霧の日本海

水曜日。

この前の日曜出勤の代休で、この日を2012年のロード走り初めにするぞ!
するったらするぞ!
誰が何と言おうとするもんね。
まあ、するんじゃないかな。
多分しようと思う。
なんて思っていたのだが、どうも天気予報が微妙で、雨が降るのかどうかはっきりしない。
個人的意見としては、降水確率50%ってゆーのは予想を放棄しているとしか思えんのだが。
「いやー、雨が降るかどうかはわたしゃ知りません。ごきげんよう、さようなら」
って言ってるような気がして無責任極まりない。
せめて40%か60%にしないかと。

そんなわけで、どうしようかなあと思いながら、前日床に着いたわけであったが、朝起きてみたら、空は今にも泣き出しそうな鉛色であったが、まあ雨は降ってないし、路面は乾いているし、これなら何とかなるだろうと。
ラジオの天気予報では、午後から一時雨みたいなことを言っていたので、午前中に片をつけられるようなコースにしよう。

久々にビンディングシューズを履いて、ああ、パッチンと。
よし、これから北に向かうのだ!

気温は5℃ぐらい。
ただ、無風だったので、寒さはそんなに感じない。
久しぶりのアルファルトを舐めるようなロードの走行感を味わいながら、国道231号線を北に向かいます。

石狩河口橋が近づいた辺りから、霧がすごくなってきましたね。
今思えば、この辺で引き返してもよかったのかもしれない。
a0156548_22482116.jpg

とりあえず、望来まで行っちゃいましょう。
旧厚田村領域に入ってから、霧であんまり前がよく見えなくなって、更にサングラスに水滴がつくようになりましたね。

望来坂上からの海が見えるビュースポットもご覧の通りで、海なんか見えやしねえ。
a0156548_230618.jpg

望来のセイコマでおやつ。
セイコマオリジナルのゼリー飲料は98円と安くてよい。
a0156548_2354748.jpg

地方のコンビニは個人商店っぽい「地元民と店員との距離の近さ」を感じられていいのだが、逆に言えば、それだけ自分が「ヨソモノ」なんだなあと思っちゃったりして、ちょっと居づらさを感じたりするのである。
まあ、都会の無機質なコンビニよりはいいと思うんだけどね。

望来からは当別→あいの里と経由して、そのまま帰宅。
というか、望来のセイコマから約50km休憩なしノンストップで走っていたのですね。
基本、ロードに乗ると「走ること」のみに集中し、他のものが目に入らなくなりますね。
まあ、霧は濃いし、霧雨はしとしと降っているしで、さっさと帰りたかったのもあるのですが。

80km走って、Ave24.8km/h。
ホイールとタイヤ新調したのに、去年より遅くなっているのはどういうことだ?
恐るべしは、一冬を超えた後のエンジンの劣化なのである。
どうも自転車の乗り方を忘れているようなので、エンゾ先生の「ロードバイク解体新書」を読みながら、もう一度ロードバイクの乗り方を思い出そう。

気になるNewホイールとNewタイヤのインプレは後日ということで、今日はこれにて終了。
[PR]

by gossy54200 | 2012-04-18 23:22 | ロード | Comments(4)  

Commented by waltz_t at 2012-04-19 00:04
読んでいて、霧雨の中を自分が走ってるようなカタルシスを感じました。
なぜなんだろう・・・?
Commented by gossy54200 at 2012-04-19 21:27
望来から当別へ抜ける道。
通る車は一台も無い状態で、ひとり霧の中を走っていると、そのままあの世に案内されるんじゃないかと思い、たまらなくエクスタシーを感じたのでありました。
霧の濃いところの自転車も、また味があっていいものです。
Commented by kwhiro at 2012-04-22 18:57
GossyさんのGiosは去年の黄色のアナトミカのイメージが強すぎて、ホイールだけじゃなくってフレームまで変わったのかと思ってしまいそうです。こちらはエンジン劣化だけでなく、車重もアップしてしまいました(汗)。
Commented by gossy54200 at 2012-04-23 18:52
アナトミカはものすごくいいサドルだったんですが、やはり一ヶ所でしか座れないのは坂を登ったりするときに支障がでるのですよね。
ジオスブルーの車体に黄色いサドルは結構気に入っていたのですが。

今度は定番のアリオネを試してみようかと思うのですが、黄色はないんですよね。
黄色でそれなりに前後にポジションをとれるサドルはないかしらと思っています。

私も車重はややアップ気味です。
これからガンガン落としていきたいものですね。

<< 北海道人は北海道の米を食え 春は夕暮れ、やうやう走りたくなる >>