2018ビホロ100kmデュアスロン参加記(その5)

その1 その2 その3 その4

ゴールして完走タオルやらスポーツドリンクやら何やらをもらいます。
フルマラソンだと、ゴール後、脚がビキビキ状態で、ちょっとでも変に動かしたら攣ってしまう状態になるのですが、デュアスロンではそんなことはなく、わりと普通にスタスタ歩ける状態でした。
そう考えると、80kmのバイクは時間こそ3時間近くかかりますが、身体には優しいパートなんだなあと。

ゴール地点でたかさんと談笑していると、いきなり「Gossyさんですか?」と話しかけてきた方が!
おお!数少ない釧路のブロンプトン乗りだったisshiiさんではありませんか!

isshiiさんは、2年前の第30回大会にエントリーされていましたが、大雨で中止になってしまったのですよね。
その後、釧路から新潟県に転勤となってしまい、今回が「リベンジ参加」となったのでした。
プログラムに書いてあった選手メッセージで、「前回参加が中止になったので、今回が新潟からのリベンジ参加だ」というのを見て、ひょっとしたらとは思っていたのですが、お会いできて何よりです。
isshiiさんは、この後、レンタカーと飛行機と深夜バスを乗り継ぎ、翌朝には新潟には戻らなければならないという超過密スケジュールのため、簡単な挨拶で終ってしまいましたが、またどこかのイベントでお会いできればと思います。
お声がけ、ありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。
ついでと言ってはなんですが、ウルトラランナーのたかさんも今回はお世話になりました。
9月のスパルタスロンでのご健闘をお祈りします!
(※ スパルタスロン~ギリシャで行われる246kmのクレイジーなマラソン大会。制限時間36時間)

尚、念のために説明しておくと、isshiiさんはブロンプロン乗りではありますが、今回の大会はブロンプトンで出たなどいうことはなく、常識的にTTバイクで参加されていました。
来年は今回DNSのOTKさんと3人でブロンプトン揃い踏みだ!
…と、行きたいところですが、肝心の私が全力でそれを拒否しますので、ブロンプトンについてはOTKさんひとりで勝手に頑張ってくださいと申し上げておきます。


さあ、撤収撤収。
RIDE号よお疲れさまでした。

a0156548_21271735.jpg

これで私の今シーズンの自転車遊びはおしまい。
春までゆっくり部屋の中で過ごしておくれ。


撤収モードに入り、ケータイを旅館の部屋に忘れたことが発覚。
去年は旅館の部屋のカギを返し忘れそのまま持っていき、今年はケータイ忘れと、2年連続でやらかしてしまった私なのでありました。

旅館に戻り、ケータイをゲットし、ご主人に完走を祝っていただき、ちょっと恥ずかしい気持ちで再び宿を後にします。
来年こそは何も忘れず、一点の曇りもなく、立つ鳥跡をにごさないようにしますので、またよろしくお願いいたします。


腹が減ったので、たらふく食いたいなあと、ナン食い放題のカレー屋「ビスターレ・ビスターレ美幌店」に行きます。
「ビスターレ・ビスターレ」は釧路にもあるのに、なんでわざわざ美幌まで行って食わんきゃならんのかという話もありますが、「ビスターレ・ビスターレ」自体めったに行かない店ですので、そこは勘弁してあげてください。

チキンスープカレーセットを頼み、ナンを3枚食べて、すっかり腹いっぱいになったのであった。
うー、満足満足。

ちなみに、店には北大のトライアスロン部の方々も来ており、運動とは無縁な怠惰な学生時代を過ごした私としては、「こんな若いころからトライアスロンとは感心だ。この根性で社会の荒波もしっかり乗り越えて欲しい」と、ちょっと上から目線で彼らのことを見つめていたのであった。
若いトライアスリートに幸あれ!

a0156548_21184601.jpg

こういう写真がインスタ映えするのかなと、なぜかカレーの写真は撮らずに、デザートのヨーグルトの写真を撮ってみた。
ちなみに私はインスタグラムはアカウントは持っているが、一つも投稿することなく放置しているし、多分今後も使うことはないんじゃないかな(と言うか使い方がよくわかっていない)。
私は写真より文章で勝負するタイプなので、Twitterの方が使い勝手がよいのである。

ごちそうさまでした。
ネパール人らしき人がひとりでやっていて、なかなか大変そうでした。
別の料理作っていて忙しい中、ナンのおかわり頼みまくってごめんなさい。


今年も美幌「峠の湯」のタダ券が参加賞に含まれていたので、帰りにひとっ風呂浴びて汗を流します。
サウナに入っていると、おっさんが「何か駐車場やけに車多いなあ」と言うと、別のおっさんが「今日はデュアスロンだったからなあ」と返し、それに対し、最初のおっさんが吐き捨てるように

「けっ、あいつら、はっきり言って邪魔なんだよな」

と、心のうちを正直にのたまってくださった。

ここで私は思い切って、「ええ、邪魔者ですが何か?」と言ってやってもよかったのだが、そこまで私も子供ではない。
と言うか、むしろおっさんの気持ちわかるぞ。

私もマラソンに全く興味のなかった若いころ、札幌市内でドライバーバイトしてたとき、北海道マラソンの交通規制に引っかかりまくり

「北海道マラソン邪魔だ!3時間超えてちんたら走る奴はフルマラソン走る資格なし!」

と、コース上に爆弾を仕掛けたくなるぐらい、この手のスポーツイベントを憎んでいたのであった。
まさか現在、自分がその「資格なし」になるとは夢にも思わなかった。
人生とは全く持ってわからないものである。

a0156548_21461036.jpg

さようなら美幌!
今年も楽しい時間をありがとう!
大会関係者の皆様ありがとう!
ついでに、峠の湯の正直なおっさんもありがとう!
正直、行くまでは「もうデュアスロンも飽きてきたかなあ」とも思っていましたが、なんのなんの、今年もしっかり楽しませていただきました。


《反省会》

・とにかく課題はバイクですな。今年は去年より乗り込んだはずなのだが、結果が変わらずガッカリであった。
・ただ、何度も言ってるようにRIDE号は「早くないけど楽なバイク」というのは事実であり、バイクで体力温存できたおかげで、第二ランは今までで一番いい順位になったのではないだろうか。
・バイクと第二ランのタイムはトレードオフの関係ですよね。ただ、第二ランで5分タイムが遅くなったとしても、バイクで10分縮める努力をした方が、全体の労力は少なくなるのではないだろうかと。
・バイクはとにかく16~18Tを踏めるようにする。軽いギアくるくる戦法は通用しない。
・ハンドルマックスまで下げて、エアロバー投入しようかなあ。
・ホイールも替えたいところだが、まずはタイヤだけ替えて様子見よう。
・ガチで楽しむのもいいですが、来年もくまモンなどの小道具で、ちょっと遊び心を入れてエンジョイできればと思います。
・また来年!ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)

[PR]

by gossy54200 | 2018-08-29 22:20 | デュアスロン | Comments(8)  

Commented by pen at 2018-08-30 11:31 x
 レポートありがとうございました^^
第2ラン速いですね~。
もしもランシューでバイクに乗ったらバイクパートはどれくらい遅くなるのでしょうなんて考えてしまいました^^;
自分はビンディング欲しい人ですけども(少しですが引き足を使うのがクセになってますので、足がずれまくります)
 ハンドル、写真を拝見しますと下げられますね!
お試ししてみる価値はあるかもしれませんね。

道マラゴール直後からしばらく、足がビキビキでしたw
ごしさんも同じだと知って安心しました^^
Commented by OTK at 2018-08-30 21:16 x
道マラでは自己ベストは出せそうもないので余りモチベーションが上がらず、出るのをやめたいくらいだったのですが、走ることになり、
ビホロデュアスロンは出ていれば全パートで自己ベストを更新し第2ランでの失速も克服、のはずが出られませんでした。
ごしさんのブログを読んで、改めて出たかったなぁと思いました。隔年でしか、出場できない運命なんでしょうか(笑)
Commented by gossy54200 at 2018-08-31 22:00
>penさん

コメントありがとうございます。
今回もバイクはどうしようもないなあとあきらめ、第二ラン特化型の作戦で行ってしまいました。
それにしてもビンディングでもフラペでも変わらないということは、私は致命的に引き足の使い方が下手なのでしょうね。
ヘッドチューブが長いフレームの構造上、あんまりハンドルは下げられないのですが、少しでもやるべきことはやってみようと思います。

フルマラソンの足ピキピキはたまらないですね。
どうしてゴール前はそれなりのスピードで走れたのに、ゴールした瞬間歩くのもままならなくなるのでしょうか。

それでもピキピキのために別海は参戦します。
共に頑張りましょう!
Commented by gossy54200 at 2018-08-31 22:05
>OTKさん

こちらはバイクでどうせ失速するだろうと、ビホロのモチベーションが上がっていなかったのですが、なんだかんだで出ると楽しいものです。
今年は私の見る限り小径車での出場はなく、心なしか寂しく感じられました。
OTKさんの隔年の法則によると、再来年はOTKさんがお仕事?それとも雨天中止?
第34回大会の行方が今から気になるところです。
Commented by たか at 2018-08-31 23:56 x
後ろから見ていてくまモン被ってキャーキャー言われていたのが羨ましかったです(^.^)
でも自分は第2ランでアフロ被る勇気はありませんσ^_^;
Commented by gossy54200 at 2018-09-01 20:05
>たかさん

美幌はガチ勢ばっかりでしたので、今回はちょっと狙ってました。
やはり応援を受けると、より真剣に走らなきゃって気分になりますね。

アフロはひょっとしスパルタスロンの切り札でしょうか?(笑)
スパルタスロンの概要は岩本さんの本で読みましたが、この過酷なレースをどのように走られるのか自分のことのようにドキドキしております。
ギリシャを精一杯満喫してください!
Commented by isshii's at 2018-09-04 22:26 x
ゴッシーさんのブログを見ていて、釧路で同じような行動をしているのできっと会っているのだろうなと思っていましてた。今回の美幌でお会いしたいと思い土曜日からキョロキョロと人間ウォッチングしてたので、第2ラン折り返し後にくまモンを発見してひょっとしてと思い、ゴール後思い切ってお声かけして良かったです。私はgossyさんのブログを見てマラソンの練習に奮起して11月のつくばにエントリーしてます。初参加ですが昨年のブログ内容を参考にサブ3.5を目指して練習中です。
Commented by gossy54200 at 2018-09-05 21:38
>isshiiさん

コメント並びに大会当日のお声がけ、本当にありがとうございました!
くまモンで暑さに耐えた甲斐があったです(笑)。

私は今年のつくば、うっかり申し込み日を忘れてしまい、気づいたときはランネットでは締め切られ、「あー、やってもーた」と思いましたが、スポーツエントリーでどうにか登録することができてホッとしております。

また、つくばでお会いできるのを楽しみにしております。
つくばは美幌と違って、人が多くて探すのにお互い難儀しそうですが…。
(つくばはガチで走りますのでくまモンは封印します)

美幌の第二ランで1時間切れるスタミナがあれば、サブ3.5十分行けると思います。
一緒に目標突破に向けて頑張っていきましょう!

<< 2018北海道マラソン応援 2018ビホロ100kmデュア... >>