おかずだんごと行く「小樽ポタリングツアー」(その1)

今回の走行にあたっての背景はコチラ→その0

2012年4月29日(日)

この日も札幌は最高気温が21.8℃と、昨日に続く初夏を思わせる陽気。
ただ、天気予報は、午後から雨予報で降水確率は50%。
う~む、微妙な数字。
そう言えば、FCC関係者とのライドは雨降りが多かったような気が・・・。
あえて誰とは言わないが、特にお○ず○粉さんと××Sさんがいるときは100%に近い確率で雨だったような・・・。
とは言え、雨が降ろうがヤリが降ろうが行くしかないわけなのだがね。

AM10:00、待ち合わせ場所の某コンビニに到着。

あれ~、PPSさんが時間通りに来ている!

今後の空模様が大いに不安になった瞬間であった。
理由はあえてここでは書かない。
(どうしても理由を知りたいという方はこちらをご参照ください)

んじゃあ、みなさん揃ったところで、そろそろと行きましょう。
追い風を背に受けて、平坦な道を、手稲前田方面へと快調に進んでいきます。

まずは前田森林公園で小休止。
a0156548_20353044.jpg

でもって、国道337号線を通って、銭函へと向かいます。
ここまではいい感じ(・∀・)。

銭函駅。
a0156548_20391755.jpg

銭函駅でダラダラと喋りながら休憩していると、おかず汁粉さんからスイーツの差し入れが。
ごちそうさまでした。
a0156548_20404272.jpg

札幌から小樽までは、すんなりとずっと平らな道が続くというわけではなくて、銭函から張碓にかけてちょっとした上りになります。
そこでBD-1のYZさんが

銭函から朝里まで輪行する

と、逃げの一手を打ってきたわけですが、そこは折りたたみ自転車だからと言って妥協を許さないFCCメンバーのことである。

満場一致で

ダメです!

との厳しいお言葉に、YZさんを試練の道へと引きずり込むのであった。

で、銭函駅から国道5号線に向かいます。

これがしんどいのよ(||´Д`)o
a0156548_2046247.jpg

斜度にして7%ぐらいでしょうか。
a0156548_20561338.jpg

先頭を走るタクランケさんに全くついて行けません。
うーむ、おかしい、今日は輪行を絡めたお気楽サイクリングのはずなのに、何で汗水たらしてこんな苦労をしなくてはいけないのか。
まあ、それでも距離は1kmぐらいなので、こんなものはちょっとした運動だ。
ハアハア、ゼイゼイ。
全くこんな坂は大したことがないったら、大したこと・・・ふーっ、ゼイゼイ・・・な・・・い・・・・・・の・・・・・・・・・で・・・・・・・・・・・・(バタン)。

ちょっと意識を失ったようであるが、こんな坂は私にとっては朝メシ前であって、あーあ、腹減った。
そう言えば、もう12時ぐらいなのであった。

そんでもって、やっと激坂が終わったと思ったら、今度は張碓の上り(通称「張碓峠」)。
a0156548_2152530.jpg

ここは距離はちょっと長いが、斜度的にはそんなにキツくなく、YZさんの足取りが少し心配であったが、大きく遅れることなく上りきります。
ちょっとした困難があってこその楽しいサイクリングであり、きっとYZさんも満足していることであろう(勝手な推測)。
この坂を上ることには210円(銭函-朝里間のJR運賃)の価値があるのだ!

ここまで来たら、ぐいーっと下り。
小樽の海も見えていい感じ。
a0156548_21115711.jpg

いい汗かいた後はスイーツタイム。
a0156548_21152023.jpg

有名店のようで、店の前は常に路駐車両がある状態で、プチ混雑していましたね。
一応、駐車場もあるようですが。

まあ、自転車には駐車場の問題など関係ないのさ。
a0156548_21181776.jpg

チョコソフトクリーム(220円)。
a0156548_21193613.jpg

メニューにある「N・Yジャンボ」ってどんくらいの大きさなんだろうか。
ニューヨークというぐらいだから、自由の女神級の大きさなのだろうか。
求む、人柱。

さて、デザートも食ったし、時間は14:00ぐらい。
心配された天候も、途中ポツポツ降ったぐらいで特に問題なかったですね。
あとはメシを食って、ちょこっと観光して帰るだけかなあと思ったところで、衝撃の提案が・・・

この後、地獄坂行っちゃう?

Hey、You!地獄坂行っちゃいなYO!
ということで、その2につづく。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-05-01 21:30 | ブロンプトン | Comments(4)  

Commented by おかず汁粉 at 2012-05-02 15:26 x
銭函でのシュークリームもミルクプラントでのソフトも、結局のところ「アメとムチ」のアメでしたね(テヘペロ♪)
Commented by gossy54200 at 2012-05-03 11:43
せめて「アメとムチ」の順番が逆だったら・・・。
Commented by pps at 2012-05-04 05:51 x
4回ほど噴出しました。ハハハ。
あの張碓の苦行は僅か210円の節約にしかならないのですね。笑
Commented by gossy54200 at 2012-05-04 16:59
いえいえ、210円はミルク・プラントのソフトクリーム(220円)の値段にやや近いので、それくらいのカロリー消費の価値はあるということですよ。

<< おかずだんごと行く「小樽激坂ツ... おかずだんごと行く「小樽ポタリ... >>