2017ビホロ100kmデュアスロン参加記(その2)

その1

さて、大会当日です。

4:00起床。

スタートは7:00なので、消化のこと考えると、早めにメシ食いたいんだが、旅館のメシは5:00からということなので、それまでレースの準備をしてましょう。
準備と言っても、ウェア出したりとか、補給食の用意とか、その程度しかやることなく、ほとんどテレビやネット見ながらウダウダ過ごしていたわけだが。

5:00朝食。

ご飯、生卵、納豆、味付け海苔、鮭、白菜のおひたし、味噌汁と典型的なニッポンの旅館の定食でした。
これでレースの栄養はバッチリです。
ごちそうさまでした。

ウェアに着替えて、会場へと向かいます。
さようなら、旅館青葉荘。
よい風呂とよい睡眠とよい朝食をありがとう。
WiFiも完備していて、快適な宿でした。

会場到着!

a0156548_21100240.jpg

a0156548_21115860.jpg

誰が描いているのか知らないが、毎年存在する謎の芸術的看板。
これを見ると美幌に来たって気がする。

a0156548_21282570.jpg

あのゴールゲートを目指して、頑張るぞ!オーッ!

ということで、OTKさんと山口県からのたかさんにご挨拶。
おはようございます。
共にゴールを目指しましょう!

そして、私は密かにjognoteをやっているのだが、jognoteでたったの二人しかいない友達のひとりである4N5さんに「はじめまして」のご挨拶(ちなみに、もうひとりの友達はでかつさんです)。
レセプションでお会いすることはできませんでしたが、ここでお会いできてよかったです。
4N5さんは初の美幌ということですが、TTバーのついた気合の入ったバイクでの挑戦です。

4N5さんは、私とは反対にラン苦手でバイクが得意なお方です。
もっとも、スイムが全くダメということは、お互い共通でありますが。
誰か私たちにスイムを教えてください(切実)。

スタートまで時間があるので、軽くアップします。
片足ケンケンからの、400mアップジョグに、100mの流し。
まあ、やりすぎると疲れるんで、こんなものでいいでしょう。

スタート30分前に、アミノバイタルパーフェクトエネルギー。
恐らくプラシーボ効果と思われますが、これがあると後半の疲れぐらいが違うような気がします。
フルマラソンのときの必需品。
(尚、これはあくまで個人の感想であって、効果は人によって異なります)

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130G 【6個パック】

味の素

undefined


ガーミンは、今回は235Jではなくて、トライアスロン用の910XTJを使います。

a0156548_21442108.jpg

235Jだと、ランモードとバイクモード切り替えるのめんどくさいけど、910XTJだと、マルチスポーツモードに設定すれば、LAPボタン一つでモード切り替えられるのですげー便利。
衛星捕まえるの遅かったり、ストライドやピッチ測れなかったりで、普段の練習で使うことはないのだが、デュアスロンがある限り、こいつを処分することはできないのであった。


7:00、いよいよ第一ランのスタートです。
天候は曇り、気温16.4度、風は南南東に0.6m/sと、絶好のコンディションです。

最初に陸上競技場を一周してから、下り坂に入ります。
どのくらいのペースで行けばいいかよくわからんが、とりあえずハーフマラソンぐらいのペースで行けばいいのかな?
もっともハーフマラソンもあんまり出たことないんで、ハーフのペースってのもよくわかっていないが。

入りの1kmのラップが4:30。
そんなに苦しい感じはしないので、まあこんな感じでいいでしょう。
ここで第一ランの目標タイムを45分に設定。

とにかく単独走は嫌なので、テキトーな人をペースメーカーにしながら、ずんどこ進んで行きます。
2km過ぎから、競技場へ向かう上りがありました。
初めての参加の2年前は「ゲゲッ」となりましたが、2回目の今回は「よし、また現れたな。望むところだ!」と、淡々と走ります。
コースを知っていると言うことは心強いです。
上りのある3km地点でキロ4:56と、大きな失速もなく、これはすんなり行けるかなあと。

ただ、4km過ぎた辺りから、バラけた展開になり、人に引っ張ってもらう作戦が使えなくなって、ペースが落ちてきましたね。
2年前と違って、向かい風がないのが救いでしたが、キロ4:40ペースへと落ちてきます。

8km過ぎたぐらいから、私の前の集団が少し落ちてきて、その中に紛れ込みます。
緩い下りってのもありましたが、ここでまたペースが上がってきます。

で、ラストは競技場へ向かう上り坂。
全てのパートがそうですが、このレースは「最初下り、最後上り」というパターンです。
このアップダウンをどう攻略するかが、特に第二ランではカギになるでしょう。

この後のパートに備えて、ラストの上りを流すって戦法もありましたが、目標とする第一ラン45分切りギリギリの時間だったので、スパートをかけますよ。
ウリャー!

疲労度30%ぐらいで、トランジッションエリア到着。
ガーミンの計測で9.75kmと安定の短さ。
でも、いいんです。
この距離がアバウトなところが美幌のよさなんです。

第一ランタイム 44:53 (51位)

ちなみに2年前の第一ランは49:29で順位も128位でしたので、ランに関しては本当に進歩していますね。
全てはみやすのんき先生のおかげです。

しかし、ここで中途半端に速かったので、次のバイクでみじめな思いをするとは、このときは夢にも思いませんでした。

※ ガーミンのログ

a0156548_22291064.jpg

最大心拍数180、平均心拍数159と、やはりレースになると、練習ではありえないぐらいの数字が出るものですね。

つづく

[PR]

by gossy54200 | 2017-08-24 22:38 | デュアスロン | Comments(2)  

Commented by 4N5 at 2017-08-27 22:12 x
当日はお声掛けありがとうございました。
ブログを拝見しながらビホロの余韻に浸っております。
もう少しランを鍛えるべく、みやすのんきに師事してみようかと‥
Commented by gossy54200 at 2017-08-28 19:40
美幌に道マラと、2週連続のレースお疲れさまでした。
私もブログを書きながら余韻に浸っております。

合う合わないはあると思いますが、みやす本は激しくお勧めします。
みやす先生、今後ロードバイクにはまって自転車本も出してくれないかしら?

<< 2017ビホロ100kmデュア... 2017ビホロ100kmデュア... >>