人気ブログランキング |

2019北オホーツク100kmマラソンまであと5日

いよいよ北オホーツク100kmマラソンまで、残りたったの5日となってしまいました。
ようやくサロマで痛めた右ハムストリングスが回復したと思ったら、今度は左膝を痛めてしまい、全くもって自分の身体というものは思うようにならないものです。
痛めてしまったものは仕方がないので、本番までに回復することを願いながら、どうにかやっていくしかないですね。

a0156548_20265682.jpg

今月は第一週がサロマのダメージでボロボロのポンコツ状態で、まるで使い物になりませんでしたが、どうにか帳尻的に走行距離は200kmを超え、そこそこ復活したのではないかなあと思います。
30km以上のロングはできませんでしたが、第三週は週間走行距離100kmと、最低限の調整はできたでしょう。

まあ、手応え的にはサロマ前の状態を10とすると、6ぐらいの感覚ですかね。
逆に状態がよろしくないので、サロマみたいに序盤でガーッと暴走しないで抑えられるんじゃないかと、プラスにとらえていきましょう。
コンディションの不調は、サロマの経験を武器にして、カバーしていきたいものです。

a0156548_20354553.jpg

10日前の天気予報では「最高気温15度」という夢のような予報でしたが、やはりそんなうまい話などなく、道北にしてはそこそこ気温が上がりそうです。
気温だけならいいんですが、湿度も高いのがちょっと嫌ですね。
でも、8月の北海道マラソンの予行練習としては、こんくらいの暑さがちょうどいいでしょう。
世の中には、もっと過酷なウルトラマラソンもあるのですから、こんくらいでグダグダ言ってるようではいけません。

a0156548_20430958.jpg

世の中には、ものすごく厳しい修行というものがありまして、その中のひとつに「千日回峰行」というものがあります。
平たく言えば、約40000kmもの距離を歩くことを約7年かけて行うというものですが、最後の7年目には、1日約84kmを100日間歩くという気の遠くなるような修行というか、半分拷問に近いものが待っているわけであります。
「千日回峰行」に比べたら、年に数回100km走るなど、はっきり言って修行のうちには入りませんね。

ということで、「千日回峰行」をなんと2回もやられた酒井雄哉さんの本がブックオフに売っていたので、ついつい買ってみたわけですが、「長い道のりも一歩一歩の積み重ね」「足が疲れたなら、肩で歩けばいい」など、ウルトラマラソンに通じるような心構えが書かれていて、必ずやこの教えは北オホーツクでも役に立つことでしょう。
さすが、本の帯の推薦文で、あのリオオリンピックの銅メダリストの三宅宏実さんが絶賛していただけのことはあります。
「あの三宅さん」と書いておきながら、私は三宅さんのことは全く知りませんけれども。

「一日一生」ならず「100km一生」のつもりで、日曜日は臨みたいものです。
そう、平均的な人生で50〜60歳ぐらいで身体にガタが来始めるように、ウルトラマラソンでも、50〜60kmでガタが来始めるものと思います。
あとはガタが来た身体を受け入れながら、無理せず、急がず、力まずに、穏やかな気持ちを持って、人生を全うするつもりで、ゴールまで食らいつくしかないわけで。
「命ある限り、自分の人生を生き抜く」覚悟で、「脚が動く限り、100kmの道のりを走り抜く」ようにしていきたいものです。

ご清聴ありがとうございました。

by gossy54200 | 2019-07-23 21:15 | ランニング | Comments(4)  

Commented by shark at 2019-07-24 10:31 x
初コメントです。いつもブログ見てます。サロマに次いで北オホーツクまで出る走力は羨ましい限りです。同日開催の某30㎞湿原湿度マックスマラソンを走りながら心の中で応援させて頂きます。
Commented by gossy54200 at 2019-07-24 21:31
sharkさん。
ブログでは初めまして。コメントありがとうございます。
100kmは今年初挑戦ですので、果たして2ヶ月連続に耐えられるかどうかはわかりませんが、14時間とサロマより制限時間は緩いですので、最低限ゴールまではたどり着きたいと思います。
湿原マラソンは今年も暑くなりそうですね。
コースが変わって、折り返しまでの距離は短く感じられるかもしれませんが、風向きが例年通りなら、復路の向かい風区間が若干長くなるのはキツイですね。
ご健闘をお祈りします!
Commented by shark at 2019-07-27 12:14 x
名前で判断頂けて幸いです。文才の無い私には書けない充実したブログで、とても面白く読ませて頂きます。
コース変更による向かい風区間の長さについて、あまりかんがえておりませんでした・・。コースが平らなので、気持ちに任せてなるようになるさ精神で挑もうと思っていたのですが・・。
どうも天気が湿度MAXな上に気温MAX(9時~12時の最高気温27℃⁉)な状況になりそうで、先日からの体調不良も併せ、コンディションとしては最低な状況ですが、北オホーツクと大雪トレイルで頑張っている方々よりは楽だと考え、精一杯頑張ります。(プレ道マラと考え…)

北オホーツクでのgossyさんのご健闘お祈り申し上げます!
Commented by gossy54200 at 2019-07-27 17:12


応援ありがとうございます。
北オホーツクもですが、湿原マラソンも今年はかなり暑くなりそうですね。
気が遠くなる湿原横断道路の部分が短くなるのは、精神的に楽になるとは思いますが、果たしてコース変更がどう影響を及ぼすのでしょうか?
結果はどうあれ、お互い、寒冷地の暑い夏を楽しみましょう!

<< 2019北オホーツク100km... 第241回TOEIC結果 >>