Sunset in Hawaii

ハワイは修行のようなアクティビティを楽しむのもいいが、せっかく休みを取って来たのだから、ゆったりのんびりと過ごしたいものだ。

そんなわけで、夕方はほとんどビーチでボケーっとして夕日を眺めていました。
ダイヤモンドヘッドからの朝日もいいかもしれないが、人口密度の少ないビーチでまったりと夕日を眺めるのも、またいとをかし。

a0156548_20415237.jpg

ハワイ初日の夕方は雨が降って太陽を見ることができず、2日目も肝心のところに雲がかかっていて、日没の瞬間は見られなかったが、太陽と雲が織り成す紫がかった光線が、何と言うか不気味な感じで美しい。
砂浜で犬の散歩をさせていると言うか、むしろ海に入ってるだろこれというおばはんも、いいアクセントを出している。

a0156548_20471305.jpg

3日目は雲ひとつない好天であって、徐々に海がオレンジ色に染まっていく過程がたまらなかった。
ちなみに、私は日没の1時間ぐらい前から砂浜に陣取って、海と太陽を眺めていた物好きなのであった。

a0156548_20562452.jpg

やしの木が入ると、また絵になりますね。

a0156548_21132521.jpg

4日目。マイタイを片手にトロピカルな気分で。
(ウソ、私はマイタイなど飲めない)




最終日、動画なんか撮っちゃったりします。
波の音、波打ち際にたたずんでいる人、オレンジ色に染まっていた海が徐々に暗くなっていく様子。
うん、これだ。
これなんだ。
これこそ、私がハワイで求めていたものなのだ。

浜辺で夕焼け空を眺めながら過ごしていると、昔懐かしのアーケードゲーム「Out Run」のゲームオーバー時のBGMが頭の中に浮かんできますね。
あれは名曲です。




夜のワイキキもいいものです。

a0156548_21283642.jpg

南国ハワイなんだから、南十字星でも見られるんじゃないかと思ったが、冷静に考えるとハワイは北半球なのであり、日本と同じくオリオン座が見えると、どういうわけかトロピカル気分は吹き飛び、「ああ、ハワイでも冬の星座が見えるんだなあ。見える星は北海道と変わんないんだなあ」と、ちょっと残念な気分になった。

ついでに言えば、ここで頼んでいた食事がいつまで経っても来なく
”My food order hasn't come yet. I can't wait any more. Check now without food order!”(食い物来ないぞ。もう待てねえ。フードの料金抜きでおあいそ)
と、私にしてはちょっとキツ目の口調で言ったら、きちんとフード抜きの料金の伝票が来て感激した。
私の語学力も、去年に比べたらちょっと成長したようだ。
母国語を使わないで話すと、ちょっと大胆な気分になれる。

そんなわけで、最後は話がそれてしまったけれども、お金かけて現地のボッタクリツアーに行くのもいいが、ワイキキでお金をかけずに夕方の海を眺めるだけでも十分に幸せな気分になれるというお話でした。

Mahalo~♪

[PR]

by gossy54200 | 2018-02-19 21:52 | 日記 | Comments(0)  

<< 田中オブ東京でステーキを食べた ココヘッドはクレイジーだった >>