2016ビホロ100kmデュアスロン完走計画

何やら某ブルベブログのパクリっぽいタイトルですが、その通り100%パクリです。
ただ、某ブルベブログと違うところは、食に関する情報がゼロで、ひたすらつまらないことですので、あしからず。

さて、いよいよ4日後に迫ってきました「ビホロ100kmデュアスロン」。
今週に入ってから釧路は雨ばっかりで、さっぱり練習ができないので、ここは完走計画でも書いて、気を紛らわせることにします。

《装備》

今んとこ、天気予報では雨マークはついてないものも、降水確率は40%と微妙な感じ。
a0156548_20115295.jpg









最高気温は26度と、去年と同じぐらいですね。
ただ、去年は太陽がさんさんと輝いていて、第二ランはかなり消耗した感じですが、今年は曇り予報なので、体感温度はさほど気にならないのではないかと希望的観測。

ウェアは、8/11のひとりデュアスロンと同じで行こうかと。
サイクルキャップ、サングラス、トライアスロンウェア上下。
インナーにはアンダーアーマーヒートギア(半袖)。
テーピングはしない方向で。
ふくらはぎはカーフガードでがっちりカバーします。
去年の第二ランは、ふくらはぎが攣りそうでたまらんかったからな。
一応、攣り対策のため、今年は一部のブルベ愛好家お勧めの「2RUN(ツーラン)」を使ってみようと思う。

梅丹本舗 2RUN(ツゥラン) 1袋

梅丹本舗

undefined


去年はサイクルジャージの後ろポケットにジェル類をどかどか入れていたが、トラウェアのポケットはショボイので、今年はゼッケンベルトにジェル類を忍ばせよう。
ボトルはバイク中に補給スポットあるので、去年同様一本で大丈夫かと。

「ゼッケンベルトを使った場合は、前後にゼッケンをつけなくていい。ランのときは前にゼッケンが見えるように、バイクのときは後ろにゼッケンが見えるように回せばそれでいい」と言われたので、去年はその通りにしたが、実際問題として、競技で熱くなっているときに、ゼッケンを後ろに回したり、また、前に回したりするのはめんどくさい。
去年はバイクの最初で、「ゼッケン後ろに回しなさい!」と、いきなり注意も食らったし。
というわけで、今年は横着せずにゼッケンは前後につけよう。

《第一ラン》

競技場は丘の上にあるので、去年はひゃっほーと、最初の下りでずんずん行ってしまったが、今年はちょっと自重して、上りに体力を残せればいいかなあと。
結構、アップダウンがあるので「キロ○分○秒」という目標を作ったところで、かなりバラつきが出るだろう。
とにかく一定の出力で、「5km24分」を目標にしていきたい。
単独走は避け、ちょっと速い人をペースメーカーにできればいいなと。
去年は向かい風の単独走で消耗した感じがするので。

目標は強気に去年より1分ちょっと早い48分とする。

《バイク》

ビンディングはどうしようかさんざん迷った挙句、つけないことにする。
私の場合、ビンディングでもフラペでも、あんまり走力変わらんので、ここはトランジッションのタイムを節約した方がいいかと。

序盤は軽いギアでくるくる回す作戦で。
50-21Tや、風向きによっては50-23Tを使うぐらいでもいいかもしれない。
第二ランのことを考えて、ケイデンス重視で行きましょう。
去年は上りでもアウターオンリーで通したが、アルテグラにして、ものすごくフロントのギアチェンジがスムーズになったので、今年はインナーを使ってでも回転数を落とさないことを心がけていきたい。

ドラフティングが使えないので、風向きにかなり左右されると思うが、去年より5分早い、2時間45分を目標タイムに設定。
ペダリングは踏まずに回すことをテーマに。

正直、バイクが今の段階では一番不安ですがね。

《第二ラン》

去年はヘルメットを被ったまま走り出そうとする大ボケをかまし、1分ぐらいトランジッションタイムを無駄にしてしまった。
とにかく、バイクを置いたら、ヘルメットとグローブは外す。
バイク置き場にメモ紙を残しておきたいぐらいだ。

最初は脚の感覚がほとんどない状態だが、そこは気にしない。
思ったより走れているものなのだ。
3回も第二ランのリハーサルやったんだ。
あの感覚でキロ5分20秒ぐらいで走れたことを思い出せ。

そして、去年は心が真っ二つに折れた、8~9kmの競技場への上り坂。
ここが真の勝負だ!
春採湖で上りの対策もやった。
大丈夫なはずだ。
心が折れそうになったら、去年デットヒートを繰り広げたアイアンマンジャージの人に敗れた悔しさを思い出せ。

ズバリ、目標タイムは55分。

これで、トータルは4時間28分となり、大目標である「サブ4.5」を達成できるわけであるが、どうなるんだろね。
新走法「シザース」を武器に、ランで稼ぐ戦法で粘りたいものです。

んなわけで、釧路の天気は今週いっぱい雨で、ロクに練習ができないのであるが、ま、そこは積極的休養と割り切って、万全の体制でビホロを迎えたいものだ。

この日は隣町北見でブルベもあるんで、競技終了後、冷やかしがてらにゴール地点に顔を出してみようかしらと思ったり思わなかったり。

ごきげんよう。

※ 8/19追記

気がつけば、日曜の降水確率は90%に上がっているではないか!
すでに怪我しないで完走できれば、あとはどうでもいいやぐらいにモチベーションが下がっております。
道東は月曜からずっと、笑っちゃうぐらいに雨ばっかだね。

[PR]

by gossy54200 | 2016-08-17 21:09 | デュアスロン | Comments(6)  

Commented by OTK at 2016-08-18 07:44 x
いよいよですね。私も第一ランとバイクは去年より1分か2分でいいから速く通過し、第2ランで出し切ろうと思います。最低限サブ5、できるだけ上積みしたいです。
天気は不安ですが、ぐちゃぐちゃにならない程度の雨なら、おそらく唯一のフルフェンダー装備の自転車の優位性を活かしたいと思います(笑)。
Commented by mugen at 2016-08-18 11:58 x
元祖の完走計画です。(笑)
やっぱグルメがないとダメでしょう。(爆)
私にとっては、エイド・ステーションじゃなくて給水所っていうのが、信じられないですわ。
でも、グルメしている場合じゃないですよね。ランしていたら喰えないでしょうし。
ランして、自転車乗って、更にランするなんて、私には図り知れない事をやる人たちですものね。
天気予報は芳しくないですが、蒸し暑くなるかもしれませんので、給水を小まめに摂って、熱中症にならない様に頑張って、ぜひ、完走計画を越える成績を残して下さい。(^_^)v
Commented by gossy54200 at 2016-08-18 21:45
>OTKさん

気がつけば、早くもビホロが近づいているのですね。
4〜5月の寒い時期に、もう少し外で実走を積めばよかったと後悔するも後の祭り。
しかし、今年は去年の経験という武器がありますので、うまくペース配分しながら、第二ランのブレーキを少しでも減らしたいものですね。
フェンダー付きの自転車が活躍する天気にならなければいいのですが、もし
そういう展開になったら、どれくらい有利なのか知りたいような気もします(笑)
Commented by gossy54200 at 2016-08-18 21:58
>mugenさん

すいません、完走計画思いっきりパクらせていただきました。
しかし、本ブログは「熱血スポーツブログ」ということで、食い物に関する記述を省くことで差別化を図っていますのでお許しを(笑)。

私としてはブルベと違って競技時間が短いので、200km自転車よりはこっちの方が楽に感じます。
ま、そこは人それぞれですね(^^;;

釧路の夏も意外と蒸し暑いですので、湿度が高いのは多分大丈夫です。
120%の力を出して、午前中にサクッとゴールして、そのまま北見にmugenさん、タッチさんの勇姿を見に行きたいと思います!

北見200でのご健闘をお祈りします。
走りにグルメに頑張ってください!
Commented by pen at 2016-08-20 09:38 x
ビホロデュアスロン、がんばってくださーい。
(最近FBで沢田愛里さんをフォローしています^^;)
 ランニングと自転車の両立って、難しいと思うんですけどそれをやっちゃう人尊敬します。 私もベアフット系トレーニングがもし軌道に乗れば、月間走行距離少なめでも走れるのではないかとささやかながらも密かに期待していまして、そうなればデュアスロン系の(底辺の)おっさんとしてがんばっていきたいのです。 今後デュアスロンの大会が増えるといいですね!
Commented by gossy54200 at 2016-08-22 22:14
penさん、応援コメントありがとうございます。
残念ながら、悪天候のため大会は中止になってしまいました。

一部で、「ビホロは今回で終わり」という噂もありましたが、レセプションで力強く「来年もやります!」とのお言葉をいただきましたので、ホッとしています。

札幌からですと移動が大変ですが、是非、penさんにもデュアスロンの世界を味わっていただければと思います。
ベアフットランの成果を生かして、「ワラーチで登場!」なんて展開に期待しております。

<< 2016ビホロ100kmデュア... みやすのんきのマラソン本がすご... >>