2018釧路湿原マラソン参加記(その2)

その1

《スタート~10km》

a0156548_20420085.jpg

まずは集団の流れを利用して、どんどん前に出て行きます。
コースは広く、さほどストレスなく人混みから脱出。
ちょっと速いかなあと感じつつ、流れに沿ってズンドコ行きます。

最初1kmのラップは4:17。
うむ、これは速い。
とりあえずキロ4:20~4:25で行けるところまで行こうと考えていたので、気持ち緩めに、かつ、流れに取り残されないように。

2km地点通過。
ラップは4:23。
うむ、ラップタイムは理想的だ。
あとはひたすらこれを維持できるところまで維持するのみです。

ただ、やっぱりここまでですでに無理していたのでしょうね。
2kmまでのペースを維持しているつもりで、思いっきり緩んでしまいました。
3km通過のラップタイムが4:36。

もう、この時点でわかりました。

今日はこれを維持するのが手一杯だ

と。

うーん、思ったより気象条件がキツイのかなあ。
それともコンディション調整に失敗したか。
まあ、一言で言えば、単なる実力不足なのですがね。

これで10kmレースだったら、もうちょいエンジン上げようと思ったのでしょうが、30kmレースで後先考えずに走るのは無謀です。
長丁場のレースで、昔の競走馬のツインターボみたいなことをやってはいけません。

ハイ、3km地点で記録を狙うレースは終了!
私は後半歩いて大撃沈するぐらいなら、できるだけイーブンペースを維持する方を選択します。
その方が次回のレースにつながると思いますので。
やれる範囲でベストをつくすしかないですね。

まあ、全体の1/10ですっかり気持ちの糸が切れてしまったものですから、残りの27kmが長く感じましたね。
プロ野球で言えば、4月の段階で自力優勝の可能性がなくなったチームの監督の気分です。

3km過ぎてからは、脳と脚を切り離す戦法で、ひたすら感情を無にして進みます。
集団とははぐれ、2~3人で走っていた感じでしたでしょうか。
4:30~4:40ペースが限界ですね。
序盤205ぐらいだったピッチは200ぐらいになり、昨年のレース仕様に戻った感じです。
とにかく、このペースなら25km過ぎても持つだろうと信じながら、脱力しつつ機械的に脚を動かします。

にしても、湿度の高い条件でのマラソンがこんなにキツイとは思いませんでした。
給水で体に水をかけても、ウェアに吸い取られるような感じで、ただウェアがべたべたして気持ち悪いだけ。
スポンジポイントで、首の後ろを濡らしても、そっから背中に水がしたたり、べたべたするんだよなあ。
ミストサウナの中で走っているようで、極めて不快でありました。
私は乾式サウナは大好きなのだが、ミストサウナは苦手なのだよなあ。

10km地点通過。
つくばマラソンのときには存在していなかった大時計が存在しておりました。

大時計のタイムは44分台と、自分の時計と1分ずれているなあ。
「ひょっとしたら、当初の予定通りキロ4:30ペースで走れていたのだろうか!」と、おめでたいことを考えていましたが、やはり大時計のタイムが間違っていたようで、公式の通過タイムは45:33。


《10km~20km》

a0156548_21241396.jpg

ペースは全然上がりません。
と言うか、むしろ15kmまでは落ちていく一方でした。
気持ちに余裕が全くなく、給水ボランティアの「頑張って!」の応援にも反応できません。

12km手前辺りで、折り返してきた先頭ランナーがやってきます。
先頭はもちろん今回のゲストランナーである川内優輝選手でありました。
後続とは200mぐらい差がついていましたかね。
いやーすごいすごいと思いながらも、こっちも余裕ないので、自分の走りに専念します。

折り返し地点。
スタートから続いていた尿意は緩むことなく。
とは言え、ゴールまで我慢できないほどでもなかったのですが、ここで体と気持ちをリセットするために、あえてトイレにピットインすることにしました。
ついでに持っていたエネルギージェルをぐいっと。
30kmならジェルいらんかなあとも思いましたが、念のため持ってきておいてよかったです。

折り返しから、明らかに体が軽く感じ、快調に進みます。
うむ、ここでのトイレタイムは正解だった。
4:40台だったラップタイムが、再び4:30台に復活します。
しかし今思えば、単に追い風で速く走れていただけかもしれません。

集団からは200mぐらい離れ、単独走が続いていましたが、集団に追いつくことをモチベーションにひたすら脚を回転させます。
給水ボランティアの高校生がハキハキしていて、こっちまで元気をもらえます。
ようやく、応援に対して「ありがとう」と声をかける余裕が出てきました。
湿原マラソンは、市街地から離れると沿道の応援はほとんどなくなりますが、その分給水ボランティアの応援は力強く、非常にありがたかったです。

20km地点通過。
スイカとバナナの給食がありました。
スイカは利尿作用があってマラソンの補給にはよろしくないかと、バナナをゲットしますが、咀嚼力が落ちているのか、うまく飲み込めずゴーカイにむせます。
やっぱりガチで走っているときに、大き目の固形物は食べない方がいいと思いました。
一口サイズにカットしているとありがたかったのだが、さすがにそれは贅沢ですよね。

大時計の示す時間は1時間32分台(公式タイムは1:32:37)。
トイレタイムを考慮に入れると、そんなに最初から落ちてはいない。
2時間15分は無理だが、せめてつくばの自分(30km通過タイム2時間19分)には勝とう!
今のペースなら十分行けるはずだ。

そんでもって、前を走っている集団にも追いついてきた。
こっからが真の勝負です!

(つづく)

[PR]

by gossy54200 | 2018-08-01 21:58 | ランニング | Comments(0)  

<< 2018釧路湿原マラソン参加記... 2018釧路湿原マラソン参加記... >>