休日の豊平川ランニング

先週の土日は札幌で過ごしておりました。

a0156548_22193268.jpg

宿泊はカプセルホテル「ニコーリフレ」。
私は高級ホテルよりも、こういうチープなところの方が落ち着くんです。
寝るには劣悪の環境ですが、サウナと大浴場がある方が大事。
休憩室の弛緩し切った「おっさん天国」状態が、妙に心地いいんだよね。

a0156548_22215208.jpg

2~3年前にちょっと流行った「水素水」ですらどうかと思うのに、「水素風呂」なんて頭がイカれてしまったのではないだろうか?
実際に入ってみると、ただのジャグジー風呂で、普通の風呂との違いはさっぱりわかりませんでした。
「北海道初!」の水素風呂を謳っているようだが、断言しよう。

北海道二番目の水素風呂などできるわけがない

と。


朝5時に起きて、ランウェアに着替えて、ランシュー片手に「外出します」とフロントにカギを預けます。
健康ランドと違って、外出自由なのはいいですね。

街中を抜けて、豊平川の河川敷へと進みましょう。

a0156548_22311614.jpg

早朝のサイクリングロードはさわやかでよい。
不健康なおっさん天国であるサウナとは別世界の健康的な空間だった。

そういや、豊平川の河川敷走るのは、5年前の豊平川ハーフマラソン以来だなあ。
懐かしいなあ。

15年ぐらい前、初めて買った折りたたみ自転車で、自転車の面白さに目覚め、毎日狂ったように、このサイクリングロードを自転車で走っていたころを思い出した。
あのころは、当時住んでいた東区から真駒内をただ自転車で往復するだけで、どうして狂おしいほどのエクスタシーを感じられたのだろうか?

a0156548_22373361.jpg

河川敷から真駒内公園をうろうろと。
セキスイハイムスタジアムには色々な思い出があるなあ。
何をとち狂ったか、雪中MTBレースに出て撃沈したこと。
とある人と花火を見に行って、そっからロクでもない目にあったことなど、考えてみれば嫌な思い出しかないので、こんなところはさっさとずらかろう。
さようなら、セキスイハイムスタジアム。

a0156548_22422489.jpg

真駒内公園内をテキトーに走っているうちに迷子になって、サイクリングロードに戻る道がわからなくなりました。
しょーがないので、一旦石山通に出て、ミュンヘン大橋の辺りからサイクリングロードに復活しました。
10年以上住んだことのある札幌であったが、迷子がスパイスとなって、なんか見知らぬ街を走っているみたいで、妙に新鮮でしたね。
こういう大会とは関係のない自由な「旅ラン」も、たまにはいいものだ。

a0156548_22495868.jpg

迷子になったんで、思わず余計に走ってしまったよ。

a0156548_22502453.jpg

8km~12kmぐらいのところで、真駒内公園トラップにかかり、迷走しております。


ホテルに戻ったらメシ。
ここの朝メシはバイキング形式で、朝からカレーだのから揚げだのソフトクリームだの腹いっぱい食って、大いに満足満足なのであった。
あと、私は食わんかったが、チョコレートフォンデュなるものもあった。
女のいないメンズサウナで、チョコレートフォンデュの需要なんてあるのか?
私が見た限り、チョコレートの泉にお菓子突っ込んでる奴は誰もいなかった。

ニコーリフレは何度か利用したことがありますが、朝食は初めてでした。
質はともかく、おっさん天国にふさわしい下卑た感じが二重丸でしたね。
これで700円なら十分元は取ったって感じです。
下手に朝マック行くぐらいなら、こっちの方がいいや。

そして、メシの後は、大浴場でサウナと水風呂を堪能し、おっさん至福の午前のひとときを過ごしたのであった。
ニコーリフレは、チェックインしてから24時間使えるんで、ランスパの拠点にはもってこいの場所かもね。
また、無意味にリフレ行って、目的もなくランニングする休日を送ろうと固く決心した、今回の札幌遠征であったのでした。

ごきげんよう。

[PR]

by gossy54200 | 2018-05-23 23:03 | ランニング | Comments(2)  

Commented at 2018-07-07 08:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gossy54200 at 2018-07-08 22:20
>鍵コメさん

コメントありがとうございます。
ご質問の件に関して、私なりの考えを述べさせていただきます。

・毎日、きっちり走る時間が取れる時間のある人向け
・スピードのない中高年向け
・レース前に走力の確認のため、30km以上走った方が精神安定上いい
・フォームに関しては、別の本で補う必要がある(結局、ここがしっかりしてないと、どんなメソッドも意味をなさないと思います)
・設定タイムを決めないビルドアップ走は精神的に取り組みやすい。調子悪いときはジョグにすればいいわけで
・基本、練習は緩いが休足日を取らない方針なので、日々の疲労が蓄積され、その蓄積の中で走ることによって、フル後半のスタミナが養成されるのかもしれません

まずは1ヶ月取り組んでみて、自分に合うかどうか試されるのがよろしいのではないかと思います。
私も完全に本のやり方を真似しているわけではなく、自分なりのアレンジ(走力確認のための30km走やったり、ショートのTT入れたりなど)を加えています。

ご参考になったかはわかりませんが、私の所感はこんな感じです。

<< ただラーメンライスを食べるだけ... 第230回TOEIC受験記 >>