2012オホーツクサイクリング(その3)

その1 その2

a0156548_21211180.jpg

「もうおっさんは体力ないんで、下川からバスに乗るわよん」と、自転車を畳み、乗車モードに入ることにした。
待合室で、パンを食べたり飲み物を飲んだり。
バスの発車まであと20分ぐらい時間がある。

このバスターミナルは複合施設になっていて、建物の内部には鉄道コーナーもあったのですね。
昔の名寄本線の資料とかがあるんでしょう。
鉄道マニアとまでは行かないが、そこそこ鉄道好きの私としては、これはチェックしておくべきでしょう。

と、鉄道コーナーに足を踏み入れようとしたのだが

中はめっちゃ真っ暗であった。

おいおい、電気のひとつもついていないじゃないか。
ホントにこの鉄道コーナー、一般人に見せる気があるんかいな。

んで、奥の方に目をやると

案内人らしきおねえさんが、無表情でじーっと暗闇の中で座っている。

恐い、これは恐いぞ。
ここは鉄道コーナーという名前のお化け屋敷なのではないか。
このおねえさんと目が合ったら石にされるんじゃないか?
恐怖、下川バスターミナルのゴーゴン女。

いくら鉄道好きの私でも、これでは中に入ろうなどという気はサラサラおきない。
今までお役所仕事的なひどい展示物を数多く見てきたが、展示を見ようとする気すら起こさせないという意味では、下川のバスターミナルはNo.1である。
下手に「立ち入り禁止」って看板つけるより効果ありまっせ、これは。

「展示を見る人がほとんどいない → 建物の維持管理費だけがかかる → よーし、電気消して少しでも経費削減だ → ますます展示を見る人がいなくなる」

そんな負のスパイラルに陥った典型的な施設なんでしょうね。
補助金もらえるから建てるだけ建ててみたけど、活用の仕方がわからなくてどうしようか困っているという、地方の箱モノ行政の一端を垣間見る思いでしたね。

「ゴーゴン女」などと極めて失礼な表現を使ったが、おねえさんの立場になって考えると、誰も人の来ない暗闇の空間の中で、ボケーっと座って時間が過ぎるのを待つだけという仕事はめちゃくちゃ苦痛だろうなあ。
基本、働くことが嫌いで、きちんと給料さえ出れば窓際族もいいなあと思う私でも、ここまで来ると一種の罰ゲームなんじゃないかとすら思うのである。
そんな、下川バスターミナルで働くおねえさんに幸あれ!

PM1:10、名寄から来たバスに乗り込みます。
去年は輪行袋を持ったサイクリストで混んでいたバスも、今年はそうでもなかったですね。

一番前の座席に空間があったので、そこに自転車を置いて座ります。
a0156548_21565735.jpg

座り込んだ瞬間、どっと疲れが出て、バスの中ではひたすら寝てました。
うん、この体調じゃあ天北峠は無理無理。
このまま1mmも動きたくない心境でした。
こんなに具合悪かったのに、よく名寄から自走する気になったなあ。

一時間ぐらいで興部到着。
a0156548_2202028.jpg

運賃は1280円だったっけな?
名寄~興部の運賃が1730円だから、下川までの自走により、450円の節約になったのだな。

バスターミナルの裏では、翌日のオホーツクサイクリングの準備が進められていました。
ここが興部での休憩地点(おこっぺジョイパーク)になるのね。
a0156548_2235647.jpg

興部からは雄武行きのバスへと乗り換えになります。
オホサイ組の人がどんどん乗り込んでいきます。
体調が最悪だったもので、バスに乗る気満々だったんだけど、どういうわけか無性にソフトクリームが食いたくなったわけだな。

あまり全国的には知られていないかもしれないが、興部の牛乳ってすげーうまいんですよ。
牛乳が苦手な人でも「興部の牛乳なら飲める」って人がいるぐらい。
そんな牛乳で作られたソフトクリームなんだから、これはめちゃくちゃうまいに違いないだろうと。

んなわけで、買いました、ソフトクリーム(確か250円)。
a0156548_2215198.jpg

雄武行きのバスを目の前にしながら食べます。
はてさて、このバスは何分に出るのかな~。
あら、あと1分で出発なのね。
そうかそうか、早くソフトクリーム食べないとなあ。
ペロペロ、むしゃむしゃ。
うん、うまい!
正直、そこら辺で売っているソフトクリームと区別はつかないが、これはうまい。
やっぱ、興部のソフトはおいしいなあ。

ブロロロローン

あれ?

バ、バスが…、俺の乗る予定だったバスが…

発車してしまったよ!

あー、俺のアホ、こんなところでソフトクリームなんて悠長に食ってる場合じゃなかっただろう!

※ 14:15にバスは興部に到着し、14:20に雄武行きのバスが出発となるのね。そりゃあソフトクリームなんて食ってる場合ではなかったわ。


かくして私は、去年に引き続き、興部から雄武まで自走する羽目になったのであった。
バス出発時に、バスの中の輪行袋を持ったサイクリストが、のんきにソフトクリームを食っている私を見つめる冷ややかな視線が忘れられなかった。

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-07-14 22:36 | ブロンプトン | Comments(2)  

Commented by pen at 2012-07-15 00:15 x
おいしそうなソフトクリームですこと。 自走20km弱?
と比べるとええーと・・・食べる価値あり、とみた!
Commented by gossy54200 at 2012-07-15 11:51
ソフトクリームが250円。興部~雄武のバス賃が610円。
ソフトクリームと自走の喜び、プライスレス。

ということで、ここはやっぱりソフト+自走しかなかったのですよね。

<< 2012オホーツクサイクリング... 2012オホーツクサイクリング... >>