ブロンプトンで行く道道740号線(その7 大成編 始点~富磯)

プロローグ その1
北檜山編 その2 その3 その4 その5
大成編 その6

道道740号線始点の宮野地区は、町でただ一件のコンビニなんかもあってそこそこ栄えていましたね(もちろん、そのコンビニは北海道が誇るコンビニ「セイコーマート」である)。
北檜山側始点のひっそりとした感じとは違い、ちょっとにぎやかな感じ。

ただ、宮野の集落を過ぎると、いい感じでひっそり感が出てきましたね。
a0156548_2223314.jpg

左手にだだんと海が広がるはずなのだが、最初のうちは柵が邪魔で海がよう見えんのよね。
やたら立派な道なんで、ここも「北海道南西沖地震」の後に造り直された道なのかもしれないね。

やっとちらりと海が見えてきました。
a0156548_2235229.jpg

左手に旧道が見えます。
a0156548_22153310.jpg

旧道は途中でぶっ壊れていた。これも昔の震災の影響か?
a0156548_22161728.jpg

ようやく海が見えてきたんだけど、この海がね、もう、すげーキレイなの。
何ですか、この透明感は!!
a0156548_22242090.jpg

北海道の海で、ここまでキレイな海は見たことがない。
確かに積丹の海もキレイだが、透明度という点では大成の勝ちだと思う。
大成の海は透き通っていて、何もかもがお見通しなのである。
大成の海で隠し事はできない。
ここの海にエロ本を捨てても、スケスケなのである。

あまりの海のキレイさに感激したのであったが、残念ながら道は海から離れていき、上り坂になっていった。
a0156548_22322628.jpg

一旦さようなら、日本海。
また10分後ぐらいに会おう。

坂を上ると、そこは大成の中心街であった。
学校とか、役場の支所とか、郵便局とか、商店とか、そういったものは全てこの辺にある。
a0156548_2237391.jpg

中心街なんだけど、人はほとんどいなかったですね。
一体大成の町民は日曜日、どこで何をしているのだろうかと。
むしろコンビニのある宮野地区の方がにぎやかだったかも。
こういった小さい町では、中心街よりも、コンビニの方が人が集まるんだろうなあ。
実際、個人商店よりも、コンビニの方が品揃えはいいだろうし。

北檜山側の道道740号線は、完全に市街地から外れたところにあったので、終始「辺境の地」という感じがする道だったんですが、大成側に関しては、さすがに市街地を通るので、そんなに「秘境」という感じはしませんでしたね。

市街地を過ぎても、まだ家が密集していました。
a0156548_2247483.jpg

とは言え、こっから道は一車線になり、いよいよ奥地へ進んでいくんだなあという気にさせられます。

ところが、すぐに道はデラックスな二車線の道になり、ありゃ?と思ったのだが、すぐに通行止めになっていて、更にありゃ?と思ったのであった。
a0156548_2250329.jpg

どうやら、一車線のうねうねした道をショートカットする新道の建設が着工されているようだが、こんな中途半端な道を作るぐらいなら、まずは未開通部分をきちんと通さんかいと。
二車線道路はほんの100mぐらいしかなかったのであった。

しょうがないので、再び一車線のうねうねした道に戻ります。
a0156548_22534859.jpg

軽いアップダウンがあって、ちょっと体力を消耗する感じ。
a0156548_2254493.jpg

740号線を示すヘキサゴン。
a0156548_22554039.jpg

上浦の集落を過ぎた辺りから、民家は見当たらなくなり、ダイナミックな日本海がよく見えるようになります。
a0156548_22582166.jpg

なんだか楽しくなってきたぜ。
a0156548_22595416.jpg

また、道は二車線になります。
a0156548_2305677.jpg

ああ、いいよ、これ!
オレはこういう道を走りたかったんだよ。
a0156548_2322974.jpg

オレはこういう海が見たかったんだよ。
a0156548_233485.jpg

くー、楽しい!楽しすぎるぞ!
a0156548_2353291.jpg

上浦から富磯の集落まで、日曜日のさわやかな日差しを浴びながら、このままどこまでも走っていたい気持ちのよいサイクリングが続いていたが、いよいよあと5kmで行き止まりの太田地区にたどり着くのであった。
a0156548_23105283.jpg

ああ、もうすぐ終わりなのか。
何だかもったいないなあ。
このまま、この海岸線を永遠に眺めていたい。
この海岸線がどこまでも永遠に続けばいいのに。
北檜山側に負けず劣らず、この大成側も道道740号線は神のようにすばらしい道なのであった。

もっとこの景色を楽しもうと、気持ちゆっくりペダルを漕ぎながら、残り約5kmの道道740号線探検は続く。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-05 23:13 | ブロンプトン | Comments(4)  

Commented by takatixyan at 2012-06-06 00:37
旧道を探すのも楽しそうですね。
こないだの、春志内トンネルを迂回する旧道ですが、
その脇には旧旧道がありました。橋の隣に更に古い橋がありました。
道は広くなり、直線的になっていきますね。
でもここが、開通してなかったのは知りませんでした。
瀬棚町付近はほとんど行った事ないんです。
Commented by はる at 2012-06-06 08:52 x
こんにちは(^-^)
なにこの海の透明感(゜ロ゜;
北海道の海も捨てたもんじゃないですね(^-^)
てか秘境巡りスゲーですo(^o^)o
支笏湖や小樽走るのも、俺には大冒険なのに…
感服いたしましたm(__)m
つづきを楽しみにしてます(^3^)/
Commented by gossy54200 at 2012-06-06 22:27
>スムースさん

なんと春志内トンネルの迂回路、旧旧道まであったのですか!
どちみち熊の危険性は大いにありそうですが…。

せたな近辺は私も仕事で関わらなければ、行くことがなかったですね。
20代のときは1回しか通過したことがないですし。
日本海側の国道229号線は旧道の宝庫で、旧道マニアにはたまらないところだと思いますよ。
Commented by gossy54200 at 2012-06-06 22:29
>はるさん

仕事でたまたませたな方面に行くことがあるので、こういうことを楽しんでいますが、仕事でもなければこの辺に行くことはないですね。
秘境めぐりと言っても自転車の走行距離的には大したことがないのですが…。
ただ、ここまでアクセスするだけで一仕事ですね。
(札幌~北檜山間は車で約4時間)

<< 道道740号線探検番外編 ブロンプトンで行く道道740号... >>