ブロンプトンのチェーンテンショナー交換

そんなわけで、ブロンプトンの後輪をはめようとしたら、チェーンテンショナーがぶっ壊れて、「いやーどーしよーどーしよー」とオロオロしているところで前回は終わりました。

これはイギリスから通販で部品取り寄せるしかないのかと思いつつ、ダメモトで楽天で「ブロンプトン チェーンテンショナー」で検索すると、なんと中古で扱っている神のような店があるじゃないですか!
全くもって頼りになるのはサイクリーなのである。

a0156548_22130269.jpg
3600円が高いのか安いのかはよくわからないが、まあ、ここは安いよい買い物をしたということにしておこう。
自転車本体の値段に比べたら、誤差の範囲のような価格である。
というか、自転車本体の価格が高すぎるんじゃ!ブロンプトン。

a0156548_22130487.jpg
上がバネがぶっ壊れて、可動域が狭くなったチェーンテンショナー。
うむ、下の正常なものに比べると、ここは部品交換以外の手段はなかったように思われる。

写真撮るの忘れましたが、ブロンプトンのチェーンをテンショナーにかけるときは、圧倒的に後輪たたんだ方がやりやすいです。
無理に広げた状態でやろうとすると、それなりにバネに力がかかり、私みたいにバネぶっ壊す可能性があるので注意しましょう。

まあ、その辺の詳しいことについては、先人たちがネット上にあげていますので、テキトーに検索して調べてください。
なんだかんだで、ブロンプトンのようなメジャー車両だと、その辺の記事が充実しているのは助かりますね。

a0156548_22130381.jpg
実走してないのでなんとも言えませんが、メンテナンススタンドにかけてクランク回しても特に不具合はないので、多分直ったんじゃないかと思います。
めんどくさい内装変速の調整も多分大丈夫のような気がします。

こうして私は、チェーンテンショナーの代金を授業料に、またブロンプトンの経験値をひとつ上げたのであった。
めでたし、めでたし。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2016-12-01 22:32 | ブロンプトン | Comments(0)  

<< ブロンプトン直りました 教えてエライ人 >>