2012センチュリーラン紋別(その2)

※注 今回も自転車の話はありません。


道の駅「しらたき」。

食堂に入ってメニューをチェックすると、「そば」「ラーメン」「カレー」という普通のメニューに交じって、「ほくほく丼」「ほくほくそば」というのがあった。

ん?「ほくほく丼」「ほくほくそば」?どこかで聞いたことがあるような。

そうだ!コソさんのブログに出ていたなあ。
「ほくほく丼」は鹿肉の丼だから、「ほくほくそば」は鹿肉の入ったそばだろうと思ったら、とんでもないものが出てきたんだったよな。

コソさんのブログで「ほくほくそば」は地雷だということがわかっているので、ここは「ほくほく丼」を頼むしかないでしょう。
よし!注文だ!

で、結局、出てきたものは……。

















a0156548_2304225.jpg



いや、わかっていたんだよ。
「ほくほくそば」は冷たいそばの上に、中華丼の具が乗っているということは。

ただ、私としてはこういうケッタイなものが、実際にどれくらい地雷なのかということを試してみたいわけなのよ。
「ほくほく丼」を食って、普通に「おいしかった」って記事を書くよりも、わけのわからんものを頼んで「なんじゃこりゃ!」って感想を書いた方がウケるんじゃないかというブロガー根性がついつい出てしまったわけなのよ。

そんなわけで、ウケを狙って、いただきます。

うん、中華丼の具はアツアツでおいしい。
とろみの具合もバッチリだ。

でもって、そばだよ、そば。
注文を受けてから打つという、本格的な手打ちの十割そばで、これが歯ごたえがあってうまい!

そうなのだ、具もそばも個別に見るとうまいのだ。

しかし……


なぜ、それを足し算する?


アツアツの具と、冷たいそばをドッキングすると、口の中でどのような化学反応を起こすのか?


それは、もうぬるいとしか言いようがない。


とにかくぬるいのだ。
うまい、まずいを論じる以前にぬるい。
炎天下に3時間ぐらい置いたコーラのような圧倒的ぬるさ。
せめて、熱いそばを使うとか、冷たい中華丼の具にするとか……、いや、冷たい中華丼の具はないな。

ああ、この中華丼の具でご飯が食べたい。
(コソさんはライスも注文していたので、具をご飯に移植するという戦法を使っていた)

ああ、このそばで普通のかけそばが食べたい。

ひとりとひとりが協力して、二人分以上の素晴らしい力を発揮することもあるが、お互いに相性の悪い二人が協力しようとしても、結局、お互いの足を引っ張り合って、マイナス30ぐらいの力しか発揮できないことがある。

正に、「ほくほくそば」は相性の悪い二人をドッキングした、よい見本なのであった。
悪いことは言わない、中華丼とかけそばを別々に注文した方がいい。
いや、別に中華丼とそばにこだわる必要は全くないのだが。

ごちそうさまでした。
ある意味、期待を裏切らない味でした。


さようなら、道の駅「しらたき」。
ひょっとしたら、また来年来るかもしれないので、そのときはおとなしく「ほくほく丼」を頼むことにするよ。

白滝の道の駅を出てからは、天気は回復傾向。
虹なんかも出てきて、これだったら明日は走れるかなあと。

で、白滝から1時間ちょっとぐらいで、遠軽到着。
おお、人生初遠軽じゃ。

遠軽の町は、コンビニがあって、スーパーがあって、しまむらがあって、ゲオがあって、厚生病院というデカイ病院があって、私が住むには全然困らない町だなあ。
思ったよりも都会ではないか。

遠軽といえば、願望岩でしょう。
a0156548_23322679.jpg

願望岩に上って、遠軽の町を一望したい気持ちもあったが、暗くなってきたし、再び天気が悪くなってきたりで、登頂は断念。
さようなら、願望岩。
私が生きているうちには、一回は上りたいと思う。

特にやることもないので、ホテルにチェックインして、風呂入って、テレビ見て、10時ぐらいには寝ました。
私は酒が飲めないもので、ひとりで旅行先の繁華街をうろつくという発想がそもそもないのだね。
健全に遠軽の夜を過ごしました。


翌日。

5時に起きました。
おはようございます。
シャワー浴びて、身支度して、6時にバハハーイとチェックアウトします。
雨はすっかり上がっていますね。
これならサイクリングに支障はないでしょう。
50km離れた紋別はどーかわからんが。

よい風呂と、快適な睡眠を提供してくれてありがとう、ビジネスホテルタカハシ。
a0156548_23413318.jpg

遠軽駅、鉄マニアにはスイッチバックの駅として知られているが、別にどうでもいい。
a0156548_23451314.jpg

さようなら、遠軽。
a0156548_23461123.jpg

遠軽でもセンチュリーランの大会が毎年開かれているので、そのうち参加してみようかしら。
カラさん曰く、ゴールシーンの写真を撮ってくれて、それを郵送してくれるサービスがあるようだ。
参加費2500円の割にはサービスがいいようです。

遠軽からは国道242号線を通って、湧別方面に向かいます。
途中、セブンイレブン上湧別店で朝めし。
もう、何を食ったかは忘れた。

湧別から国道238号線に入って、紋別へと向かいます。
夜中、雨が降っていたようで路面はウェットですが、この辺りから日が差してきましたので、スタート時間までには乾くでしょう。

朝7時、会場の大山スキー場到着。
しまった、早く着きすぎた。
受付のテントもまだ設営されていない。

新しい朝がきました。
a0156548_23541715.jpg

(つづく)
[PR]

by gossy54200 | 2012-10-21 00:13 | ロード | Comments(4)  

Commented by waltz_t at 2012-10-21 08:26
まさかアレを頼まれるとは・・・・(苦笑
ゴシさんの勇気に感服です!

それにしても「ほくほく丼」が食いたいですね。
また裏切られるようなことが無ければいいんだけど・・・・
Commented by でかつ at 2012-10-21 09:22 x
なにその酷い食べ物(;´∀`)
海原雄山並みに怒りそうな気がするw
遠軽かぁ、懐かしいなぁ。瞰望岩に登ったし初めてガンプラ(シャア専用ゲルググ)を買った町だわ。(;´∀`)
てか、7時からあそこに居たんですね。早すぎ早すぎw
Commented by gossy54200 at 2012-10-21 11:16
>コソさん

怖いもの見たさでついついやってしまったのですよね。
ちなみに私、先日職場の後輩が「すげーマズイラーメンだった」というところにあえて行って、大撃沈いたしました。
こうしてネタにしていますが、実は私、変な食い物が好きなのかもしれません。

「ほくほく丼」、とあるブログで見ましたが、これも見た目はそんなにおいしそうじゃないんですよね……。
Commented by gossy54200 at 2012-10-21 11:20
>でかつさん

知らないで頼んで激怒するならわかりますが、あえて知ってて頼んだ私は確信犯的なものがあります。
しかし、誰が考えたんでしょうね。この組み合わせ。

深川のときは遅く着いて駐車場が一杯だったので、今回は早く行こうと思ったのですが、やはり失敗でした(´Д`)。

<< 2012センチュリーラン紋別(... 2012センチュリーラン紋別(... >>