俺チャレ2012~はるばる行くぜ函館(その4)

その1 その2 その3

苫小牧市内には入ったのであるが、ここから苫小牧市街までが長い。
とてつもなく長い。

この辺は今まで車でも何回も通っている道で、大体どこに何があるかわかっているつもりなのだが、いつまで走ってもコンビニが見当たらず、かつ、打ちつける雨と足元から跳ねてくる水滴にげんなりするものがあった。
眼鏡にも水滴がついて、前がよう見えんし。

なんだか、もうどうでもよくなってきた。
無理して天気の悪いこんな日にこんなことをしなくてもいいんじゃないか。
もっとコンディションのいい日にやろうぜ!

と、思いつつ、今後のスケジュールを考えていくと、当分このようなアホなチャレンジができるような時間の余裕がない。
(この手のチャレンジをするときは、いくら走行時間が24時間弱だとしても、疲労回復を考えて、少なくとも三連休は欲しいのである)
できれば日の長い今の時期に、こういったことはやっておきたいのである。

まあ、行けるところまで行くしかないでしょ。
身の危険を感じるほどの大雨や強風でもないわけだし。

苫小牧市内に入ってから、10kmぐらいのところでようやくコンビニ発見(セイコーマートウトナイ店)。
a0156548_0562817.jpg

ここで始めての休憩。
約70km休憩なしってのは、ちょっと休憩のタイミングが遅いですね。
ここまでの平均速度は21km/h程度とスローペース。
とにかく先がとてつもなく長いので、オーバーペースにならないようにゆっくり行きましょう。

スポーツドリンク、おにぎり、大福餅、羊羹2個を購入。
イートインスペースがあることがありがたい。
特にこのような雨の日のときは。
a0156548_0583439.jpg

おにぎりと大福餅を食べ、ボトルにスポーツドリンクを入れて、羊羹は非常食用にサイクルジャージの後ろポケットに。

このときTwitterで「苫小牧なう。雨でもう帰りたい(T_T)」とめちゃくちゃ弱気のツイート。

ただ、300km走ると宣言しといて100kmも行かないうちに帰るのはみっともないので、作戦としては、とりあえず室蘭まで行ってみて、雨が降り続けていたら、最終の特急すずらんで帰ろうという線で行こうと思った。
さすがにTwitterで私宛の多くの応援メッセージがある中で、いきなり棄権というのもかっこ悪い。
頑張れるところまでは頑張ろう。
(本当に応援メッセージは私の心の支えになりました。あれがなかったら苫小牧で速攻で帰ってましたね。ありがとうございました)

休憩が終わり出発。
ぶるる、寒い。
気温13℃ぐらいで、しかも雨に濡れているから、結構寒いのね。

とは言え、体を動かしているうちに寒さは気にならなくなってきた。
沼ノ端駅が近づいてきたところで、「帰るなら今だよ~ん」と私の中の悪魔がささやいていたが、まだ明るいうちに帰るわけにはいかない。
少なくとも、暗くなるまでは頑張ろう。

沼ノ端を過ぎた辺りから、西向きに進路を取り、風はちょっとフォローの風になった。
少しスピードアップして、速度は27~28km/hぐらいで。
ただ、雨は相変わらずじとじと。
6~7月の苫小牧って、こういう天気ばっかりで、気が滅入るんだよね。
a0156548_1105238.jpg

苫小牧市は非常に東西に長い町で、いくら漕いでも同じような街並みの景色が途切れません。
ずーっと原野ばっかりの景色も飽きるが、ずーっと住宅地や商店街っていう景色も飽きてくるな。

苫小牧の西側に行くにつれて、雨は霧雨程度になり、路面もちょっと乾いてきたかな。
ただ、上空はガスがかかっていますね。
a0156548_1154645.jpg

道内で霧の街と言えば釧路が有名ですが、何の何の、苫小牧も十分負けていませんよ。
この時期の北海道の太平洋側の天気は、ホントにうんざりさせられるものがありますね。

漕いでも漕いでも苫小牧の街並みは途切れず、私はこのまま永遠に苫小牧市内から脱出できないんじゃないか、苫小牧トラップ恐るべし、などと思っていたら、ようやく住宅地が途切れて、白老町突入。
a0156548_1535113.jpg

ここで時刻はPM5:15ぐらい。
写真をご覧いただければおわかりの通り、雨は降っていなく、路面もドライになりました。
よし!ここから真の楽しいサイクリングの始まりだ!
いいですね。逝っちゃいましょう!!

6/22、17:00の白老町の天候は曇り、気温は12.5℃、風は東向きに2.0m/sとフォローの風。

日本一の直線道路と言えば、国道12号線の美唄市光珠内~滝川市新町の間の29.2kmが有名であるが、この苫小牧から白老の直線も十分に長い。
平坦で追い風で道は真っ直ぐと、自転車にとっては快適な道のはずなんだけど、何キロも真っ直ぐ道が続くと飽きてきますね。
かと言って、ここで上り坂が欲しいとは思わないが。

左手に太平洋を見ながら走ります。
鉛色の海が荒れ狂う感じで、情緒も何もあったものではありません。

白老市街が近づいてきたところで、また雨が降ってきやがったよ。
ぐぬぬ、やっぱ帰りたくなってきたなあ。
a0156548_1395280.jpg

ローソン白老町石山店で休憩&補給。
ウィダーインゼリーとおにぎりを買ったような記憶がある。
ここのローソンもイートインがあって助かった。
時刻はPM6:00ぐらい。
ここでリアライトを点灯させ、フロントライトもキャットアイのものを1灯点灯させる。

距離はちょうど100km。
平均速度は約23km/hと、追い風もありスピードアップ。
雨がしんどいが、体力的にはそんなにやられていない。
気温が低いのが幸いしている。

これをあと2回繰り返せば300kmよ。
ガンバレ、俺。超ガンバレ。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-06-30 01:54 | ロード | Comments(4)  

Commented by pen at 2012-06-30 09:10 x
このキツさが後で幸せに変わるのですねw
 あ、ごしさん、うちのブログにリンク貼らせていただきましたが
不都合あれば教えてください。(easyさんに教わって一部
貼れるようになりました)
Commented by PPS at 2012-06-30 10:53 x
いや~、最悪の天候でしたよね。23(土)ママチャリの打ち上げ中も、おかずさんがツイッターで状況を確認して、皆に報告してくれましたので、心の底から応援しながら、腹の底にギネスを流し込んでました。あっぱれ!!
Commented by gossy54200 at 2012-07-01 00:49
>penさん

幸せに変わるにはまだまだ時間がかかりそうですw。
リンクの件了承しました。
こちらからもpenさんのリンク貼らせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
Commented by gossy54200 at 2012-07-01 00:50
>PPSさん

あえて一番天気の悪い日に計画を実行した私は苦行好き(笑)。
そうでしたか、打ち上げの酒の肴となったようで光栄です。
応援ありがとうございました。

<< 俺チャレ2012~はるばる行く... 俺チャレ2012~はるばる行く... >>