2012オホーツクサイクリング(その8)

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

さて、紋別の流氷公園で、さわやかな若者に話しかけられたのであった。

「あ、ブロンプトンですね。ボクもブロンプトンなんですよ!」

若者A君、グリーンの3段変速のブロンプトンで、今回のオホーツクサイクリングに初参加です。
話を聞くと、私と同じく秀岳荘白石店で購入されたとのこと。
店員Aさんのセールストークの犠牲者熱いトークによる新たなブロンプトンユーザーの誕生である。
旭川在住の若者A君、今年購入したばかりなのであるが、オホサイに参加する前も留萌に行ったりなど、かなり乗り込んでいる様子です。

そんな若者A君と談笑している間に、我々のブロンプトンを見て
「私もブロンプトン持っているけど、よくこんな自転車でオホーツクサイクリング出る気になるよなあ」
と話しかけてくる人がいた。

で、その話しかけてきた人の自転車を見てみると…。
a0156548_22251364.jpg

極太タイヤのパグスレーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いえいえ、ママチャリ級の重量約18kgのパグスレーでオホサイを走る方がしんどいんじゃないでしょうか?
というか、パグスレーの方、確か去年もお会いしましたよね?

しんどそうに見えるパグスレーですが、どんなものかと試乗した方の話によると
漕ぎ出しは確かに重いが、一度スピードに乗るとそうでもない
とのことで、意外とロングライドでパグスレーという選択肢もありかもしれません。
パンクの心配がほぼゼロに等しいというのはステキではありませんか。
(実際、今までパンクしたことなどないということです)
ああ、人が乗ってるの見ると欲しくなるぜ、パグスレー。
29erもいいけど、パグもいいなあ。

さて、流氷公園で若者A君、パグスレーの人との交流があったが、とりあえずお二方についての記述はここまでにして、ここでまた前日稚内から自走してきた「真のオホーツクサイクリスト」OTKさんの登場である。

「こっから一緒に走りませんか」

とのことで、先頭の指導員さんを抜いて自分より前のグループで走ることは禁止されているオホーツクサイクリングにおいて、自分より後ろのOTKさんのグループで走るのはありだろうと、こっからはOTKさんと走ることにします。

さて、コムケのキャンプ場に向けて、出発しましょう。

うげげ、速い!

あのー、OTKさん、ホントに前日稚内から180km走ったんですか?
前日の疲れなどみじんも感じさせないアグレッシブな走りです。

正直、私はついていくだけで精一杯。
何とかOTKさんについていこうと、遅い自転車に対して追い抜きをかけようとしたところで……。

ブブブブーとクラクションを鳴らされ、指導員カーから

「後方未確認の追い抜きはやめなさい!」

と厳重注意を受けてしまいました。
(´・ω・`)ショボーン
目立つカッコでやってしまったものだから、余計にカッコ悪いぜ。
「子供の見本になるような走行をしなければ」と思っていたのに。

今回のオホサイで最もテンションが低くなった瞬間だ。
すいません、すいません、すいませんと心の中で10回ぐらい謝りつつ、何とかOTKさんペースに食らいつきます。

(ここで誤解のないように書いておくと、OTKさんはきちんと後方の安全を確認した上で追い抜きをかけているのですよ。それに対して私は、「OTKさんがきちんと見ているからワシは見なくても大丈夫だ」などと勝手な判断をしてしまったわけですね。ただただ反省の一言で、別にOTKさんが無理な追い抜きをかけているということでは決してありません)

今年もコムケ湖の眺めが非常にきれいだったのですが、写真はショボイのう……。
走りながら撮っているということを差し引いてもショボイ。
a0156548_231421.jpg

昼メシ休憩はコムケ湖キャンプ場、木陰がたくさんあって涼しくてよかったです。
a0156548_2342494.jpg

キャンプ場の手前で落車した方がいて、救護隊がかけつけていたようだが、大丈夫だったんだろうか。
くれぐれも怪我には気をつけねばなあ。
大事にならなかったことを願います。

昼メシ。美瑛センチュリーライドに比べるとエサはこっちの方がいいね。
a0156548_2394344.jpg

さて、メシを食い終わった後、Twitterをチェックして、「オホーツクサイクリング」で検索をかけると…

いたではありませんか!ブロンでオホサイに参加しているという人が!


これは流氷公園で会った若者A君に違いないと、早速コメントを送って、フォローさせていただきました。
以下、若者A君を、Twitterのハンドルネーム「きゅーぴー」さんと表記することにします。
Twitterで広がるサイクリストの輪。
いやぁ~、Twitterってホンっトにいいものですねぇ。

メシを食ってエネルギーを補給して、体調は絶好調!!
…と言いたいところでしたが、風邪だったり、寝不足だったりで、明らかに朝より体調悪いっす。
のどが痛くて、頭が重いのよ。

これはやっぱりマイペース走行の方がいいかなあと、OTKさんに、「午後からはまた一人で走ります」と伝えます。
OTKさん、また初日のゴール地点である常呂でお会いしましょう。

リラックマは再びひとりぼっちとなり、午後の走行に移るのでありました。

ここまでの走行距離 67.4km

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-07-19 23:31 | ブロンプトン | Comments(12)  

Commented by pen at 2012-07-20 08:45 x
 きびしいんですね~ 知らなかった・・・ 
でも景色もいいし、空気もめしもうまそうですな!
あとは体調がよければ・・・
Commented by 店員A at 2012-07-20 09:30 x
可哀そうな犠牲者は、先日ご来店になり、オホーツクに備えて自走する、、と言って夕方店を後にしていった彼だろうなぁ。「暗くなりますよ、、」と話をしたところ、それに備えて450ルーメンの超絶明るいライトを一緒に買いに来たんです、、とさわやかに答えてくれました。

BRライダーはすごい人が多いなぁ(リラックマももちろん含みますよ)!
Commented by gossy54200 at 2012-07-20 23:28
>penさん

正直、走りだけを堪能される方々にとってオホサイは物足りないイベントと思われます。
ただ、走り以外で楽しめる要素が多いところがオホサイのよいところかもしれないですね。
あとは体調が万全ならもう少し楽しめたのかもしれないですがね…、こればっかりは仕方がありません。
Commented by gossy54200 at 2012-07-20 23:47
>店員Aさん

単身でブロンプトンでオホサイに乗り込んでくる度胸はなかなかのものと思います。
今後が楽しみですね。

話は関係ないですが、ライト「SUPER DRIVE」について、HL-EL540RCに比べ倍以上の価格ですが、やはり高いだけあってそれなりの効果はあるのでしょうか?
正直450ルーメンと言われても、今まで使っていたものとは次元が違いすぎてピンと来ないのですよね。
400ブルベ出走を考えていますので、ちょっと気になるところです。
Commented by OHTK at 2012-07-21 07:57 x
OTKから期間限定でOHTKに改名しています(笑)
ごしさんの前で無様な走りはできないと、ちょっと頑張りました。
オホーツクサイクリングでは、ほとんどの自動車が必要以上に大きく膨らんで避けてくれるのですが、自転車側でそれに甘えてはいけないですね。私ももっと大きく「後ろを見ているぞ」アピールすべきでした。
ちなみにライトは私もHL-EL540(充電器なし)を付けています。EL520では怖かった夜の豊平川CRも走れます。
Commented by 店員A at 2012-07-21 13:05 x
正直、「明るさ」に関しては数値化はできても「それで十分か否か」はその人が決める事ですので、いいとも悪いともいえないんですよねぇ。その上で、私が購入に至った、、、という事実をお考え頂ければ、そのインパクトがご理解いただけるかと思います。
私も、MTBによるトレイルナイトラン、に備えてこれを買いました(、、、が、まだ使っていない、、)。明るさに関しては恐れ入谷の鬼子母神です。
Commented by gossy54200 at 2012-07-21 19:27
>OTK改めOHTKさん

美瑛と違って交通量の多いところを、スピードがバラバラの自転車が走るので追い抜きのタイミングは難しいところがありますね。

それはさておき、HL-EL540、夜の豊平川を走れるのは魅力的ですね。
朝が弱い私としては、平日の自転車の時間を取るために、安全に夜走れるようにしたいのですよね。
参考になるご意見ありがとうございました。
Commented by gossy54200 at 2012-07-21 19:30
>店員Aさん

なるほどMTBのトレイルナイトランにも使えるレベルですか。
これは相当強力と言うか、一般道で使うには迷惑なレベルかもしれませんね。
これなら以前死ぬほど恐ろしい思いをした「支笏湖~苫小牧」のサイクリングロードも快適に走れるかも?
Commented by きゅーぴー at 2012-07-21 22:47 x
こんにちは!初めてコメントさせていただきます。
オホーツクサイクリングでご一緒させていただいた、きゅーぴーです。

店員Aさん、OTKさん、そしてリラックマGossyさん。
あの日、オホーツクサイクリングでは本当にお世話になりました。
皆さんのフォローがあって無事に完走することができ、感無量です。
ありがとうございました!
Commented by 店員A at 2012-07-22 12:42 x
超絶明るいライト、、に関して補足です。確かに明るいのですが、フルパワーでは90分ほどしかもたないんですねぇ。そういった観点からはブルべでの使用は、、、という感じです。ですが専用のバッテリーが別売りになってますので、それを2,3個持ち歩けがナイトランでも一晩中超絶明るい、、を経験できると思います。本体自体も小さいので、これは行けるかもしれません(結局どっちなの?)。

詳しくは店頭で、揉み手してお待ちしております。
Commented by gossy54200 at 2012-07-23 22:10
>きゅぴーさん

こちらこそ、新たなブロンプトン仲間を発見できとてもうれしかったです。
ご一緒していただきありがとうございました。

次は美瑛センチュリーライドでお会いできればいいですね。
(仕事の都合で私は1日目しか参加できなさそうですが)
Commented by gossy54200 at 2012-07-23 22:11
>店員Aさん

すなわち、百聞は一見にしかずということなのですね。
近いうちにお邪魔させていただきたいと思います。

<< 2012オホーツクサイクリング... 2012オホーツクサイクリング... >>