2012センチュリーラン紋別(その1)

※注 今回のお話は自転車とは全く関係のない話です。


またまた古い話で恐縮なのですが、去る10月7日(日)、「センチュリーラン紋別」に参加いたしました。

コースはハーフ(85km)、クォーター(43km)とあるのですが、私は去年同様ハーフの部に参加。
私の中でセンチュリーランは、「どれだけ自分が速く走ることができるか」という力試しの位置づけですので、今回はロードバイクでシャカリキに走ります。

札幌からは遠くて、移動が面倒なのですが、オホーツク方面のチャリ仲間と交流する機会はめったにないもので、密かに楽しみにしている大会だったりします。
規模はオホーツクサイクリングや美瑛センチュリーライドに比べると、こじんまりしているんですが、そのこじんまりした感じが好きなんですね。

紋別は札幌から300kmぐらい離れています。
さすがに当日入りはキツいんで、前泊します。

で、大会参加申し込みのとき、一緒にホテルも予約しときゃあよかったんだけど、ついついめんどくさくて、大会一週間前にようやく、「そういや、そろそろホテルとらんきゃヤバいよなあ」と思ったわけですね。
てっとり早くネットで予約しようと思ったが、紋別のネットで予約できるような主なホテルは満室のオンパレードであった。
しまった、すっかり紋別を舐めていた。
センチュリーランの日は、「紋別グルメまつり」と重なっているので、その影響かしらと思ったりしたが、とにもかくにも満室ではしょうがない。

ここで普通だったら、紋別市内の小さい旅館とかそういうとこを探して、電話をかけまくる戦法が考えられるのだが、私がホテルを予約しようと思った時間は午前2時だ。
こんな時間に電話をかけるのは、さすがに迷惑だし、第一電話をかけるのがめんどくさい。
(私は普通の人の10倍ぐらい電話がキライな人です)

しょうがないので、網走管内で空いているホテルをネットでチェックすると、遠軽にビジネスホテルの空きがあった。
「ふーん、遠軽ねえ。遠軽って紋別からどんくらい離れてるんだろう?」
と調べてみたら50kmぐらいの距離であった。
そうか、50kmだったら大した距離でないな、自転車で2時間ちょっとかと、距離感覚が壊れている私はポチッとクリックして、遠軽のホテルを予約したのであった。

そう言えば、今まで40年近く北海道に住んできて、遠軽はまだ行ったことがない。
せっかく遠くに行くんだから、行ったことのないところに泊まった方が面白いだろうと、深夜のボケた頭でスパッと決断し、翌日、なんでこんな離れたところに宿をとったのだろうと、激しく後悔する羽目にあったのだった。


とにもかくにも、まずは紋別を目指す前に遠軽に行きます。
大会前日に、車にロードバイクを積んで、グォーンと北に向かいます。

途中、新十津川に、ちょっと怪しい外観のラーメン屋があったので、そこでメシを食うことにした。
a0156548_23345025.jpg

ラーメン「とん太」。
全国チェーンのラーメン店ですね。
しかし、これだけ怪しいレトロな看板満載の店は、全国でもこの新十津川店ぐらいであろう。

なぜか鬼太郎とねずみ男。
そんでもって、左のポストは実際に使われているのだろうか?
a0156548_23433050.jpg

目玉のおやじもいます。
a0156548_23452588.jpg

中身もレトロです。
a0156548_23442985.jpg

a0156548_23473688.jpg

メニューは味噌、塩、醤油、あと油そばというスープのないラーメンもあった。
油そばにちょっと惹かれるものがあったのだが、初めての店で冒険をするのもあれだろうということで、味噌ラーメンを注文。
a0156548_23495329.jpg

いただきます。

昔ながらの味噌ラーメンという、レトロな感じのするラーメンでしたね。
うん、外見の怪しさの割には、普通においしいラーメンでした。

街外れにあるラーメン屋にも関わらず、地元民とおぼしき人たちで混雑していましたね。
客と店主が親しげに会話しているところから、常連客が結構いるようです。
こういうローカルな空間に、私のようなよそ者が紛れ込むような感覚は嫌いでない。
そのマチの本来の姿を垣間見るような感じがして。

ごちそうさまでした。

外観の怪しさから、マニアックな人間しか行かない秘境のラーメン屋なのではないかと思っていたが、蓋を開けてみると、地元民の社交の場となっている普通のラーメン屋で、そのギャップがちょっと面白かった。
また来ることがあったら、油そばに挑戦してみよう。

さようなら、とん太。
私はこれから、更に北へと向かいます。

新十津川から、ノンストップで旭川紋別自動車道をひたすら走っていたのですが、途中雨がすげー勢いで降っていたのですね。
明日もこの天気だったらDNSだろうなあと。

さすがに3時間以上ずっと車の運転をして、疲れてきたのだが、旭川紋別自動車道には休めるようなところがない。
休ませろ!俺を休ませろ!

白滝というところに、ようやく道の駅があったので、寄ってみることにした。
a0156548_064713.jpg

そうだ、白滝村は町村合併で「遠軽町」に組み込まれたんだったなあ。
このブログでも何回か紹介した本、「北の無人駅から」の舞台にもなった村だったなあ。
a0156548_091870.jpg

さっきラーメンを食ったばっかりだったが、とりあえずもう一回メシを食うか。
a0156548_0103364.jpg

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-10-20 00:14 | ロード | Comments(2)  

Commented by KEN at 2012-10-20 00:37 x
今日の晩飯は、焼きそばでしたが、麺の代わりに「しらたき」にしてヘルシーにしてみました。なかなかイケましたが、そんな感じのラーメンでしたか?(^_^;)
Commented by gossy54200 at 2012-10-20 22:24
「しらたき焼きそば」、ローカロリーでよさげな感じですね。
「春雨ヌードル」はよくやりますが、そちらも試してみようかなと思います。

さて、「しらたき」で食べたものは、今まで経験したことがないような衝撃的なものでした。
詳しいことは続編をご覧いただければと思います。

<< 2012センチュリーラン紋別(... 再び「やまめ」にチャレンジ >>