新・基本英文700選

どうも自転車のない生活は潤いがない。

自転車がなくなると、その分、家に引きこもる時間が長くなるわけだが、テレビは見ない(というかテレビ自体家に存在しない)、ゲームはしない(やれば面白いのだが、ゲームは強烈な「時間泥棒」だと思うのでやらない)、映画も全く見ない(というか集中力がなくて見れない)私にとって、なかなか家に引きこもるのも一大事業であって、どうやって引きこもればいいのかもわからない。

そんなとき、ブックオフで懐かしい本を発見したので、発作的に買ってみた。
何となく英語の勉強でもして、暇つぶしをしてみようという作戦である。

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

鈴木 長十 / 駿台文庫



700選は私が大学受験時代に使っていた本であり、今でも1番と700番の英文は鮮明に覚えている(というか、その2つの英文しか知らない)。
私が高校時代のときと違って、インターネットに関する英文が出ているのが時代の流れを感じる。

当時、真面目な高校生だった私は、SVOCがどうのこうのという英文の構造にしか興味がなく、日本語の内容についてはまるでどうでもよかったのだが、改めてこの英文集を見てみると、英文以前に、ここで使われている日本語をまず何とかせんか!と思ったので、その何とかせんかぶりを紹介したいと思う。


「何が起ころうと、何が起ころうと、私はあなたを愛するわ、私がこの世を去る日まで」
――― 絶対に受けたくない愛の告白

「ぼくの姿を見ると、彼らは急に話をするのをやめた」
――― あなた、いじめられてますね

「誰かにこの部屋をきれいに掃除してもらいたい」
――― お前がやれ

「君はもう寝なければならない」
「おっしゃるとおりですが、あなたも同様です」
――― 修学旅行で、夜、見回りの先生に言うと効果的

「劣等感 ― それは正確にはどういうことか?」
――― 知るか

「医者が患者を丹念に診察したおかげで、患者はどんどんよくなった」
――― 治療はどうした?

「兄は私より2つ年上ですが、身長は3センチも低いのです」
――― 大きなお世話である

「私はお金もないし友達もありませんが、あなたが考えていらっしゃるほど不幸ではありません」
――― いや、強がりはいいから

「その仕事がいやなのではなくて、それをする時間がないからです」
――― いや、言い訳はいいから

「私はどんな女の子とも無邪気に話すことができなかったが、それは彼女のボーイフレンドが突然現れて、私をとがめることを恐れてのことであった」
――― この人は美人局の被害にでも遭ったことがあるのだろうか?男として情けないぞ!(私も人のことは言えんが)

「お金があったらそうしたいのです、ところが実はどうすることもできないのです」
――― 結局、世の中ゼニなのね。と言うか、身も蓋もないっす



この他にも、「こんな文章を英語に直してどうするのだろうか」と思われる日本語がたくさんあって、日本人が何年勉強しても、英語がさっぱり話せんのがなんとなくわかるなあと思う、高校時代の売れ筋参考書なのであった。
こんな役に立たない英文を700全部覚えた人を尊敬します。マジで。
[PR]

by gossy54200 | 2013-01-14 00:07 | 日記 | Comments(2)  

Commented by oritatame at 2013-01-16 18:47
店主Aです。久しぶりにGossyさんらしい投稿が続きますね。こういった新しい脳内旅行の切り口を沢山期待しておりますぞ。
Commented by gossy54200 at 2013-01-17 22:28
最近はリアル旅ができないものですから、もっぱら精神的な旅に出るようにしています。
今月中には一度、来店したいと思いますので、そのときはよろしくお願いします。

<< 今まで食べた中で二番目にまずい... 人間仮免中 >>