ブロンプトンで行く道道740号線(その9 大成編 太田地区よ永遠なれ)

プロローグ その1
北檜山編 その2 その3 その4 その5
大成編 その6 その7 その8

太田の漁港は水が止まっているかのように静かで美しかった。
a0156548_20125027.jpg

太田の岩は人を寄せ付けない厳しさがあった。
a0156548_2017424.jpg

左上部分を拡大。「太田」の文字がデザインされている。
a0156548_20194837.jpg

メインストリートの街灯も「太田」だった。
a0156548_2021465.jpg

太田の商店は「氷」と「永」の区別がつかないようだった。
a0156548_2023570.jpg

この場合は「アイス」という枕詞があるので、「ああ、氷なんだな」と判断できるので問題ない。
問題は、私の高校時代の国語教師が漢字を教える立場だったにも関わらず、平気で「氷」と「永」を書き間違えていたことである。
あのときのセンセー、まだ生きてるのかな。

それにしても静かだ。静か過ぎる。
私の耳がおかしくなってしまったのではないかと思うぐらい、ここでは何も聞こえない。
ひとりで、静かで、豊かで…。
誰にも邪魔されず、自由で、何というか救われたような時間が過ぎていく。
(※ 参考文献「孤独のグルメ」)

すべてを忘れて、ここでボーッとしていたい。
一日中、いや、一週間ぐらいボーッとしていたい。
さすがに一ヶ月はちょっと飽きるので勘弁願いたい。

へえ~、こんなところにも小学校なんてあるんだ。
a0156548_2032048.jpg

よせばいいのに、行ってみようと思ってしまう。

小学校までは激しい坂道を500mぐらい進まなければならない。
a0156548_2034948.jpg

ただの砂防ダムなのだが、ここ太田では、ナイアガラの滝のように迫力があるように感じる。
a0156548_20354960.jpg

行き止まりのところに、唐突に小学校は現れた。
a0156548_20374388.jpg

小学校は現在は閉校となっており、災害時の避難所として使われている。
a0156548_2042167.jpg

調べてみると、この学校が2001年と21世紀の始めまで存続していることに、大いに驚いた。
人口100人足らずのこの集落に、平成二桁の時代まで学校があったんだなあ。

かつてはここも、多くの子供たちの元気な声につつまれていたのだろうか。
a0156548_20505148.jpg

a0156548_20522483.jpg

当時の太田っ子は、どこに「翔け」ていったのだろうか。
a0156548_20561075.jpg

理由はないが、ここの小さい集落にも、人々の生活があって、ここの子供たちも夢を持ちながら、この学び舎で勉強していたことを忘れてはならないと思った。
絶対に忘れてはならないのだ。

さようなら、太田小学校。
学び舎よ永遠なれ。
せっかく静かに眠っているところを、私がたたき起こすようで申し訳なかった。
これからも高いところから、太田の人々の生活を見守っておくれ。

坂を下る途中からの海。
a0156548_214469.jpg

太田の海は青いなんてもんじゃなかった。
それはもう「碧」としか表現できないぐらい碧かった。

もう少しこの地にいたかった。
この安らかな空間に身を任せていたかった。
しかし、私には1時間半後に「卓上四人制中国語講座」という国際的イベントが待ち受けていたのであった。
そう、私は普段遊んでばっかりのように見えるかもしれないが、立直とか和了とか国士無双とか、中国語を自由自在に操る国際人なのであった。

さようなら太田。
a0156548_2112033.jpg

さようなら。
a0156548_21123249.jpg

さようなら。太田地区よ永遠なれ!
a0156548_2113053.jpg

こうして私は、太田の集落を結ぶ帆越山トンネルを再び通り、「うわ~、急がんと麻雀遅れるぅ」と思いながら、一心不乱にペダルを漕ぎ、道の駅に戻り、自転車を畳み車に積んで、ブォーンと北檜山まで車を走らせ、無事に中国サミットに間に合い、半荘10回ぐらいを満喫して、翌日はほとんど仕事にならなかったのであった。

(このシリーズ終わり)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-08 21:21 | ブロンプトン | Comments(4)  

Commented at 2012-06-09 16:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gossy54200 at 2012-06-09 17:47
メアド変更の連絡入れずに申し訳ありませんでした。

明日、初夏の美瑛を楽しみたいと思います。
暑くも寒くもなく、マラソンにはいい天気になりそうですね。
Commented by teddypapa at 2012-06-09 23:22 x
今自分じゃ行けないので、Gossyさん、kosoさんのブログ見て自転車一人旅してる気分にひたります。
Commented by gossy54200 at 2012-06-10 23:10
teddypapaさんが北海道に来たくなるような記事を目指して頑張りたいと思います。
じっくりご静養ください。

<< びえいヘルシーマラソン2012... ブロンプトンで行く道道740号... >>