今週の自転車

水曜日。

なんだかTwitter上で白石サイクリングロードの写真をUPしている方がそこそこいらっしゃったので、急に白サイの桜を見なくてはと、仕事帰り、家とはまるで正反対方向の白石方面にブロンプトンを走らせる。

サイクリングロードに入ると、そこは桜天国だった。
a0156548_22562531.jpg

a0156548_2259389.jpg

a0156548_22592319.jpg

a0156548_22593748.jpg

サクラチル。
a0156548_2304434.jpg

やはり、白石サイクリングロードの桜は白石一美しい。

せっかく白石まで来たので、久々に秀岳荘白石店に行こうかなあと思ったら、水曜日は定休日だった罠。
店員Aさん、そのうち姉の空気入れを取りに行き、ついでに必要な工具やケミカル類を購入しようと思いますのでよろしくお願いします。


木曜日。

これまたTwitter上で「明日、早朝手稲山行っちゃおうかなあ」なんてつぶやいていたら、反応がちらほら返ってきたので、ひっこみがつかなくなったのね。
その気のないツイートは災いの元。


金曜日。

そんなわけで4時起床で気合を入れます。
4時半に家を出発。
手稲山タイムトライアルの基点「富丘3-7交差点」到達が5時ぐらい。

んじゃあ行きますか。
フロントのギアをインナーに落としてグイグイ進みます。
一番キツイであろう高速インター直後の坂を19T(ギア3枚余し)でやまめチックにグイグイ上る。
だいたい15~16km/hぐらい。
「お、今日俺絶好調やん!」

しかし、そこで早くも息切れ。
心臓ドキドキしまくりやねん。
心拍数200近くはあったんじゃないか?
今日、立ち読みした自転車雑誌に
「ヒルクライムでは心拍数を一気に上げるべからず」
などと書かれていたので、この時点ですでに私は負けていたわけですね。

序盤で一気に心拍数を上げ、脚を使い果たしたので、千尺スキー場の辺りからすでにガマン大会。
支笏湖や丁未峠では封印していた25T(最後のギア)が火を吹きまくります。
もう、すでに11km/hぐらいで走る力しか残ってなかったですね。
ある程度の距離の峠道はペース配分考えないとダメですね。

シートの前方にちょこんと座って、ハンドルを引き付けるような感じで持つと、足がくいくい回る瞬間があるんだが、それが長続きしないんだよなあ。
結局、大半はシートの後方に座り、スワンボートを漕ぐような感じで前方にペダルを押しつけるペダリングになってしまった。
これだとそんなに疲れないが、「回す」ペダリングにならないので効率はよろしくないんだろうなあ。
坂のペダリングについて、もっと勉強しなきゃなあ。

過去2回は39分台だったので、なんとか夢の38分台と思って、途中まではいい感じで進んでいたのですが、後半は大失速でしたね。
傾斜が緩くなっても25T使いまくりだったです。

最後のスプリント勝負で38分台だ!
と、意気込んでいたのですが、38分台が無理だとわかってからは、完全に流しモード。
目標がなくなると人間はモロい。

んで、5時40分ごろ、ロープウェイ山麓駅でゴール!
a0156548_23345112.jpg

タイムは39分44秒。
去年と大して変わりませんね。
ホイールとタイヤ替えたんだから、もっと進歩しないとね。

Twitterをチェックすると、「来るかも」と言っていたひとりが寝坊。
誰も来ないな。寒いし、しゃーない。このままひとりで下山しよう。

ボトルケージに入れていたウインドブレーカーを着て、坂道を豪快に下ります。

寒い、寒すぎる。

上りは秋冬用の厚手のサイクルジャージでめちゃくちゃ暑かったので、「あ、これ服装失敗だったな」と思ったが、いやいや、この下りの寒さを考えるとこれで十分だったわ。
早朝の冷たい空気が身にこたえるわ。

でもって、一番ひどかったのが指。
冬のMTBライドでもさんざん苦しめられてきた指の凍えだったが、これはヤバイ。
ヤバイなんてもんじゃない。
「指もげるよこれ。無理」と思いながら、ブレーキを握る手に力が入らず、危険この上ないダウンヒルだったのであった。
指きりグローブ+インナーじゃあキビしいな。
今度はしっかり指ありのグローブ+インナーで勝負しよう。

住宅街の辺りで、これから上りに向かう一台のロードバイクと遭遇。
「おはようございまーす」と挨拶したが、はて、どこかで見たことがあるような?
あっ、と思ったときはすでにギュイーンと坂を下りていたし。

後でチェックしたら、やっぱりTwitter上で交流のあるたこす君でしたね。
私が見た感じ、8割ぐらいの力で軽く上っているように見えるのだが、彼は25分切りでこの山を上るんだよなあ。
すげーよなあ。
どんな足しているんだろうか。

んで、テキトーに流しながら家に帰って6時30分。
なんだ、家から手稲山往復して、2時間ぐらいしかかからないのか。

今日は仕事が遅番なので挑戦してみた手稲山ヒルクライムであったが、これだったら普段の日でもやる気になればできるな。
一週間に一回ぐらいは早朝手稲山の日を作ることにしよう。
やっぱり速くなるためには、上りこんでコースを覚えて、どこで力を入れて、どこで力を抜いていいかということをつかまないとな。

そんなわけで、次回手稲山に向けての課題。

・とにかく最初で無理をしない(むしろ最初にいきなり25Tを使うのもありかも)。
・心拍計をつけて心拍数をチェックしながら走ろう。

次回は39分を切れるといいな。
でもって、35分を切れるようになったら、自分へのご褒美としてカーボンロードを買ってあげようかなあなんて密かに思っている。
その日はひょっとしたら永久に来ない方が幸せなのかもしれないが。


そんで、本日オホーツクサイクリング申し込みをいたしました。
所属団体は「FCC(不思議村サイクリングクラブ)」で申し込んでおります。
今年もブロンプトンで頑張りますよ!

そんなわけで、Twitter上で交流のあるオホーツク組のkaraさん、朧月さん、あおちゃんさんよろしくお願いしますということで、今週の自転車日記は終了。
[PR]

by gossy54200 | 2012-05-12 00:15 | 自転車 | Comments(6)  

Commented by おかず汁粉 at 2012-05-12 00:37 x
手稲山アタックお疲れ様でございました。
「高速の入口ってどこだよッ!全部キツイじゃない!」と半ばキレ気味で旧道を走っていた恥ずかしい女です。
そうですか・・・38分とか・・・私にしたらそのタイムだって「ごしさんの足にはジェット噴射口でもついてるのかしら?」と思うぐらいに速く感じるのですが、25分切りの方もいるとか・・・うぇえ。
でも一旦道を知ると、ついまた上りたくなってしまう中毒性のある場所ですよね、手稲山。
私も今度は高速側から行ってみます。
心拍数は急に上げないこと、ですね・・・メモメモ。
Commented by PPS at 2012-05-12 16:43 x
一週間、充実した自転車生活だったんですね。
39分44秒、私にとっても不思議な世界です。笑 今度、内緒でトライしてみます。
オホーツク申し込まれたのですね。FCCを代表して頑張ってください。私は行けそうにありません。
OTKさんは今日の段階でまだ未定のようですが、行きそうな雰囲気でした。
Commented by gossy54200 at 2012-05-13 12:20
>おかず汁粉さん

私も初めて上ったときは、正確なタイムは測っていませんが50分はかかっていたと思います。
当時に比べて重いギアで上がれるようにはなってきましたが、上には上がいるもので、更なる精進が必要ですね。
以前のように手稲山に行ったら「もうしばらくは上りたくない」ということはなくなってきましたので、今年はたくさん手稲山に上りたいと思います。
Commented by gossy54200 at 2012-05-13 12:24
>PPSさん

今年は去年よりハードに、オホーツクを楽しみたいと思います。
OTKさんも参加されるのは心強いですね。
大会だけにあきたらず、金曜と日曜ゴール後も走り続けるかも?
Commented by OTK at 2012-05-19 13:07 x
今年のオホーツクサイクリング、申し込みました。去年のブログに書かれていた、「真のオホーツクサイクリング」に近いのをやったろうかと、思っています。最低でも猿払~雄武間の未走行区間は埋めたいです。
Commented by gossy54200 at 2012-05-19 20:20
おお、小径車仲間が増えて心強いです!
「真のオホーツクサイクリング」のため、木曜深夜の夜行バスで稚内に行って、そのまま路線バスに乗り継いで宗谷岬。
そして、宗谷岬から雄武まで144kmライド。
なんてのを考えているのですが、いかがでしょうか?
(当日の天候次第では、すべてバスになるかもしれませんが)

<< せたならすく 2年ぶりに道道38号線が全面開... >>