人気ブログランキング |

俺チャレ2018~ああ歌登(その1)

その0

さて、こっからが本編です。
まずは今回の装備から紹介いたしましょう。

・ロードバイク MERIDA RIDE3000(2017年モデル)

a0156548_21140978.jpg

まずは今回の主役となる自転車である。
2017年10月購入。
エンデュランスロードと言われるモデルで、ヘッドチューブ長めで、ハンドル位置が高く、アップライトな姿勢が取れる。
上半身が起きた姿勢になるため、向かい風に対しては弱いが、200kmを超える今回のライドでは、リラックスした疲れにくいポジションを取れるこのバイクが大いに真価を発揮するはずだ。
デザイン的にはリア三角が小さくなっているところが好み。

・ペダル 三ヶ島 ALLWAYS

a0156548_21182904.jpg

私はロードバイク乗りの分際でビンディングペダルが嫌いである。
輪行絡めるときは、とにかく歩きやすさを最優先。
踏み面の広い、どっしりとしたペダルが好みなのである。

・リュック SHIMANO U-10

a0156548_21213946.jpg

「長距離ツーリングでは荷物は自転車に積んで、身には何もつけるべからず」とよく言われるが、私は暑いときでない限り、背中に荷物を背負うことをそんなに気にしないので、荷物が多いときはリュック派です。
輪行袋とか最低限の着替えとか、一泊に必要な荷物を10リットルのバッグにギュッと詰め込みます。
なお、本当はドイターのリュックが欲しかったのだが、あえてSHIMANOにしたのは安かったからである。
近くのスポーツDEPOで半額で売ってたものでな。
私はスーパーの半額惣菜が大好きな、悲しき独身男なのである。

・SCGEHA 反射ベスト

a0156548_22222422.jpg


当初の予定では数時間の夜間走行を絡める予定だったので、反射ベストを買っちゃいました。
ブルベに出るときも使えるしな。 
ただ、実際問題として、今回の走行でライトが必要な夜間走行は一時間もなかったので、いらんと言えばいらんかったかもしれない。
この反射ベストはAmazonの評価はイマイチであるが、リュックの上から着ても窮屈さを感じることがなくてよかったです。

その他、思いついたままに書いていくと
・フロントライト CATEYE HL-EL540RC(6年前ブルベで使ったもの。当時はこれがベストのライトだった)
・リアライト CATEYE OMNI5 TL-LD155-R(定番中の定番。本格的に夜走るなら、これでは全く物足りないが)
・Wiggleで買った、安い長袖サイクルジャージ
・MAVICのウインドブレーカー(早朝も暖かかったので、結局30分ぐらいしか着なかった)
・モンベルの薄いパッドのついたサイクルパンツ(JR乗るのにレーパンは嫌なので、旅用にはこれを使う)
・レッグウォーマー
・ジョギングシューズ ASICS ゲルフェザーグライド4(翌日の旅ランシューズを兼ねて)
・替えのチューブとか携帯ポンプとか輪行袋とか、その他もろもろ
・いつも走行ログを取っているガーミン235Jは電池が9時間ぐらいしか持たず、腕につけながらモバイルバッテリーで充電ってわけにもいかんので、今回は使わず。


装備の紹介はこんなところにして、実際の走行に入りましょう。

まずは網走に行くために、車にロードバイク積んで、グォーッと走らせます。
出発は6/22(金)の23:00ごろ。
それまでにちょこっと仮眠取ろうと思ったが、ほとんど眠れず。
まあ、これは想定の範囲内だ。
運転中に眠くなったら、適当なパーキングエリアで仮眠取ろうかなあと思いつつ、交通量の少ない田舎道をドライブします。

結局、網走まで眠気を感じることなく、翌日6/23(土)2:00ごろ「道の駅 流氷街道網走」到着。
その間、コンビニでサンドイッチやカステラなどの軽食や、カロリーメイトやウィダーインゼリーなどの行動食、眠気覚ましのコーヒーを買います。

a0156548_22453192.jpg

ブレブレの写真ですね。

さあ、張り切って出発しよう!と思ったところで、どういうわけか雨が降ってきて、思いっきり出鼻をくじかれた。
おかしい、天気予報では雨が降るなどとは一言も言っていなかったはずなのだが。

しょーがないので、車の中でサンドイッチとカステラを食べ、コーヒーを飲み、ついでに眠くなってきたのでちょっと仮眠します。
今思えば、ここでちょこっとでも寝ておいたのがよかったと思います。

結局雨は通り雨ですぐにやんだので、気を取り直し、車からロードバイクを出して組み立てます。

a0156548_22500409.jpg

2:52、2018年の俺チャレが幕を開けたのであった。
この時期の北海道だと、このぐらいの時間には、ほんのり空が明るくなってきますね。
ここから私の北への逃避行が始まるのであった。

つづく

by gossy54200 | 2018-06-27 23:06 | ロード | Comments(0)  

<< 俺チャレ2018~ああ歌登(その2) 俺チャレ2018~ああ歌登(その0) >>