2012オホーツクサイクリング(その15)

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

長らく続いた「2012オホサイシリーズ」も、ようやく今回をもって最終回を迎えます。
もう一ヶ月前のことなんてどうでもええやなどとは思わずに、もう少しこの駄文にお付き合いくださんまし。

で、斜里に着いたわけですね。
OTKさん、きゅーぴーさんとメシを食っていると、めちゃくちゃキレイな人が私の目の前を歩いているではないか。

マリリンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

おお!カーリングの本橋麻里さんではありませんか!
今年も昨年同様、常呂のカーリングチームの方々が日帰りコースで参加されていたのですね。
OTKさん、きゅーぴーさんは見逃されたようで、私一人が得した感じ。
参加人数が減少傾向にあるオホサイも、もう少し有名人が参加するともっと盛り上がるのになあ。

初日同様、二日目の走行風景の写真が売っていたので購入。
ついでにマリリンが写ってるのも買おうかしらとも思ったが、冷静に考えると特に使い道もないのでやめといた。
a0156548_734207.jpg

うん、初日同様マヌケな走行風景ですばらしい。
ちなみに左端にちょこっと写っているのがきゅーぴーさんであります。

最後のサイクリストがゴールした後に、お楽しみ抽選会。
やはり、ここでも当たらず。
まあ、ここで下手に折りたたみ自転車が当たっても困るし、別に当たんなくてもいいや。

当初の予定では、斜里~網走を自走で行こうかなあと思ったが、「スーパーリラックマ」となってすっかり体力を消耗した私は、今年もおとなしく斜里からJR輪行で網走に行くことにした。

知床斜里駅。
今年もここは輪行天国であった。
a0156548_7424488.jpg

走行時はロードバイクに完敗であったブロンプトンも、輪行になると圧倒的勝利をおさめたのであった。
パッキングに苦労する人々を横目に見ながら、約1分で乗車準備完了よ!

さて、そんな輪行軍団を見ていると、どこかで見たことがある人がいるような…。

「ごしさん」と声をかけられて、あー、去年美瑛センチュリーライドのとき、masaさんのトルテルムでご一緒した神奈川のSさんではありませんかと気づく。
参加者名簿をチェックして、いることはわかっていたのですが、お会いできてうれしいです。
うん、網走まで自走しないで、斜里駅に来てよかったよ。

昨年はご夫婦で参加されたSさんであったが、今年は奥様におめでたい事情があったために、地元のチャリ仲間とのご参加です。
しばらくは北海道には来れないかもしれませんが、お子様が大きくなったら、是非是非親子でオホサイに参加してください。
また、奥様と共に、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。

さて、「真のオホーツクサイクリスト」OTKさんは、この後ウトロまで自走されてから、ウトロ温泉から出る深夜バスで帰られるということで、ここでお別れです。
さようなら、OTKさん。
また11日にビアガーデンでお会いしましょう。
(ちなみにOTKさん、深夜バスで早朝に札幌まで帰られて、そのまま仕事に行ったとのことです。この強靭な体力!私も鍛えなければ)

きゅーぴーさんと共に、一両編成のディーゼルカーに乗り込みます。
a0156548_81079.jpg

JRの中はひたすら爆睡。
まったく車中の記憶がなく、網走到着。
寝ぼけていて、リュックを車内に忘れるというボケをかましたりする。

きゅーぴーさんは、網走からJRで旭川に帰られるということで、本来ならここでお別れになるのですが、JRまでの時間がまだあるとのことで、バスターミナルまでわざわざ私の見送り走行に付き合ってくださいました。
ありがとうございます!きゅーぴーさん。
次お会いできるのは、美瑛のセンチュリーライドですかね?

いろいろな人との出会いの余韻を残しつつ、今年もやはりここのラーメン屋に行きます。
a0156548_881983.jpg

元岩見沢人としては、「味軒」は欠かせない。
かつては岩見沢に数店舗あったこの「味軒」も、今は網走と滝川の店舗を残すのみである。
網走に来る機会なんてめったにないんで、来たからには味軒のラーメンを食わんきゃな。

今年もカレー味噌ラーメンを食べます(700円)。
a0156548_8135614.jpg

去年は「うめーよ、これ、うめー、うめー」と思ったラーメンであったが、今年は斜里の炭水化物攻撃が効いたのか、とにかく量の多さに胃がやられてしまった。
いやー、最初の方はうまかったんだけどね。
来年は斜里の炭水化物は控えめにして、胃袋に味軒のスペースを残しておこう。

さようなら、今年も「サイクリングの方ですか?」と話しかけてくれたおばちゃん。
また来年もきっと来るよ!

バスターミナルから札幌行きのバスに乗り込みます。
ここで、楽しかったサイクリングモードは終わり、現実に引き戻されます。
ああ、また明日から仕事かあ。

バスの中でガッツリ寝て、札幌到着。
のあー、雨降っとんのか!

そこそこの勢いの雨だったので、軟弱にもタクシーで帰ることも一瞬頭によぎったが、ここでタクシーを使うと、ここまで交通費を切り詰めてきたことがパーになるので、家まで自走してやろう。
せいぜい家まで3kmぐらいだし。

S-Bagは防水カバーもついていて、雨の日も安心。
a0156548_8224141.jpg

へとへとの体にムチ打って、へいこらさっさとペダルを漕いで行き、「あと200mで家だぁ!」というところで、歩道乗り上げに失敗して落車。
小径車は歩道乗り上げのとき注意せんと、タイヤのサイドの部分が段差のとこと滑って、つるーんと行ってしまうんだよね。
特に雨の日には。

そんなわけで、雄武~斜里の212kmを走っていたときは怪我もなくよかったよかったと思っていたオホサイも、思わぬ落とし穴により、肘と膝に擦り傷を作って終わってしまったのであった。

≪今回の結論≫
家に帰るまでが、オホーツクサイクリングです!

(このシリーズ終わり)
[PR]

by gossy54200 | 2012-08-05 08:34 | ブロンプトン | Comments(14)  

Commented by 朧月 at 2012-08-05 09:30 x
おつかれさまでした。
来年もまたオホーツクサイクリングで会いましょう!
Commented by ao_chang at 2012-08-05 09:55 x
ブログ更新お疲れ様です!
美瑛センチュリーのステージ1のみ参加予定なのでまたお会い出来ればと思います!
Commented by waltz_t at 2012-08-05 15:37
大会参加よりブログ更新の方が大変だったのでは?と思うほどの大長編スペクタル!でした。
大会が終わってからもイヴェントが目白押しだったはずで、1年間ぐらいブログネタに困らないんじゃないですか?
ゴシさんの記事を読んでると、写真撮ってもらったり、メシがたくさん出たり、屋根付きで寝れたり、風呂までは無料送迎バスもありと、参加費がかかるのも仕方ないかと思えてきますね。何より楽しそうだし。
お疲れ様でした!
Commented by gossy54200 at 2012-08-05 21:05
>朧月さん

またお互い目立つ格好でオホーツクサイクリングを盛り上げていきましょう!
来年は網走まで深夜バスで乗り込んで、網走~雄武間のプチ復路走行にチャレンジしてみようかなあなどと思っております。
Commented by gossy54200 at 2012-08-05 21:06
>あおちゃんさん

私も美瑛はステージ1のみ参加予定です。
ほとんど平らなところのないえげつないコースですが、楽しんでいきましょう!
Commented by gossy54200 at 2012-08-05 21:25
>コソさん

オホサイは、体育館で眠れなかったり、渋滞が起こったりで思うように走れなかったりで、純粋に走りを楽しみたい人にとっては物足りないイベントと思います。

ただ、お祭り的気分が味わえたり、旅行気分が味わえるという点では、これ以上にないすばらしいイベントだと思うのですよね。
何より小学生から80以上の方までが参加できる門戸の広さがすばらしい。

参加費15000円は、同じ2日間で行われる美瑛センチュリーライドと比べてもそんなに高くはないと思います。
美瑛の場合は参加費こそ2日間で10000円ですが、宿泊費は別ですし、パーティー代(任意参加)も別途3000円取りますしね。

ただ、オホサイの場合は遠方で行われるので、現地にたどり着くまでの交通費がバカにならないですね。
スタート地点とゴール地点が違うので、自転車の運搬もトラックとか用意して大掛かりになりますし。
(ブロンプトンの私にはあまり関係ないが)

天気さえよければ、オホーツクの地は自転車には最高ですね。
できれば秋にでも、イベントとは関係なく、オホーツクの地を気ままに自転車でさまよいたいものです。
Commented by きゅーぴー at 2012-08-05 22:40 x
オホーツクサイクリングではたくさんの人と出会え、
とても2泊3日とは思えないほど、いろいろなことがありました。

リラックマごしさん先頭の小径車軍団での走行、ゴールは一生忘れられないですね。
体調が悪い中、初心者の僕にアドバイスや走り方、大切なことを教えてくださって、ありがとうございました!
ほんとうに感謝してます。

それでは、9月の美瑛センチュリーライドでお会いしましょう!
Commented by 優游 at 2012-08-05 23:10 x
シリーズ完了おめでとうございます。
2012年オホサイでリラックマで伝説を作ったGossyさん。
多くの人の記憶に刻み込まれました。
来年、どんな伝説をつくるのか楽しみです。
Commented by teddypapa at 2012-08-06 08:25 x
99里をもってですね。骨折してから落車という言葉に過剰に反応してしまいます。しかしSバッグ、防水カバーまでついてるんですね。無茶便利そう。
Commented by gossy54200 at 2012-08-06 18:46
>きゅーぴーさん

こちらこそ、オホーツクサイクリングではお声をかけていただき、更には一緒に走行していただきありがとうございました。

こういった出会いがサイクルイベントの醍醐味だなあと思うわけです。
去年、初めて参加したときにいろいろな人にお世話になりましたが、今年、こういう形できゅーぴーさんにお返しすることができ感無量です。
来年も新たなブロンプトン参加者を一緒に暖かく迎えることができればうれしいですね。

美瑛は仕事の都合で初日しか出ることができませんが、オホサイ同様楽しんでやっていきましょう!
また、よろしくお願いします。
Commented by gossy54200 at 2012-08-06 18:52
>優游さん

いえいえ、伝説などめっそうもございません。
昨年参加したときは、沿道の応援の皆さんや、参加者の皆さんにたくさんの喜びを受け取りましたので、今年は少しでも「喜びを与える側」に回りたいなあと思っての「リラックマスタイル」となりました。

私自身も去年以上に楽しむことができましたし、多くの人たちに楽しんでいただき非常にうれしく思っています。
競技ではない「オホーツクサイクリング」ですので、こういった遊び心を持って、また32回のオホサイでも今年以上のものを見せていきたいと思います。

今から11ヵ月後が楽しみで仕方がありません。
また来年、オホーツクサイクリングでお会いいたしましょう!
Commented by gossy54200 at 2012-08-06 18:57
>teddypapaさん

コケたときは「あ~、やってもーたー」と思ったものですが、ブロガーとしては「これはおいしいネタだ!」と思い、一ヶ月間あたためておきました。

まあ、大した怪我ではなくてよかったです。

S-Bagはいたれりつくせりでホントに便利ですよ。
あと、きゅーぴーさんのフロントバッグはオルトリーブの完全防水バッグでこれもいいなあと思いました。
この手の小道具の充実さはBDよりもブロンかなあと思います。
Commented by siro_pug at 2012-08-09 12:44 x
今回もオホーツクサイクリングイベントの記事楽しく拝見しました!
なかなか所帯持ちになるとオホーツクまでの遠征は難しいので、
いつもよだれを流しながら見ております。
自転車仲間との交流ができるのもいいですね♪
Commented by gossy54200 at 2012-08-09 18:35
オホサイは、カラさんなどのオホーツク組とお会いできる数少ない機会ですからね。
オホーツクの自転車乗りの皆さんと交流できて非常に楽しかったです。
もう、いっそのことオホーツクに移住しようかしら?なんて思ったりして。
網走管内はオホサイ始め、網走、遠軽、紋別のセンチュリーランもありますし、美幌のデュアスロンもありますし、自転車趣味の人にとってはなかなか魅力的なところなのですよね。

<< ただ芦別まで行ってカレーうどん... 2012オホーツクサイクリング... >>