札幌200ブルベどうしましょう走行会本番(その3)

その1 その2

この走行会については、思い出すたびにしんどいことしか浮かんでこないので、ちゃちゃっとゴールまでの道のりを書いて、ちょちょっとおしまいにしたいと思います。

最大の難関、白滝峠を越えたら、ギュイーンと下って、PC2である大滝のセイコマに向かいます。
白滝峠の道道86号線の終点から左に曲がり、国道453号線に入って、大滝市街へと進みましょう。

国道453号線に入ってから、すぐに役所や郵便局が見えて、「おお、これならコンビニも近い!」と思いつつ、まるでコンビニなど見当たらず、延々と6kmぐらい走ります。
距離にすると大したことないんですが、もうすぐ休めると期待していただけに、結構落胆しながら走ってましたね。
「コンビニまだか、まだか!」と心の中で叫びながら。
そう言えば、田舎のコンビニって、市街地からちょっと外れたとこにあることが多いんだよなあ。

PC2、セイコーマート大滝店到達。13時40分ぐらいだったような気がする。
そんでもって、家からここまで135kmぐらいだったかな。
大滝なんて自転車で来るとこじゃねえよと、この走行会が始まるまで思っていましたが、実際にここまで自転車で来てみると、全くその通りであるということがわかりました。

さて、ここで失われたカロリーを思いっきり摂取して、この後の美笛峠、支笏湖線復路に備えるべきところであるが

胃がやられて、固形物を受け付けない。

あれだけ自転車を漕いだにもかかわらず、いや漕いだからこそ、食欲がまったくないでござるの巻。
とりあえずデカおにぎりをなんとか胃袋の中にぶち込むが、すっかり味覚がやられていて、まるで味がしないこと10分以上噛み続けたガムのごとし。
しょうがないので、ゼリー飲料とレッドブルでごまかすが、これが美笛過ぎてから効いてくるのですよね。
ロングライドではたくさん食べることがとにかく大事ですね。
自転車は「食べるスポーツ」です。

PC2の休憩が終わったら、来た道をまた引き返して美笛峠へと向かいます。
一旦通った道をまた戻ると言うのは精神的に来ますね。
例え、それが5kmちょっとだったとしても。
「きのこ王国」で小休止を取ってから、美笛峠アタック。
ここは自転車では初めて走るところでしたが、大滝側からの美笛峠越えはそんなにしんどくないです。

峠越えの後、先頭ではtoneさん牽きの元、ハイレベルなローテーションが組まれていたようですが、私はそのはるか後ろの方で、siro_pugさんのサポートの元、マイペースで進ませていただきます。
美笛峠過ぎてからは、基本下り基調なんですが、上りもちらほらあって、結構脚を削られます。
支笏湖が見えてきた辺りから、とにかく睡魔に襲われます。

パトラッシュ、ボクはもう疲れたよ。なんだかとっても眠いんだ。

白滝峠頂上付近では、暑さでふらふらしながらもペダルを踏む足の力は残っていましたが、ここでは正直、ペダルを回すのもしんどい状況と言うか、とにかく眠くて力が入らん。
きちんと補給できなかったツケが回ってきましたね。
典型的なハンガーノックによる低血糖状態です。
toneさんは眠くなると、スーパーtoneさんになって鬼牽きを開始するらしいが、私は眠くなると、ハイパーgossyになって、ますます自転車が進んで行かないこと亀のごとし。

まあ、でも何とかほうほうの体で、皆さんが待っている支笏湖ビジターセンターに到達しましたさ。
時間は16時半ちょっと前ぐらいだったかな。
a0156548_033577.jpg

ビジターセンターに着いて、まずやったことは、「コーラ一気飲み」。
これで糖分とカフェインを補給して、眠気を払いのけます。
しかし、腹の中に入れられるのはこれが精一杯。
売店がたくさんあって、うまそうなものを売っているのですが、まるで買う気はおこらず。
支笏湖復路を迎えるにあたって、コーラだけで乗り切っていけるのか?

休憩が終わり、再び出発。
ポロピナイから、とどめの上り攻撃が待っております。
すでにHPはゼロの私。
さあ、どうする?

最後の非常食「パワージェル」の登場!

ここでついにラスト非常食に手をつけます。
クイズダービーで、最後の問題を前にして1000点ぐらいしかないけど、とりあえず篠沢教授に全部賭けるような気持ちで、パワージェルをぐびぐび摂って、ラスボス「ポロピナイの坂」に向かいます。
つーか、非常食隠し持ってるんだったら、美笛でハンガーノックになる前に使わんかい!

最後はeasyさんのサポートの元、超スローペースで進みます。
時速にして7~8km/hぐらい。
走行中、何やらブンブン飛んでいるものが、ピタッと体に止まるような感触が……。

すでにハエが止まるぐらいの遅さでございますww。

まあ、それでもね。
ゆっくりでも前に進んでいれば、どんどん走行距離は伸びていくんですよ。
自転車ってそういう乗り物です。

で、ポロピナイから50分ぐらいかけて

ついに支笏湖線最高地点到達!
a0156548_0534394.jpg

ここまで来たら、後はもうほとんど下り。
最後の力を振り絞り、ギュイーンと進んで、実際のブルベのゴール地点、ローソン「札幌石山東5丁目店」に到着します。
18:40ぐらいだったでしょうか。
約12時間半かけて、札幌200ブルベコース完走です!
easyさん始め、サポートくださった皆さん、ありがとうございました!
ダメダメな走りのワタクシではありましたが、大いに自信になりました。
そうか、こんな山岳コースでも、制限時間内に到達することができるのか。
(もっとも今回は運良く、パンク等のトラブルがゼロだったわけですが)

ローソンに着いて、皆さん食事を摂っていますが、私は何も食べられず。
まんべ400に向けて、いかにたくさん食べることができるかが課題ですね。
そういや、俺チャレのときも200km過ぎた辺りから全然食えなくなったしなあ。

家に帰るまでが走行会ということで、石山東のローソンから、豊平川サイクリングロードを経由して、無事20:00ごろ帰宅。
オホサイのときと違って、落車することもなく、五体満足で帰ってまいりました。
帰宅後2時間ぐらいして、ようやくそばが喉を通るようになりました。

普段57~58kgぐらいの体重の私が、帰宅して体重を測ってみると55kg切ってましたね。
それだけ過酷な今回の走行会というか、単に補給が下手糞なだけだったんだけどね。
(その減った体重は、2日後の飲み会ですぐに元に戻りましたとさ。めでたし、めでたし)

走行距離 240.05km
平均速度 22.1km/h
最高速度 58.1km/h


≪今回の走行会の結論≫ 
a0156548_1375259.jpg

などと、つぶやきながら、実際には謝ってなんかいないわけだけどね~。
(ま、ここまでネタにしてしまったら、多分、来年は一緒に花火に行ってくれないだろう)

そんなわけで

もし花火と走行会が重なったら、どんな事情があろうと花火を優先しろ!!

これは白滝峠で撃沈したものからの貴重なアドバイスである。

(このシリーズ終わり)
[PR]

by gossy54200 | 2012-08-18 01:42 | ロード | Comments(12)  

Commented by waltz_t at 2012-08-18 09:18
>ゆっくりでも前に進んでいれば、どんどん走行距離は伸びていくんですよ。

そうなんですよねぇ。
当たり前といえば当たり前なんですが、実際に自分で体験すると不思議に感じますよねぇ。
Commented by gossy54200 at 2012-08-18 13:13
そうなのです。
絶対無理だって言うような距離でも、自転車だったらそれなりに進んでいくんですよね。
ランや歩きだったら、限界来たら一歩も足が前に出ないのですがね。
Commented by 優游 at 2012-08-18 13:47 x
楽しく読みました。恐るべきハンガーノック現象ですね。
私は、この症状が出るのが恐ろしく、過剰に補給しすぎて、体重オーバーになることしばしばです。
適切な時期、適切な補給が大切なのですね。
Commented by mugen at 2012-08-18 18:17 x
gossyさん、その節は一緒の苦しみを分かち合えてうれしかったです。
gossyさんの後ろで走っていて、
25Tはなかなか使わないし、
一定のペースで最後の支笏湖からの登りまで足残しているし、
さすがに一人でいろんな所行かれているだけに、
すごくクレバーな走りだなぁと感じていました。

私?、私はバブル体験世代ですから、行け行けドンドン、
足が売り切れたらその時はその時って感じで、
最後ヘロヘロでした。

シーズンも折り返しを過ぎましたの。
またご一緒させてください。
Commented by easy at 2012-08-18 20:41 x
女性2名と来年、花火の予定がございましたら、是非、私をお誘い下さい。
札幌200試走なんて、豪快にキャンセルして、参上致しますm(_ _)m
※今回の試走はペースがハードでした。
もっと余裕があって、お気楽にグルメも楽しむのが通例です。
Commented by pen at 2012-08-19 20:52 x
私もジェル系は必ず持って行きますが、今のところハンガーノックにはなったことありません。 でも今日は足がダメダメで
走行会をDNFしました^^;
Commented by gossy54200 at 2012-08-19 20:59
>優游さん

私は学習機能がないのか、年に一度は必ずハンガーノックになるのですよね。
今回はペース配分は考えたつもりですが、途中で食べられなくなってしまったのが敗因です。
少しずつ、小まめに補給することが大事ですね。

去年の夕張ロングライド210では早くも80kmぐらいでハンガーノックにかかり、残りの120km以上が苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。

Commented by gossy54200 at 2012-08-19 21:05
>mugenさん

こちらこそ、お付き合いいただきありがとうございます。
私は心肺機能がそんなに強くないため、ケイデンスで稼ごうとすると心拍数が恐ろしいことになるので、ちょっと重めのギアで低ケイデンスという作戦になってしまうのですよね。
パノ3クラスでしたら、スプロケ交換も考えると思いますが、札幌200は25Tでも行けるなという感触はつかめました。

先の優游さんのレスにもある通り、私はハンガーノックの常習犯でして、ペース配分には特に気をつかいました。
というか、easyさんのナイスなフォローに助けられたということが正直なところですが。

また、9月から自転車モードに戻りますので、そのときはまたお付き合いください!
よろしくお願いします。
Commented by gossy54200 at 2012-08-19 21:09
>easyさん

花火の件、了承いたしました。
(多分、こんな機会は金輪際未来永劫鐘や太鼓で叩いてもないと思いますが)

また、秋の走行会ではよろしくお願いします!
(札幌200逆周りはなしの方向でww)
Commented by gossy54200 at 2012-08-19 21:11
>penさん

TwitterでDNFのことは確認しましたが、そういう事情でしたか。
今日は気象条件も厳しかったですしね。
お大事にしてください。
真夏の走行は、脚力だけではなく体力も消耗しますので難しいですよね。
Commented by siro_pug at 2012-08-21 00:34 x
お疲れ様でした!
私も白滝から支笏湖の辺りはかなりヤラれていたのですよ。
同じく軽い熱中症気味で大滝のセイコマで固形物が受付なかったです(;´Д`)
昨日ブルベの神様K父様よりスポドリは胃がヤラれやすいので、
水にしたほうがいいと言われました。水にしたところ結構食べることができましたよー(当社比)
Commented by gossy54200 at 2012-08-21 20:48
siro_pugさん、K父様からのありがたい情報ありがとうございます。
ただ、水にした分のミネラルの補給は塩飴等でしっかり取らなくてはいけませんね。
暑いのは好きなのですが、やはり真夏のサイクリング&ランはしんどいですね。
早く走りやすい秋になってほしいものです。

<< 2012北海道マラソンに向けて 札幌200ブルベどうしましょう... >>