2年ぶりに道道38号線が全面開通したのでロードで走ってみた(その2)

その1

んなわけで、ついに本題である道道38号線に突入するわけですね。
風は相変わらずアゲンストですね。
辛いですね。
単独行だと風よけになるものがないので余計辛いですね。
でも、風とケンカしながら走るのも単独行の楽しさなのですね。
って、オレはマゾか?

グリーンランド遊園地を背景に一枚。
a0156548_20243839.jpg

地元なんだが、ここは一回しか行ったことがない。
基本、私はひとり遊びが好きなので、こういうところとは無縁の生活なのね。
一緒に行く人もいないし。

道道38号線は国鉄旧万字線沿いを進みます。

旧上志文駅。
近くにスキー場があって、私が小学生のとき何回か利用したことがある。
a0156548_20271923.jpg

当時は万字線もスキーシーズン限定でアホみたいに混んでいたのだけどなあ。
リフトもエラい待ち時間だったし。
今はスキーする人も少なくなって、冬でもここはひっそりしているのだろうなあ。

旧朝日駅。
a0156548_20313561.jpg

昔使われていたSLが保存されているのだが、未だ冬眠中。
a0156548_20323681.jpg

鉄道が通っていた頃は、ここにも人の営みがあったのだろうなあ。
a0156548_20342847.jpg

ボロボロの駅名標。
a0156548_20363254.jpg

あー、腹減った。
ここでチョコパンの残り2つを食う。
もしゃり、もしゃり。
ここまで約55km。

朝日駅での休憩も終わり、山の方へとずんずん進みます。
a0156548_20394771.jpg

昔、家族ドライブでこの道を通ったときは、もっとウネウネと狭い道が続いていたような気がしたのだけど、いつの間にかショートカットする新道ができていたのですね。
広くて走りやすくなったのはいいんだけど、何だか違うような気がするなあ。
狭くてウネウネしていたのが味があったのに。
特に紅葉の時期は、旧道の方が楽しめるんだけどね。

喫茶店は人生の途中のようであるが、私もサイクリングの途中で急ぐのだ。
a0156548_205018.jpg

さようなら、人生の途中。
また、前を通ることがあると思うが、多分入らない。

天気はギンギンの晴れで絶好調なのであるが、ここで私は日焼け止めを忘れたことに気づいた。
でも、こんなことまで来たら、もう日焼け止め売ってるようなコンビニないしなあ。
あー、失敗したなあ。

あー、日焼け止めチクショーなんて思っているうちに、美流渡(みると)の集落へ。
a0156548_20514316.jpg

あ、コンビニあるじゃん!
a0156548_20542721.jpg

よーし、峠越えに備えて、水と補給食の羊羹を買ってと。
うん、これで丁未峠も大丈夫だ。

さあ、走り出そう。
さらば、名もなき美流渡のコンビニ。

あ、それ、キコキコと・・・。

あー、日焼け止め買い忘れた!

紫外線攻撃をモロに受けながらも、万字は近づいてきています。
a0156548_210719.jpg

万字到達、ここで標高200mぐらい。
さすがに雪も残っているね。
a0156548_219247.jpg

万字には髪が伸びることで有名な「お菊人形」が安置されている「万念寺」があるのだが、今回の目的は峠を走ることなので、お菊人形は無視だ。
万字探検はブロンプトンで、ポタポタ楽しみたいと思う。

万字交通センターで、峠越え前の最後の休憩。
a0156548_21141751.jpg

手を上げて、横断歩道を渡りましょう。
松崎真でございます。
a0156548_21153344.jpg

手を真っ直ぐ上げているのはいいんだけど、目はあらぬ方向を見ていて、ちょっとコワいぞ、この人形。
ある意味「お菊人形」よりも恐ろしいかもしれん。
さすが万字の人形だ。油断できない。

のんびり水を飲みながら羊羹を食べていると

ウィィィ~~~ン

と、けたたましい大音量のサイレンが鳴った。
うわ、何事だ!地震か?空襲か?
なんて思いながら時計を見ると、ちょうど正午ということで、正午を示すサイレンなのだろう。
こんな小さい集落に、こんな大音量で鳴らさんくてもええやろう、サイレン。

いよいよ峠越え。
交通センターからの坂が一番辛い。
ここでフロントギアをインナーに落としましょう。
出だしが一番キツイのは手稲山と同じですね。

長く閉ざされていた万字の壁は崩壊し、私は夕張国へのパスポートを手に入れたのであった。
a0156548_21313412.jpg

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-05-04 21:36 | ロード | Comments(12)  

Commented by takatixyan at 2012-05-04 22:08
お~懐かしい。札幌にいた頃、バイク(オートバイ)で
ここが定番コースでした。丁未風致公園でぼ~としてました。
Commented by gossy54200 at 2012-05-04 22:23
バイク乗りもこの道の開通を待っていたようで、数台バイクも通っていましたね。
走っていて楽しい道ですよね。この道は。
Commented by おかず汁粉 at 2012-05-04 23:15 x
今日WLBに行ったら、マスター達も走っていたらしいですよ。
話聞いていたら私もお菊人形・・・じゃなくて峠を走ってみたくなりました。
万字の映画館(?)の建物って残ってるんだろうか・・・
Commented by gossy54200 at 2012-05-04 23:37
万字の小学校のあったところは更地になってましたね。
あと温泉の建物もなくなってました。
映画館として使っていた万字会館も取り壊されたとのことです。
http://www.sorachi.pref.hokkaido.jp/so-tssak/html/parts/07manjikanatochi.html
しばらく見ないうちに変わってしまいましたね。

それはそうと、各方面から評価の高いWLB、一度行ってみたいと思うのですが、特にこれと言った明確な目的がないので(パーツが欲しいとかそういうのがないので)なかなか行く機会がないのですよね。
Commented by amigo at 2012-05-05 00:26 x
お疲れ様でした~。なるほど、そちら方面でしたかw
札幌~夕張はいったことあったのですが、岩見沢~夕張は未知な道です。ぐるっと100km位ですかねぇ。今度行ってきます~ナイスな記事ありがとうございます!
Commented by gossy54200 at 2012-05-05 07:31
ええ、あえて誰も行かなそうなところに行くのが私流w
札幌→江別→岩見沢→夕張→栗山→由仁→長沼→南幌→北広島→札幌で160kmぐらいでしょうか。
私は平地の風の強い道が嫌いなものですから、今回は夕張で伝家の宝刀「輪行」技を使いましたが、1dayサイクリングには面白いコースだと思います。
Commented by siro_pug at 2012-05-06 15:08 x
道道38号線、楽しそうな道のりですね!
今シーズン中には一度行ってみたいものです。
夕張方面から行ったらいいのか万字方面から行ったらいいのか、
悩ましいところです。
Commented by gossy54200 at 2012-05-06 19:04
夕張側からアプローチした方が斜度はキツイようですね。
ただ、万字から岩見沢市街まで20kmぐらいありますので、峠越え後の補給スポットを考えると万字側の方がいいかもしれません。
Commented by k98br at 2012-05-06 22:07 x
私も万字側から夕張に行きました
かなりヘロヘロになっちゃいました・・
まだ雪があり夕張側へ下るとき、寒すぎ~
帰りは雨が・・

Commented by gossy54200 at 2012-05-07 23:03
おお、行かれましたか!
あそこは真夏でもひんやりしているので、下りのウインドブレーカーは必須なのですよね。
今年は夕張ロングライド100kmコースに丁未峠が復活するのでしょうか?
(去年は丁未峠を迂回するコースになったため、100kmコースと言いながら120kmぐらいになったそうです)
正直、だらだら平地が続く210kmコースよりも100kmコースの方が走り応えがありそうです。
Commented by k98br at 2012-05-07 23:32 x
実は私も廃墟好きです(^^ゞ
写真沢山撮ってきました
ブログで順に公開します

そうそうグランフォンド北海道in恵庭にエントリーしました
Commented by gossy54200 at 2012-05-08 00:51
写真が好きな方には万字~夕張はいいところですよね。
ノスタルジックな気分が味わえていいんですよね。

グランフォンド恵庭、参加されるのですね。
もうちょい知らない新鮮な道だったらいいかなあと思うのですが、大体わかる道ですのでイマイチ食指がわかないのですよね。
後半の平地はダレそうですし。
(と言いながらもエントリーするかも?仕事次第ですね)

<< GW後半 2年ぶりに道道38号線が全面開... >>