君はラニカイ・ピルボックスで虹を見たことがあるか

ハワイ自主トレ第二弾。

この日はカイルア地区までバスで行って、そっからラニカイ・ピルボックスというトレイルの入り口まで軽くジョグって、そっから軽登山を楽しもうという作戦で臨んだのであった。

まずはバスに乗ってカイルアまで行くのであるが、ハワイを旅するに当って、重要な要素を占めるのが「The Bus」という路線バスの存在なのである。

a0156548_09355704.jpg


鉄道のないハワイでの公共交通機関は、「The Bus」に征服されていると言っても過言ではない。
基本的に物価の高いハワイであるが、バスに限って言えば、どこまで遠くに行っても1回の乗車で2.75ドルしか取られず、しかも「1-Day Pass」という1日乗り放題券が5.5ドルで売られているのである。
(1-Day Passは土日祝日だけなどという日本みたいにみみっちいことはなく、毎日買うことができます)

a0156548_09422791.jpg

1-Day Passはバスに乗って、運転手に「ワンデイパス、プリーズ」と言って、5.5ドル払えばもらえます。
これさえあれば、1日でオアフ島一周をすることもでき、太川さんや蛭子さんも満足の行くバスの旅ができるものよと言いたいことだが、ハワイの路線バスは、当たり前のようにハイウェイをずんどこ走るので、「高速バス禁止ルール」である太川&蛭子コンビにとっては、かなり難易度の高い旅になる。

a0156548_09501792.jpg

バスは地元民の重要な足であるので、ワイキキ周辺を走るトロリーバスのような日本人だらけでチャラチャラした雰囲気はなく、「ああ、私はハワイの生活の中の一部にあるのだ」と、旅の中の日常を感じることができてよい。
ちなみにバスの中は狂っているんじゃないかというぐらい冷房が効いているので、パーカーなど羽織れるものを持っていかないと、とんでもない目に合う。
日本のような「弱冷房」という概念はないのだ。

30分ぐらい乗車して、目的のカウアイ地区に到着しました。

a0156548_09565193.jpg

まずは朝飯。
朝っぱらからパンケーキとかオムレツとか、なかなかヘビーなものがあるが、オムレツは中に入っているぷりぷりのエビとチーズがマッチしていてバッチグーであった。
量もヘビーですが、20ドル以上という料金も朝からヘビーでしたね。
ハワイは朝マックのセットメニューでも8ドルぐらいして、ちっともお財布に優しくない。

この日のカウアイ地区は、どうも空模様がよろしくなく、ポツポツと雨が降ったりやんだりの天気である。
前日のスコールで痛い目にあった私としては、雨具をゲットしたいところだ。

a0156548_10062982.jpg


で、現地のスーパーでゲットしたのは巨大ゴミ袋。
1ドルちょっととリーズナブルなものであった。
日本では売っていない113リットルのゴミ袋をポンチョ代わりにして、雨をしのごうと言う作戦である。
日本ではゴミ袋の色はすっかり半透明が主流になったが、ハワイのゴミ袋は未だに黒いものが使われており、すっかりカラスになった気分である。

さて、雨具の準備もできたし、まずはピルボックスの入り口まで走りましょう。

a0156548_10110996.jpg


3kmぐらいでピルボックスの入り口に到着。
いきなりロープのあるところがあったり、雨で足元が滑ったりで、これはかなり険しい登山になるんじゃないかと思ったが、思ったよりもハードではなかった。

途中、降っていた雨はやんで、ふと後ろを振り返ってみると、すごいものが見られたのである。

a0156548_10153485.jpg

これだけ鮮やかな虹を今までの人生で見たことがあっただろうか。
確かに雨は嫌なものであるが、雨のおかげでこの虹を見ることができたわけである。
No rain, No rainbow!

ああ、ええもの見たなあと、更に岩だらけの道をずんどこ上ります。
標高にして150mぐらいと、私にとってはぬる過ぎず本格的過ぎず、ちょうどいい感じの散策でありました。

a0156548_10195897.jpg

頂上到達。
この建物の存在意義は説明するのがめんどくさいので、「ピルボックス トーチカ」などのワードでテキトーに検索かけて調べてください。

a0156548_10224947.jpg

もうちょい天気がよければ、もっと海がキレイに見えたと思うんですがね。
まあ、でも、これでも十分キレイな風景です。

a0156548_10241321.jpg

これらの島は、カヤックで行くことができます。

下山しましょう。
見知らぬ外国人の後についていったら、彼らは道を間違いやがって、とんでもないところに連れて行かれた。
「知らない人にはついていってはいけない」と、子供のころ散々言われたことの意味がようやくわかった私なのであった。
自らの道は自らの手で切り開くのだ。
他人に頼ってはいけないのである。

そんな外国人トラップを切り抜け、カイルアビーチに寄ります。

a0156548_10302436.jpg


砂浜は白く、ワイキキビーチと違って、人口密度も少なくいい感じでしたね。

a0156548_10324473.jpg

バスで帰ります。
ハワイのバス停には時刻表というものが存在しません。
以下の本で事前に調べるなり、「Da Bus」というスマホアプリを利用しましょう。

R07 地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイ バスの旅 2018~2019 (地球の歩き方リゾートスタイル)

地球の歩き方編集室(編集)/ダイヤモンド・ビッグ社

undefined



Da Busは現在地付近のバス停の位置を探してくれたり、そのバス停に何時ごろバスが到着するのかを表示してくれます。
ハワイのバスの時刻表は全く当てにならないので(このときのバスも30分ぐらい遅れた)、大体のバスの現在位置を表示してくれるアプリがあると、もうちょいストレス度が低くなったかもしれませんね。

a0156548_10485603.jpg

さようなら、カイルア。
また天気のいいときに来てみたいものだ。

a0156548_10495210.jpg

約6kmのジョグ&山歩きでありました。

Mahalo~♪

[PR]

by gossy54200 | 2018-02-04 10:54 | ランニング | Comments(0)  

<< ダイヤモンドヘッドへご来光ラン マノアの滝へランニング >>