2017走り納め

2017年も残すところ、あとわずかとなりました。
まあ、ぶっちゃけこの年になると、年が暮れたり明けたりすることに大して感慨などわかないのだが、雪が降ってからは室内トレッドミルでぬくぬくと堕落したランニング生活を送っていましたので、アメダス観測で積雪ゼロになったことだし、今年の最後ぐらいは外でシャキっと走ろうかなあなどと、余計なことを思ってしまったのでありました。

a0156548_20361142.jpg

気温はー2.5度。
道東はめっちゃ寒いイメージがありますが、夕方の釧路は気温自体はそんなに低くありません。
ただ風が強いときの体感気温は、-10度ぐらいに感じますがね。

夏場走りこんだ公園を、一年間の感謝の気持ちをこめて走ります。

a0156548_20393846.jpg


写真じゃわかりにくいですが、ここの公園は土の道で、アスファルトに比べると脚にやさしい環境だったと思います。
今年は大体月間300kmぐらい走っていましたが、走りこんだ割に、ほぼ故障一つしなかったのは、極力アスファルトの道路を避けて練習してきたというのもあるでしょう。

a0156548_20422602.jpg

しかし、「氷都」釧路では、雪は少ないのだが、日陰になるところは氷路面でスケートリンク状態なのですわ。
今日はちょっと気を抜いたところで、氷路面でツルっと行って、ビターンと豪快にこけて、胸をしこたま打ちつけたのであった。
雪のあるところだったら、転んでもそんなに痛くないのだが、カチカチの氷の上でコケルのは痛いものです。
肋骨が10本ぐらい折れたかと思いました。

私の履いている雪上用ランニングシューズも7シーズン目を迎え、すっかり効力が失われているようであり、本日を機に戦力外通告を下すことにしたのであった。
こんなスケートリンクのような路面だと、いっそのことスパイクシューズでも履いたほうがいいような気がするが、乾燥路面8割、氷路面2割という今の状況ではスパイクにするのももったいない。
もうちょっと雪があればいいんだけどね。
雪以上に氷路面が、釧路のランナーの敵なのであった。

当面は、外ランは休日の昼間のサイクリングロードだけにしようと思いつつ、今年のランニングは終ります。
つくばが終って2週間ぐらいは、身体のダメージが大きく、ほとんどまともに走れませんでしたが、ようやくまともに走れる体になったと思ったら、今度は路面状況が私の邪魔をする困った街なのであった。
ま、しばらくはトレッドミルと湿原の風アリーナのランニングコースメインの活動になりますね。

今年一年の総括とかまとめとか、そういうのはめんどくさいのでやりません。

ごきげんよう。
よいお年を。

[PR]

by gossy54200 | 2017-12-28 21:01 | ランニング | Comments(0)  

<< 2018年走り初め サブ3.5について語るときに僕... >>