

フルマラソンを経験したものにとって、3時間以内、すなわち「サブスリー」は、一昔前の「ハワイ旅行」と同じぐらい夢のような目標であろう。
ちなみに全マラソン競技人口の中で、サブスリー達成者は3%足らずと言われており、これは十分に慶応と同等の難易度である。
私は小学校時代の運動神経はかなり悲惨であって、運動会の徒競走は6年間全てぶっちぎりのビリであった。
偏差値換算すると30どころか、マイナス30ぐらいのレベルであった。
「ビリボーイ」からの逆襲と言う意味では、これは映画化に値するぐらいの、全俺が感動する物語になるのではないか!
よし、決めた!
サブスリーを目指すのだ。
今日、たった今から目指すのだ!

2.TOEIC試験900点以上

ハワイに行ってから、すっかり英語に取り付かれている私としては、目に見える形で学習成果を証明したい。
英語のTOEIC試験で900点は、偏差値換算すると70ぐらいということで、これまた慶応合格に値する偉業なのではないだろうか。
ちなみに慶応の総合政策のTOEIC平均は750であるそうだ。
私もここで慶応ボーイを超える伝説のおっさんとなろうではないか!


ちなみに私の現時点での実力は

フルマラソンベスト 3時間41分16秒(2016北海道マラソン)
TOEICベスト 700点(2015年11月)

である。


ここから、どこまで伸ばすことができるのか?
44歳からの挑戦が始まるのであった。

ここまで宣言したら、もう引っ込みがつかない。

思えば、2011年の元旦。
「北海道マラソンを完走する!」ときまぐれにブログで宣言し、店主Aさんにすっかり本気にされて引っ込みがつかなくなり、そっから8ヶ月で北海道マラソンを完走した実績があったではないか!

北海道マラソン完走に比べたら、今回の目標はあまりに大風呂敷を広げすぎているのではないかという話もある。
しかし、目標に向かって努力する過程が大事なのである。

今日からこのブログは「熱血スポーツ&勉強ブログ」として生まれ変わるのである!

今後の展開に乞うご期待。

結局、勢いで「鼻でスパゲッティを食べる」レベルのことを言ってしまった…。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-02-17 21:32 | 読書 | Comments(0)  

ランニング足袋「MUTEKI」を試してみる

先日「ゼロベースランニング」について書いていきましたが、この本の著者である高岡尚司さんと、足袋メーカー「きねや足袋」が共同開発したランニングシューズがあります。

それが、世界初と言ってもいいであろう「ランニング足袋」である「MUTEKI」である。

[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-黒》

null

undefined


「無敵」というのは大胆なネーミングであるが、果たしてこの足袋を使うことによって、私は無敵になれるのか?
実際に買ってみて試してみることにしました。
a0156548_21023400.jpg

これはシューズじゃなくて「足袋」ですね。
想像以上にペラッペラな外観です。
こんな靴下に毛が生えたようなもので、まともに走ることはできるのか。

a0156548_21042852.jpg

靴裏はこんな感じ。
本格的なランニングシューズに比べると、クッション性は皆無で、ペラッペラのゴムである。
本当にこんなショボ…、いや簡素な作りのシューズが「無敵」なのか?

実際に履いてみます。
うげげ、何じゃこりゃキツいぞ、キツ過ぎる。
爪先には余裕があるのだけど、厚みというか、高さがないので足の甲がなかなかシューズに入っていかないのである。
本当に「無敵」なのか?これ?

どうにかこうにか履くことができました。

a0156548_21101086.jpg

見ての通り、親指と人差し指のところが割れているので、ソックスを履くときは5本指ソックスじゃないとダメですね。
本当は裸足の状態で履くことを推奨されているようですが、親指と人差し指の間が擦れて痛いんじゃないかって気がしたので、まずはソックスを履いて様子を見ます。

横から見たらこんな感じ。

a0156548_21130820.jpg


まあ、とにかく軽いですね。
しかし、ちょっと歩いただけで、足の裏にじかにじーんとダメージが来るような感じで、ホントにこんなので走れるのかなと。

とは言え、走ってみないことには始まらないわけで、釧路の誇る巨大体育館「湿原の風アリーナ」のランニングコースで「MUTEKI」の威力を試してみました。

《最初の2km》

ドタドタする感じで、シューズからの反発力は全くなく、「なんてひどいシューズなんだ!無敵どころが、ちょっと小太りのおばはんにも負けているレベルじゃないか!足の裏も猛烈に痛いし最悪だ!」
キロ6分を超えるペースでしか走れず、こんなんで走ったら辛いだけで、すぐ怪我するなあぐらいにしか思わんかった。
まあ、いかに普段シューズの力でラクに走れているのかと痛感しましたね。
シューズの反発力は偉大です。

《5kmぐらいから》

苦痛に顔をゆがめながら走っていましたが、5kmぐらいから痛さが麻痺してきたのか、そこそこ走れるようになってきましたね。
「かかと着地」と「拇指球で蹴る」ということをしないで、「足裏全体を使う」ことを心がければ、そんなに痛くないかなあと。

《8km過ぎから》

ようやくこのシューズのよさがわかってきた!
ポイントは

足のアーチを最大限に利用すること

である。

この感覚を言語化するのは難しいのだが、着地するときに「足のアーチのふくらみを感じる」ことが肝なのである。
すると「ポーン、ポーン」と足裏全体でバネを感じるように走ることができ、ストライドも広く取れて、キロ5分ペースで軽やかに走れるようになりました。
「無敵」までは行かないが、普通のシューズと遜色のない走りができるんじゃないか!
見直したぞ「MUTEKI」!

みやすのんき先生の本や、ゼロベースランニングで書かれていた足のアーチの「トラス機構」「ウインドラス機構」の偉大さがおぼろげながらわかってきたのであった。
本を読んだときは、正直何のことかさっぱりイメージがつかめなかったんだがな。
偉大だ!偉大すぎるぞ、ヒトの足が本来備えもったウインドラス機構よ!

※ ここで間違ったことは書きたくないし、本の引用をするのもめんどいので、「トラス機構」「ウインドラス機構」については、本を読むなり検索するなりして調べてください。あしからず。


んなわけで、最初はかなり苦痛でしたが、最後はシューズにも慣れてきて、なんとか10kmを走りきることができました。
足裏感覚を磨くには、これ以上の教材はないんじゃないでしょうか。
変な走り方をすると足裏が痛くてやってられんわけだから、いやでも痛くない走り方を身につけようとすることでしょう。

ただ、こいつを常用したいかと言えば「うーん」ですね。
体育館とかの室内を走るにはいいかもしれんが、これで細かい凹凸を拾う外は走りたくない。
あと、上にも書いたが、シューズの厚みがなく、足の甲の部分がキツい。
甲の部分だけではなく、指の部分もキツく感じ、9km過ぎた辺りから圧迫された親指の爪が痛くなってきた。
これで長距離走ったら、爪が持たんなあと。
もうワンサイズ大きいのにすれば解決するような気もするが、指先の部分は長さ的には少し余裕があるので、これはシューズそのものの構造的な問題なのかもしれない。


一回履いただけで評価をくだすのもなんなので、もうちょい使い込んでみて、どのように走りに変化が見られるのか、故障はしないのかということを検討していきたいと思います。
まあ、値段も5000円ちょっとと高いものではないので、ベアフットランニングに興味を持っている方は、一度どんなもんか試してみるのもいいんじゃないでしょうか?

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-02-07 21:52 | ランニング | Comments(2)  

DORAEMONで英語学習

ハワイに行ってから、私の英語学習意欲が俺史上最大に高まっている。
いくら日本人だらけのハワイとは言え、やはり実際に英語が使われている土地に身を置くと、「ああ、もっと英語わかれば、もっと楽しいのになあ」としみじみ思うのであった。

ホテルでテレビ見ても何言ってるかわからんしのう(一応、日本語の放送はあったが、なんかそれを見たら負けのような気がした)。
街中で人間観察と言うか、人の話を盗み聞きするのが好きな悪趣味な私にとって、盗み聞きの内容が全くわからないのは非常に苦痛で、街歩きの楽しさも1/4程度であった。

実際に海外に行って思ったことは、難しい英語を使うことよりも

いかに簡単な英語で、多彩な表現ができるか

ということが大事なんじゃないかと思った。

そのためには、一回日本語にして、それを英語に直すなんてまどろっこしいことはやってられない。
「ええと、ここで関係代名詞を使って」「ここは仮定法を使うべきか?」なんて考えているうちに、会話はどんどん進んでいくのである。
とりあえず、文法はめちゃくちゃでもいいので、知っている言葉を瞬間的にどんどん言っていかなければならない。


そんなわけで、簡単な英語を大量に読んで、それが瞬間的に口に出るようなレベルまでにしていきたい。
英会話はスピードが勝負なのである。
ぐずぐず考えていては負けだ。

そのための教材として、私が選んだのが

「DORAEMON」

なのであった。


a0156548_21454672.jpg

なんでドラえもんを選んだかと言うと、私はドラえもんが大好きだからである。
小学校低学年のときは、全巻の目次を丸暗記していて、何巻の何ページにどんなエピソードがあるかということを瞬間的に答えることができた天才少年なのであった。
昔あったクイズ番組「カルトQ」で、ドラえもんがテーマの回があったら優勝できる自信があるぐらい、私はドラえもんにほれ込んでいたのであった。
今思えば、どうしてこの素晴らしい記憶力を、他のもっと実生活に役立つ方面に使わなかったのかとしみじみ思う。

実際読んでみる。
日本語訳もついているので、特に読み進めていく上で障害はない。
日本語を直訳した形の英語ではなく、多分、ネイティブチェックが入ってるんじゃないかなあ。
基本、会話形式になっているので、英会話の教材としてはもってこいのような気がする。

レベルは基本中学レベルだが、中には仮定法とか使ってる文もあって、高校生ぐらいの英語力があるにこしたことはない。
DUO3.0に「idiot(ばか)」とか「ridiculous(ばかげた)」とか「coward(弱虫)」なんて単語があって、こんなもんTOEICにも大学入試にも出ないだろうと思っていたが、英語版ドラえもんでは最重要単語なのであった。
さすが何をやってもダメなのび太くんのお話なのである。

音声があればもっといいかなあと思ったが、音声つきバージョンも売ってるのね。
音声はiTunesで改めて買わなきゃなんないけど。

SHOGAKUKAN ENGLISH COMICS オーディオ版 Draemon 1 (小学館イングリッシュ・コミックス)

藤子・F・不二雄/小学館

undefined


昔を思い出して、5巻まで一気に読んでしまった。
使っている英語自体はシンプルで、日本語を見れば「ああ、なるほどね」と納得できるが、じゃあこれを瞬間的に英語で言えよと言われたら「無理!」ってレベルですね。
昔取った杵柄で、全てを暗記しつくしたい気持ちもありますが、加齢によりかなり記憶力は衰えているので、まあ、だましだまし興味があるときにテキトーに読んでいきます。
名作「ジャイアンシチュー」がカットされてるのが残念だね。

もし私が子供のとき、英語版のドラえもんがあったら、わたしゃ今ごろバイリンガルだったのにね。
と、仮定法過去完了の直訳っぽく締めくくってみます。
誰かこの表現を英訳してください。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-02-06 22:17 | 英語学習 | Comments(0)  

ゼロベースランニング

ハワイで浮かれているうちに、世の中はすっかり2月になってしまい、時の移り変わりの速さを痛感する。
というか、ついこの前までクリスマスだ、正月だと浮かれていると思ったら、もう節分という事態になっていて、時代の変化にさっぱりついていけない。

そんなわけで、去年の10月に戯れで申し込んでみた「名古屋シティマラソン」まで、気がつけばあと1ヶ月となってしまい、このままうかうかしていたら、知らないうちに名古屋でショボショボ走っていそうな気がするので、ここはぐいっと気を引き締めて、2月を「ラン強化月間」とすべく、つるつるボコボコ路面の外ランや、湿原の風アリーナのランニングコースで汗を流す決意である。

ずばり、今月の目標は250km。
250と言うと、しばらく月100kmも走っていない身分としては、大層な距離のような気がするが、ロング走は控えて、10~15kmの距離をコツコツと週5~6ペースで走れば十分達成可能な距離である。
本気で今年中のサブ3.5を目指すのであれば、つべこべ言わずに、月250はノルマにしていきたいものである。

ちょっと買ってみたいなあと思っていたマラソン本が、今日よりkindle版で出たので、早速ダウンロードしてみました。

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!

高岡尚司/実業之日本社

undefined


まだ途中までしか読んでいないが、この本の趣旨を一言で言えば

脚ではなくて胴体で走れ!

ということ。

「胸をピーンと張って、上半身に引っ張られるようにして、大転子から脚を動かせ」なんてことが書かれている。

イメージで言うと

ど根性ガエルのぴょん吉が胸にいて、ぴょん吉がグイーンとヒロシを引っ張りながら進む

なんて感じでしょうか。
昔のマンガの例えで、若い人にはわからなくて申し訳ないが。

あと、他のマラソン本と違うところとしては

足は身体の真下ではなく、少し後方に着地する

ってところでしょうか。
この方が「重力」の力を利用できて、脚の負担が少ないらしいです。
詳しい理屈は実際に本を読んで確かめてください(と言うか、私も何を言ってるのかよくわからない)。


そんなわけで、今日、早速10km走ってみました。
胸にぴょん吉を飼っているイメージで、上半身が下半身を引っ張っていく感じで走ります。

確かにラクに走れるような気がしますね。
冬の外ランはキロ6分30秒~7分ぐらいのペースになるのですが、この走り方を意識して、キロ6分~6分20秒ぐらいにスピードアップしました。
上半身を利用した「蹴らない」走り方なので、足元が悪くても、そんなに気にならないような気がします。
単なるプラシーボ効果なのかもしれませんが。
(私はマラソン本を読んで影響されると、最初の2~3回ぐらいはすごくいいペースで走れる。しかし、慣れるとフォームが元に戻るのか、すぐに効果が切れてしまう不思議)

大転子(大腿骨の付け根の辺りにあるでっぱり)を利用する走りと言うことで、最近出たみやすのんき先生の新刊に通じるものがあるかもしれませんね。
これもkindle化したら買おうと思います。

「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー

みやすのんき/実業之日本社

undefined


とりあえず、私はやる気にものすごく左右される人間なので、やる気のあるうちにガンガン走って、名古屋のハーフは「100分切り」を目指していきたいと思います。
ハーフ100分でサブ3.5は見えてくるかなあと(ジャックダニエルのVDOT理論による。彼の理屈ではハーフ100分で走れれば、フルはサブ3.5走る能力はあると判断しています)。

これから加齢でいろんなことが衰えていくので、本格的にじーさんにならんうちに、伸ばせるうちはどんどん記録を伸ばしていきたいものです。
例え、それがただの「じこまん」であろうと。

色々、とりとめなく書いてきましたが、「ゼロベースランニング」は、特に故障がちな方にとっては一読の価値があるのではないでしょうか。
大事なことは、対症療法で故障箇所を治すことよりも、根本的に故障をしない走り方を身につけることだと思います。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-02-03 21:58 | ランニング | Comments(0)  

ハワイいろいろ

Aloha♪

ようやく夢の島気分が抜けて、今、俺は極寒の地にいるんだなあとしみじみ感じている今日この頃。
すっかりハワイのことなど、どうでもよくなりかけているが、行ったところ思ったことなどいろいろと。

《カイルア・ビーチ》

もうちょっと体調と天気のいいときに行けばよかったんだろうけど、太陽の見えないビーチは魅力も半減だし、何よりシーカヤックですっかり船酔いになり、風邪気味の体調と合わせ気持ち悪さマックスだった。
ワイキキとは違って、穴場的ビーチって感じでよかったんだけどね。
海には全く入らず、ほとんど砂浜で寝ていたもったいない記憶しかない。

a0156548_21325972.jpg

カヤックは速攻で引き上げ、ひたすら寝ていた。
もうカヤックには乗りたくない。
自転車乗りとしては、せめてペダルを漕いで動くスワンボートぐらいなら乗ってもいいのだが、残念ながらハワイにスワンボートなる代物はなく、日本は偉大だと思った。

《The Bus》

ハワイはあらゆるものの物価が高いが、バスだけは安い。
「The Bus」という路線バスは、どこまで乗っても2.5ドルという破格の安さである。
しかも乗り換えもOKという太っ腹ぶりだ。
是非、蛭子さんにはハワイで思う存分路線バスの旅をしてほしい。
鉄道のないハワイでは、路線バスは無敵なのである。

a0156548_21410176.jpg

バスのフロントには自転車用のキャリアがついていて、タイヤを外したりしなくても、そのまま搭載することができる。
しかも追加料金は一セントもかからない。
なんと自転車にやさしいのだろうか!

このバスのおかげかどうかは知らんが、ハワイでは小径車を見ることはほとんどなく、日本のママチャリっぽいビーチクルーザーのような自転車や、フルサイズのMTBやクロスバイクが多かったような気がする。
アメリカにも関わらず、Cannondaleの自転車は全く見ることがなく、GIANTやTREKが多かったような気がする。
GIANTショップも見かけたし、ハワイでもGIANTの力は絶大であった。
あと、ハワイは相撲取りクラスの巨漢な人が多く、自転車ショップでは、日本のママチャリの2倍ぐらいの幅がある、ありえないぐらいデカいサドルが売っていて、さすがアメリカだと感動した。

そういや、ジョギングしているときに、たまたま見かけた自転車屋でブロンプトン置いてたな。
ブロンプトンに乗っている人は、誰一人見かけなかったが。
バスの話をするつもりが、ついつい自転車の話になってしまったが、まあ、そういうことである。

《ドラッグストア》

ハワイのドラッグストアは日本のコンビニみたいな感じで、食料品からビーチサンダルまで売っているし、なにより早朝から開いているのがよい。
とりあえず、喉が痛くてしょーがなかったので、大胆果敢にもドラッグストアで「のど飴」を買うというミッションを果たすことにした。

a0156548_22040159.jpg

日本にいるときにDUO3.0で「喉=throat」という単語を覚えておいてよかった。
ちなみに「喉の痛み」は「sore throat」である。
受験英語は役に立たんとさんざん叩かれているが、「読む」という観点だけで見ると、意外と役に立つものだと思った。

無事にのど飴はゲットしたが、肝心の効き目はさっぱりだった。
「100年以上の歴史」とか偉そうなことが書かれているが、いったい100年もの間、このメーカーは何をやってきたのかと声を大にして言いたい。

《アメリカ人は字が汚い》

朝飯を食べた店での伝票である。

a0156548_22120285.jpg

合計金額は「26.44ドル」ということだが、「6」は「4」にしか見えないし、「4」に至ってはほとんど判読不能な文字である。
他にも「5」はアルファベットの「S」にしか見えないし、こいつらは本気で字を書く気があるのか?

ちなみにここで金額を払うとき、チップ込みの金額を払ったのだが、お釣りを返そうとしたので、「釣りはいらねえぜ」と英語で言おうと思ったが、「釣り」の英語がうろ覚えで、思わず「No charge.(料金はなしだ)」とわけのわからんことを言ってしまったが、「Thank you.」と応えていたので、多分言いたいことは通じていたのだろう。
ドヤ顔で自信満々で言葉を発すれば、多少間違った英語でも何とかなるのである。

ちなみに「お釣りはいらないよ」は、英語で「Keep the change.」であり、これもDUO3.0に載っていたのだが、失念してしまった。
まあ、「charge」と「change」ぐらいなら惜しい間違いと言えよう。
日本では私は絶対使うことのない表現であるが、チップ文化の海外旅行では、覚えておかなければいけない言葉である。

《出雲大社》

日本のテレビ番組で、ハワイの出雲大社が取り上げられていたようだが、実際に行くと、ものすごくショボ…、いやこじんまりとした建物であった。

a0156548_22242074.jpg
a0156548_22245178.jpg

レイがかかっているのがハワイらしいね。


後半の3日は体調不良でモーローとしてたけど、それがなければもっと楽しかっただろうなあ。
是非是非リベンジしてみたいものだ。
ハワイは、ホノルルマラソンとかホノルルセンチュリーライドとか、そういうスポーツイベントに乗っかったツアーで行くのもいいかもしれないが、なんかそれだと日本人だらけで海外旅行って気がしないので、今回のようにフリープランでぷらぷらさまようのがいいですね。

夢の島モードは、これでおしまいにして、また当分北の大地で冬眠生活に入ることにします。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2017-01-31 22:39 | 日記 | Comments(0)