ひとりデュアスロンの週末

土曜日はめっちゃ天気よかったですね。
釧路の分際で、この時期で気温20度というのはどうかしちゃったんではないでしょうか。
そんなわけで、飲み会明けで体調はイマイチなのだが、外に出ないともったいないので、とりあえずロードバイクで出かけます。

まずは山花から仁仁志別へと。
最初は追い風で快調だったのだが、仁仁志別の手前辺りで、いきなり風向きが正反対になる嫌がらせ。
毎回強風の中のサイクリングなので、もう文句を言う気力もないし、文句を言ったところで無駄以外の何者でもない。

そこそこアップダウンのある国道274号線を進みます。

a0156548_20303667.jpg

国道274号線は、布伏内で行き止まりになるのであるが、そこに道がある限り、私は進むのである。

a0156548_20320126.jpg

名もない峠を淡々と進みます。
いつもは布伏内側から上るこの峠も、反対側から上るのは初めてである。

a0156548_20330522.jpg

ギアを34-25Tに入れても、残り2枚あるのは精神衛生上すこぶるよい。
ひゃらひゃらと、ケイデンス70~80、速度12~13km/hで進みます。

a0156548_20345258.jpg

多分、ここが頂上。
労力は反対側と大して変わりませんね。
標高にして220mぐらい。
車通りも皆無に等しいし、この道は自転車に乗るために存在しているとしか思えませんな。

a0156548_20392057.jpg

国道274号線は、ここで行き止まり。
こっから先、建設するつもりがあるのかないのかわからんが、ひとつ言えることは、よしんば国道274号線が布伏内の先から開通したとしても、これ以上布伏内が栄えることはないということだろう。

a0156548_20410345.jpg

今日も布伏内コミュニティセンターで休憩。
なぜか知らんが、ここは落ち着く。

a0156548_20414147.jpg

いい天気でしたね。
ようやく冬用ウェアからの卒業です。

帰り道は追い風かと思いつつ、布伏内過ぎた辺りからずっと向かい風でした。
風の強さもさることながら、遮るものがなく吹きっさらしの道東の道は、自転車には辛いっす。

a0156548_20443103.jpg

阿寒は桜がキレイに咲いておりました。
交通安全の旗も、絶好調にはためいており、こっから先はただの苦行でありました。

帰宅してから、ベイスターズの敗戦を確認し、自分に罰を与えるべく走ります。

a0156548_20460267.jpg

新釧路川からの夕日を堪能して。

a0156548_20462580.jpg

夜の釧路川河川敷をテクテクと走ります。

a0156548_20470697.jpg

土曜日はこんな感じの活動でした。
サイクリング中、ガーミンがいきなり衛星をロストして、7kmぐらいサボっております。


本日、日曜日は打って変わって、鉛色の空で、気温も10度前後と釧路らしい絶好調の天気でした。

a0156548_20490230.jpg

本日も布伏内をのんびり行きます。

a0156548_20494368.jpg

仁仁志別でドデカミンストロング休憩。

風も弱く、自転車遊びにはそこそこ快適な日でした。

昼寝して、今度は春採湖へと。

a0156548_20520431.jpg

ビホロの第2ラン対策として、自転車でヘロヘロになった脚を、更にランニングでいじめます。

a0156548_20525805.jpg

未舗装路が脚にやさしい。
ここが釧路市内で一番私の好きなランニングコースですね。

a0156548_20535798.jpg

最後、坂で刺激を入れようとするが、ダッシュする体力気力は残っておりませんでした。

a0156548_20544370.jpg

ランニングはキロ5:40~6:00ぐらいなら問題ないのだが、それ以上上げて走ろうという気になりませんね。
まあ、故障してもあれだし、今のところは「質より量」で行きましょう。

せっかくの週末を、ひとりでこんなことして楽しいのかという話もありますが、これは楽しいとかそういう次元を超えて、頭の中を空っぽにする修行なのです。
有酸素運動は「動く禅」なのです。
困ったときは有酸素運動。
脳が疲れて元気のない人には、散歩でもなんでもいいので、こういう外でのひきこもり活動をおすすめします、

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2018-05-13 21:09 | デュアスロン | Comments(0)  

<< 柳町公園お花見ラン 第32回ビホロデュアスロンに参... >>