人気ブログランキング |

カテゴリ:TOEIC( 20 )

 

第241回TOEIC結果

a0156548_19352307.jpg

先月受けたTOEICの結果が返ってきました。
700→720→750→775と、かつての棒高跳び選手セルゲイ・ブブカのごとく、みみっちく記録を伸ばしております。
Rは全く進歩してませんが、受験時の手応え通りLは400超えと、かなり進歩しております。
NHKの英語講座様様です。
参議院選挙で、NHKをぶっ壊す人が議席を取ったようですが、語学講座だけはなくさないで下さいと、土下座してでもお願いしたい次第であります。
NHKがなくなっても、語学講座は永遠に不滅です。

a0156548_19445746.jpg

Lに関しては、いつもなら大体Part2の途中ぐらいで集中力が切れてしまうのですが、今回は最後まで集中力を切らさずに、Part3、Part4で聴き逃したところがあっても、「なんとか3問中最低でも1問は拾う」という心構えで、大きくブレーキとなる項目はありませんでした。
Lが200点台のころは「TOEICの攻略はリスニングの方が簡単だ」というのが嘘くさく思えましたが、こうして400を超えてみると、Lの方が攻略しやすいのだなあとしみじみ思います。

a0156548_19493444.jpg

一方のRは全く進歩なしです。
NHKの英語講座で耳は鍛えられますが、文法や読解力は鍛えられないようです。
特に以前は満点近く取れていた文法については、かなり衰えているようで、やはり昔得意だったものも無対策では歯がたたないなあと。

《今後の対策》

・NHKの語学講座(ラジオ英会話、高校生からはじめる現代英語)は引き続き継続。
・できれば、テキストのダイアローグや新聞記事を丸暗記するぐらいの勢いで読み込みたい。
・文法は評判のよい以下の本に手をつけてみようかしら、多分、TOEICの文法攻略は「質より量」にあると思います。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TEX加藤/アスク

undefined


・語彙などの総合力は、同じTEX加藤氏の以下の本で対策しようかと。かつての受験英語の名著「基本英文700選」のように、シコシコと短文暗唱を繰り返していけば、読解力も自然と上がってくるんじゃないかという希望的観測。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TEX加藤/朝日新聞出版

undefined



あまりTOEICと本物の英語力には相関関係はないのはわかっているのですが、ここまで来たら800は最低でも超えたいものですね。
NHKをぶっ壊す政治的圧力に負けずに、日々、らじるらじるで精進していきたいと思います。
録音できるラジオを買いたい気持ちもあるが、それやったら録音だけして、安心して聴かなくなるんで(かつて「大学受験ラジオ講座」で経験済み。と言うか、今時の若者はそんな番組知らんと思うが)、録音やストリーミングには頼らずに、直接放送を聴くことにこだわっていきたいと思います。

語学とランニングは、才能よりも、「継続する力」が反映されるのがいいところですね。
趣味でやっているわけですから、急激にガーッとやって力尽きるのではなく、日々できることをコツコツと積み重ねていきたいものです。

多分、次受けるのは半年後ぐらいになると思います。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2019-07-22 20:11 | TOEIC | Comments(0)  

第241回TOEIC受験記

半年ぶりにTOEICを受験いたしました。
私もサロマに向けて馬鹿みたいに走っているだけではなく、実は密かに4月からNHKのラジオ講座で、朝のEnglish Timeを設けていたのであった。

現在聴いているのは、以下の2講座。

・ラジオ英会話
・高校生からはじめる現代英語

なぜこの2つの講座にしたかと言うと、NHKの英語力測定テストの結果で、だいたいこのくらいのレベルがあなたに合ってますよと診断されたからであった。

《ラジオ英会話》

英語の文法レベルは、高1〜2ぐらい。
読むスピードはTOEICに比べるとゆっくり。
テキストに出てくる英語はそんなに難しくなく、毎日続けるのにそんなに苦にはならない。
講座の中の、クリスさんとろーざさんのSmall talkが、地味にリスニングの力をつけるには役立ってると思う。

《高校生からはじめる現代英語》

番組のタイトルは「高校生から」となっているが、別におっさんやおばはんが受講しても問題はない。
題材は英語ニュース。
ラジオ英会話に比べると、読むスピードは少し速いが、それでもTOEICよりはちょっと遅く、かつ発音も明瞭。
この講座の肝は、ニュースに出て来る文を、日本語から英語に直す「反訳トレーニング」にある。
反訳トレーニングの回のときは、事前予習をしっかりしないとついていけず、なかなか負荷のかかる内容であるが、その分、身につくものは大きいかなあとは思うが、普段英語を使う生活をしてないので、正直、身になってるかどうかは知らん。


4月に入ってからは、TOEICの勉強は特にしないで、NHKに頼っていました。
それでも6月に入ってから、ちょっとはTOEIC用の勉強もしないとマズいかなと、1日30分ぐらい特急シリーズをなめる程度にやった程度。
半年前と比べても、さほど勉強したぞという手応えなく、試験本番を迎えたのでありました。


で、試験について

《リスニング》

普段のNHK講座のゆっくりスピードに慣れていたので、TOEICのスピードについていけるかなあと思ったが、はっきり言って、今まで受けた中で一番聞き取りに苦労しなかった(ただし、内容を把握できているかどうかは別問題)。
やはり、ランニングと同じで語学も「継続は力なり」ですね。
普段15分でも30分でも、耳にして声に出すことによって、英語耳と英語の感覚が気づかないうちに身についてくるものなのである。

Part1 さほど苦労することもなく。
Part2 割合素直な応答が多く、逆に騙されてるんじゃないかと不安になった。
Part3、Part4 選択肢先読みのリズムがつかめるようになってきた。本当の英語の実力にはならんのだが、先読みのおかげで、キーワードだけはしっかり拾って、解答の手がかりはつかめたのではないかと思う。
うまく行けば400ぐらい行ったんじゃないかという手応えはある。

《リーディング》

文法は得意だからと、ほぼ無対策で臨んだが、さすがに少しは何かやればよかったかなと。
考えたら長文読む時間がなくなって負けだと言うことはわかっているのだが、ついつい考えたくなってしまう。
本来1問10秒で、早押しクイズのごとく条件反射でパッパと処理しなきゃならんとこなのだがね。

長文は、多読サボっていたもんで、いつものごとくダブルパッセージの最初の方で時間切れ。
それでも塗り絵は18問と、今までの中では一番マシだったような気がする。
スコアはいつも通り350〜375ぐらいかなあ。

《次回に向けて》

・NHK講座は役に立つ。もっと徹底的にテキストをしゃぶりつくそう。
・長文対策に多読は不可欠かなあと、IBCパブリッシングの「ラダーシリーズ」などで、簡単な文でいいので、英書を読む習慣をつけよう。
・TOEIC対策は直前2週間ぐらいでちゃちゃっとやる程度でいいだろう。

by gossy54200 | 2019-06-24 21:13 | TOEIC | Comments(0)  

第235回TOEICの結果が返ってきた

すでに10日ぐらい前にネットでは結果が発表されていたのですが、本日ようやく郵送版がやってきました。

a0156548_22123770.jpg


Lは370→375と、ほぼ変化なし。
Rは350→375と、微妙にアップ。
最後の長文は前回同様20問塗り絵状態だったのだが、たまたま運がよかったのだろう。

数年前500点台だったころは、700点台まで行けば、英語はペラペラで、映画も字幕なしである程度は理解できるんじゃないかなどと思っていたが、実際に700点を超えるようになってもサッパリですね。
先日、東京に行ったとき、外国人に道を聞かれて、指差しながら「Go straight!」を連打するのが精一杯のレベルです。
学校の英語の教科書にあるような、「右に曲がって、150m進んだところに郵便局があります。その左隣にあなたの探している建物を見つけることができるでしょう」なんて不自然な英語は、とてもじゃないが咄嗟の判断で口から出てきませんよ。

ただ最近Netflixで、海外ドラマ「フルハウス」を見ているのだが、結構聞き取れると言うか、子供同士の簡単な会話なら字幕なしでも意味が入ってくるんだよな。
「フレンズ」で一回挫折した海外ドラマの英語学習なのだが、昔見ていた「フルハウス」だとなじみがあっていいですな。
もう、TOEICのための勉強がアホらしくなってきたので、ちょっと趣味的な勉強に切り替えていこうと思います。

「フルハウス」で感じたのが、定番の単語帳「DUO3.0」に載っている単語が使われまくっていることである。
はっきり言ってTOEIC対策としてはDUOはイマイチなのだが、実際に「使える」英語としては、こっち勉強した方がいいのかしらんって気がする。

DUO 3.0

鈴木 陽一/アイシーピー

undefined



「buck=ドル」とか「juvenile delinquency=少年非行」とか、TOEICでは絶対使われないような単語もドラマの中では使われていて、今更ながらDUOの力を思い知ったのである。
雪が降って、自転車通勤から徒歩通勤に切り替えたので、自転車ではご法度のイヤホンをさしながら、DUOの音声を聞いて、通勤を語学学習の時間に変えているここ最近なのであった。
これ丸暗記すれば、海外旅行でもそこそこ役に立つんじゃないかなあ。

TOEICの勉強は飽きてきたのだが、元モーニング娘。小川真琴も数年前に800点をゲットしているので、せめて元アイドルには負けたくないと、800を超えるまでは、もうちょいTOEIC受験は続けようと思います。
個人的には「公式問題集」よりも朝日新聞出版の「特急シリーズ」で勉強した方が私にとってはやりやすいかな。
特急シリーズの方がパターン解説があるので、傾向はつかみやすいと思う。
kindleでも勉強できるという利点もあるし。
(公式問題集はデカくてかさばるので、机に広いスペースがないと勉強できない)

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2018-12-19 22:43 | TOEIC | Comments(0)  

第235回TOEIC受験記

密かに本日釧路で開催されたTOEICの試験を受けに行きました。
釧路でTOEIC受験できるのは年3回しかないんで、貴重な機会を逃すわけには行かないと。

しかし、最近のブログの記事を見ればわかるように、ここ数ヶ月の私はすっかり「つくばマラソン」に取り付かれておりまして、TOEICどころじゃなかったわけです。

一応対策として、10月までは朝日新聞出版の「特急シリーズ」を2周りぐらいやっておりました。

TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

森田鉄也/朝日新聞出版

undefined




TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

神崎正哉,Daniel Warriner/朝日新聞出版

undefined




1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

神崎正哉,TEX加藤,Daniel Warriner/朝日新聞出版

undefined




しかし、11月になって、どういうわけか「TOEICの勉強なんかつまらん。もっと趣味的な勉強をする!」と、発作的にNetflixに入って、昔NHK教育で見まくっていた海外ドラマ「フルハウス」で英語学習をしていこうと決心し、すっかり「フルハウス」の世界にはまり、TOEICの勉強はサッパリの状態で本日を迎えるに至ったのであった。


本日の会場は、家から約10kmぐらい離れた武修館高校でありました。

a0156548_20273110.jpg

多分、駐車スペースはあまりないだろうと、4ヶ月ぶりに街乗りMTBを引っ張り出してキコキコしてきました。
たまには自転車もよい。

a0156548_20284790.jpg

なぜ4ヶ月もMTBを放置していたかというと、これには深い理由があって、前輪がパンクしてそのまま修理するのがめんどくさくてほったらかしにしていたのであった(その間の自転車通勤はブロンプトンで行っていた)。
こういうずぼらなところが、私が自転車趣味に向いていない根本的な理由であると思う。


さて、そんな自転車のことなどどうでもよく、肝心のTOEICについて

《リスニング》

Part1はそこそこ。
Part2はかみ合わないような会話もあるが、引っ掛けパターンは学習してきたので、消去法でそこそこ取れてるはず。
Part3は先読みがうまく行かなかったところはほぼ全滅に近く、イマイチ。集中力も切れかかっていた。
Part4はPart3と違って、スピーカーが1人だけなので、内容はつかみやすい。
もうちょい教材読み込んで、出題パターン抑えておけば、聞き取れなくても点は取れる設問は増えていたと思うが、それで点取ったところで英語の実力には全くならないわけで、まあ別にいいか。
「フルハウス」で子供の会話に慣れてしまったのがいけなかったのか、大人のビジネス会話の内容についていけない幼稚な私なのであった。
英語の発音自体は海外ドラマに比べると明瞭ですね(読み上げている内容を理解できているかは別問題であるが)。
フルハウスのジェシーおじさんの英語の方がよっぽど聞き取りにくいです。

《リーディング》

Part5はスピード重視で、特に品詞選ぶような問題は和訳せずに機械的に処理しました。
Part6は文法系の問題はいいのだが、文脈に合わせて適切な一文を選ぶ問題にてこずった。
Part7に入った段階で残り50分。
1問1分で処理すればほぼ完答できるという計算であるが、そんなことはできるわけがなく安定の20問塗り絵。
リスニングに偏った勉強していたのがまずかったのかね。
正攻法でやると時間がいくらあっても足りんので、考えずにパターンで「これが来たらこれ!」ってやんないと厳しいのかな。
英文読解力以前に、ビジネス文書に対するバックグラウンドが欠けているような気がしました。
今の私では、仮に文章が全部日本語で書かれていても、時間内で適切に処理できるのだろうかってレベル。

TOEICはクイズで言うと「早押しクイズ」みたいなもので、その人の本当の英語力を測るには不適な試験だとは思うが、英検みたいに2次試験まで拘束されることないし、割合頻繁に行われているしということで、気楽に自分の英語力を測るものさしとしては悪くないかもしれません。

手ごたえとしては、過去2回同様700点ぐらいでしょうかね。
もうちょい長文読解力鍛えて、できれば来年の3月リベンジしたいものでございます。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2018-11-18 20:54 | TOEIC | Comments(2)  

第230回TOEICの結果が返ってきた

ということで、いきなり点数ドン。

a0156548_22144457.jpg

リスニング370点、リーディング350点、合計720点と、前回(2015年11月:リスニング340点、リーディング360点、合計700点)に比べて微増といったところで、とりあえずSIMのスーパーエルマー買ったのに点数が下がるという悲劇はまぬがれました。

a0156548_22183347.jpg

リスニングに関しては、満遍なく平均よりちょっと上って感じで、5~6年前に手も足も出なかったころから比べるとかなり進歩しています。
TOEICはリスニングの方が点が伸びやすいというのはホントですね。

一方、リーディングは安定の350点で、最初に受けたときと比べるとほとんど進歩がありません。
受験英語が得意だった関係で、文法はほぼ完璧なのですが、とにかく長文を読む時間が足りません。
長文52問中、20問ぐらいが時間なくて塗り絵状態(テキトーに同じ記号を塗りつぶす)ですからな。
課題は発見しているのだが、それをいつまでも修正できない某日本ハム投手のようです。

次回受験(11月)までにやること。
・半分しか消化できなかったSIMスーパーエルマーを完璧にする。
・公式問題集のPart3、Part4のスクリプトを暗記するぐらい完璧にする。
・今回足元をすくわれたのはPart2でした。公式よりも明らかに難しかった。以下の書籍で対策しようかしらん。

TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

森田鉄也/朝日新聞出版

undefined

・Part7も特急シリーズで、読み込みをしっかりしたいところ。このシリーズは音声もついているところがよい。

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

神崎正哉,TEX加藤,Daniel Warriner/朝日新聞出版

undefined

新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編

神崎正哉,TEX加藤,ダニエル・ワーリナ/朝日新聞出版

undefined


語学はまずは量をこなすことが大事なので、こんな駄文をダラダラ書いている暇があったら、少しでも多く英文を読んだり聴いたりする時間を増やしたいものです。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2018-06-20 22:36 | TOEIC | Comments(0)  

第230回TOEIC受験記

多分、このブログをいつも読まれている方はご存知のことと思われますが、実はこのブログは「熱血!英語学習ブログ」なのでありました。

今年の一月にハワイより帰国して、「よーし、次ハワイ行くときには、もっと英語できるようになるぞー」と、SIMスーパーエルマーなる高額教材まで買って、情熱的に英語学習はスタートした。
しかし、人間の意志力などと言うものは非常に弱いものであり、気がつけば2ヶ月ぐらい教材には全く手をつけることがなくなってしまったのであった。
一応、言い訳としては、冬の間は片道30分の徒歩通勤をしていたので、その時間を利用してリスニングの勉強にあてることができたが、春になって自転車通勤になると、イヤホンをつけながらというわけには行かず、英語学習の機会が失われたわけなのであり、諸悪の根源は自転車なのであり、私が悪いわけではない。
Without bicycle, I would have studied English harder.

3月のまだ情熱のあったころに、今回のTOEICの受験申し込みをしたわけだが、一応公式問題集は何回か解き直しをしたりして、やる気十分勉強15分状態で、今回の試験に臨んだわけでありました。

でもって、今回の試験は釧路では行われなかったために、わざわざ札幌まで行って受験したのでありました。
さすが私だ。
TOEICのためにわざわざ300km以上も移動する情熱は、なかなか他人には真似できないだろう。
まあ、実際のところは、TOEICを名目に札幌に行って遊びたかっただけなのであったが。

んなわけで、土曜の夜に札幌に到着して、色々遊んで(遊びの内容は省略)、日曜のTOEICの日を迎えたのであった。
この日の札幌は非常にいい天気で、絶好のTOEIC日和であったのだ。
というか、こんなにいい天気だったら、自転車遊びでもしてりゃよかったわ。

試験会場は北海道大学農学部でありました。

a0156548_20512300.jpg

北海道大学のメインストリートも、2年前に北海道マラソンを走って以来ですね。
ランナーの姿がちらほらおりました。

a0156548_20530569.jpg


農学部の建物に入るのは20数年ぶりになるが、すっかりここも新しく立派になったのね。
昔はめっちゃボロボロだったのに。


さて、TOEIC試験。
前に受けたのは2年半前で、そのときと形式が変わったのですよね。
従来に比べ、リスニング、リーディング共に長文の割合が増え、なかなかハードでありました。

《Part1》
唯一点の取れるところだったのに、10問から6問に縮小された。

《Part2》
なんか難しいなあと思ったら、5chの解答速報でも「Part2激ムズ」って声があったんで、みんなできなかったんだろう。
中学の教科書とかだったら「委員長に選ばれたのは誰ですか?」「トムです」なんて感じで、人物を問う質問に対して人物で返してくれるのだが、TOEICの世界では「誰ですか?」の問いに対して「明日発表されます」などと、飛び道具的なものが解答になることが多く、油断できないのであった。

《Part3 Part4》
リスニングの文章が読まれる前に、問題文を「先読み」して、大体聞かれそうなことを予想しながら聞くのがセオリーなのだが、マークシートを塗りつぶしているうちに、先読みできずにどんどん文章が流れて行き、なんじゃこりゃ状態になった。
マークはちょっと棒線でチェックするだけにして、先読みを優先させるべきでしたね。
塗り絵作業なんて後でゆっくりやればいいわけだから。
先読みできたところは3問とも取れた問題が多かったが、そうでないところは全滅に近い出来なのでありました。
それでも2年半前に受けたときよりは手ごたえはあったので、2ヶ月前まで真面目にやっていたSIMスーパーエルマーの効果は少しはあったのかもしれません。

《Part5 Part6》
文法問題中心。
和訳しないで、キーワード見つけてガンガンやっていかなきゃ時間足りなくなることは知ってますが、ついつい和訳して確認したくなりますね。
リーディング75分のうち、ここを20分ぐらいで片付けないと非常に厳しくなることはわかっていましたが、気がつけば30分かかってしまい、すでにこの時点でPart7での敗北は決まりました。

《Part7》
長文読解。
もう最後まで読めないのはわかっていたので、せめて読めるところは完璧にしようと、スピードよりも確実性を重視しました。
結果は今まで通り、最後の20問塗り絵状態です。


2年半前は、「あんまりできなかったなあ」と思いつつ700点取れました。
今回はリスニングは前回より手ごたえあり、リーディングはあんまり前回と変わらずって感じでしょうか。
750行けば御の字と言ったところです。


こうやって試験を受けて、凹んでみると、また英語学習のモチベーションが上がってきますね。
心入れ替えて、SIMスーパーエルマーを最後までやろうと思います。
次回は釧路で受験できる11月の試験に申し込む予定です。

必ずや高得点を取り、次の海外旅行では金髪美女と積極的に会話できるよう精進していきます。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2018-05-21 21:20 | TOEIC | Comments(2)  

TOEIC900点への道(教材選び)

さりげなくTOEIC900点を目指して、ひっそりと勉強中です。
あんまりTOEICの点数と英語力には因果関係はないように思うんだけど、日本人にとって「TOEICの点数=英語力」とみなされている傾向があるんで、まあ、ゲーム感覚で点数を上げることに特化した勉強をしていこうかなあと。

とりあえず使用する教材は以下の4冊です。

a0156548_20251605.jpg

まずは単語を覚えんきゃ話にならんだろうということで、2chとかで評判のいい「金のフレーズ」を。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TEX加藤/朝日新聞出版

undefined


今年の1月に新形式に対応したものが出ましたので、旧版は古本屋に売って、新しく買い直しました。
1000のうち200ぐらいの単語が入れ替わっているようですね。

前使ったときは、スマホアプリを使って覚えるなんてことをしてましたが、スマホいじってるとTwitter見たり、ネットサーフィンしたり、別のことに目が行っちゃうので、今回は本だけでごりごり覚えていきます。

音声データはダウンロードできるので、それをスマホに入れて、通勤時に聞き流して、家帰ってから本でチェックするなんて感じでやってます。
一日100~200単語ぐらいのペースでしょうか。
年を取ると覚えた先からどんどん忘れていきますが、それは気にしないで、何回も何回も繰り返していくことが大事ですね。
一日に10を完全に覚えるなんてことをやっても無駄なので、100ぐらいの広い範囲をうろ覚えでもいいから目を通して、とにかく回数をこなすことが重要です。

あと、公式問題集やってるときに、わからなかった単語を金フレでチェックするなんてことをやると、よりいっそう記憶が強化されるような気がします。
金フレに出てきた表現は、公式問題集にもたくさんでてきますので、これで記憶軸を作ってから公式問題集に手を出すのがいいでしょう。

次に文法対策は「文法特急」で。

1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急

花田 徹也/朝日新聞出版

undefined



高校レベルの文法事項が頭に入っていれば、十分読みこなせると思います。
TOEICの文法は、大学受験と比べると、出題パターンが決まっていて、かつ覚えることも少ないので、これ一冊と公式問題集だけで、満点までは行かなくても9割ぐらいは取れるでしょう。
文法はスキマ時間で勉強しやすいし、やればやるだけ伸びる分野なので、ついつい力を入れたくなる分野なのですが、そこをぐっとこらえて、全体の得点アップのためには勉強時間を抑えた方がいいような気がします。
所詮200問中の30問ぐらいと割り切って、リスニングや長文に力を入れたほうがいいと思います。
kindle版が結構使いやすいので、スキマ時間でkindle使ってちょぼちょぼとやってます。

やはりメインは「公式問題集」。
これが勉強の主軸です。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

Educational Testing Service/国際ビジネスコミュニケーション協会

undefined

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

Educational Testing Service/国際ビジネスコミュニケーション協会

undefined



TOEICは2016年から出題形式が変わりましたので、新形式に対応した公式問題集を使います。
とりあえず、2冊を一通り解いてみましたが、基本的な部分は旧形式とそんなに変わらないと思います。

面食らったのは

Part3での3人の会話文(誰が誰なのかこんがらがってくる)
Part7のトリプルパッセージ(文章自体は難しくないが、とにかく量が多すぎる)
リスニングのオーストラリア男が早口で何言ってるかわからん(これは旧形式と同様)

TOEICは英語力を測るテストというよりは、早押しクイズみたいな感じで、和訳とかしないで「これが来たらこれ!」って感じで、パターンに当てはめてどんどん解答しないと時間がいくらあっても足りないと思います。
リスニングなんて、正に「クイズドレミファどん」の世界で、全体を聞かなくても、一部分のキーワードさえ聞ければOKって感じですね。
特にPart3、Part4はパターン化されているので、最悪ほとんど聞き取れなくても、選択肢からストーリーをでっち上げて、答えを推測することはできるっていった感じです。
5年ぐらい前にTOEICを受けたときは、Part3とPart4は手も足も出ない状態でしたが、問題文の先読みができて、オーストラリア男に当たらなければ、なんとか3問取れるレベルまで上がってきましたね。
私の中では、会話文のPart3よりもひとりでしゃべっているPart4の方が集中して聞けて点が取りやすいです。


当初の予定では5/21の試験を帯広で受ける予定でしたが、仕事の関係でキャンセルせざるを得ず、7/23の試験を釧路で受けます。
釧路だと年に3回しか受験機会がなく、かつ、私の仕事の都合上、2週に1回日曜日は待機番が当たるので、なかなか受験機会が得られないのが困ったものですが、こればかりは仕方がありません。

2年前受けたときは、金フレも公式一冊もうろ覚えの感じで700取れたので、今回は上記の4冊を徹底的にやって、800は超えたいものですね。
元モーニング娘。の小川真琴を超えられるように、日々精進していきます。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2017-04-09 21:11 | TOEIC | Comments(0)  

May the Force be with you

私はほとんど全くと言っていいほど映画を見ない。
注意欠如多動性障害(ADHD)を密かに持っているのかどうかは知らんが、2時間ぐらいの間じっと座って映像を見ていると、途中で気が狂いそうになるのである。

ちなみにコンサートとかも集中力が持たないので行かない。
でも、野球観戦は、特にベイスターズ戦においては3時間を超える試合でも割合平気だ。
結局、集中力ではなくて、単に興味があるかどうかの問題なのではないか?

そんなわけで、現在話題の映画とか、そんなものにはまるで興味がないのであるが、どういうわけか最新のスターウォーズ「フォースの覚醒」を見ざるを得ない状況に追い込まれてしまったのである。

ちなみに、スターウォーズシリーズについては全く何も知らない。
まあ、途中で耐えられなくなったら寝てればいいだろうと、数年ぶりに映画館に行った。

面白い!面白いではないか!

奇跡的に全く寝ることなく、最後まで興味を持って映画を見ることができた。
恐るべし、ジョージ・ルーカス!
……って、ルーカスはこの映画の製作には関わってなかったのか。

思わずユニクロで特価品のスターウォーズパーカーを買うぐらい、私はいたくスターウォーズが気に入ってしまったのである。

a0156548_22425399.jpg


で、調子に乗って、こんなものも買ってしまった。

a0156548_22442438.jpg


CD付 スター・ウォーズの英語 (エピソード4 新たなる希望)

安河内 哲也 / KADOKAWA/中経出版



英語でスターウォーズのあらすじをつかもうということで、CD付きの本を買ってみたわけだが、このCDの朗読が引き込まれる。
朗読は男の人がひとりでやってるので、レイア姫のセリフのところが妙に気色悪いのだが、できのいいラジオドラマを聞いているような感じで、何を言ってるのかようわからんのにも関わらず、通勤時のお供にスターウォーズを聞いている。

意味はよくわからんのだが、不思議なことに毎日毎日同じものを聞いていると、ついつい覚えてしまう。
オープニングの「A long time ago in a galaxy far, far away ……」を聞かないことには一日が始まらず、エンディングの「May the Force be with you」を聞かないことには一日が終わらないのである。

11月~12月にかけてTOEICに心を奪われつつあったのであるが、スターウォーズに出会ってからTOEICなどどうでもよくなり、私は広告文やビジネス文書を読むために英語を勉強しているわけではないと、フォースの導きにしたがって、日常生活にはクソも役に立たないスターウォーズの英文を暗記する勢いで聞き込んでいるのであった。

そんなわけで、3月のTOEIC受験は辞めることにして、もうちょいスターウォーズの世界に入り浸ることにします。

幼少のころ、ドラえもんの何巻の何ページにどんなストーリーがあったかを全て暗記した勢いで、スターウォーズのセリフの暗記にいそしみ、資格試験にも日常会話にも使えない英語をマスターしていきたいと思います。

私の興味の対象は、ものすごく狭く、ものすごく深い。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2016-02-02 23:01 | TOEIC | Comments(0)  

キオークマン

中高生のころ、「中○コース」とか「大学受験ラジオ講座」の広告に載っていた、怪しい教材広告に心を奪われたことはなかっただろうか?

寝ている間でも勉強できる睡眠学習機「SLシータップ」、手のひらを乗せるだけで集中力が高まる「Drキャッポー」が代表的なところでしょうかね。
あれだけ広告をうっていた割には、私の周りで睡眠学習をしていたり、機械に手のひらを乗せている人は皆無であったわけだが。
まあ、よしんば買ったとしても、恥ずかしくて人前では見せられないよなあ。
「あー、この人、だまされてるよ、バカだねえ。もし、効果があるんだったら、世の中の人はみんなやってるわ」ぐらいの目で見られるのではないでしょうかね。

んでもって、睡眠学習機ほどインパクトはなかったが、ヘッドホンにマイクがついて、自分の声を増強してヘッドホンで聞くことによって、脳が活性化されて記憶力がUPするという「キオークマン」なるシロモノもあった。

「そんなことで記憶力がUPするわけねーだろ!こんなものはインチキだ」と思っていたのだが、とある本に、このキオークマンを絶賛する記述があったのですよね。

スーパーエリートの受験術―キミにもできる

有賀 ゆう / 鹿砦社



有賀ゆうさんという方が書いた「キミにもできるスーパーエリートの受験術」という本である。
(この本、絶版になっていて、ものすごい高額でオークションに出回っているんですよね。確かに勉強法の指南本としてはものすごく優れていると思いますが、何万も出してまで買う価値はないと思うけどね)

有賀さんは、東大の薬学部を卒業してから、更に医学部に入る(もちろん東大)という非の打ち所のないスーパーエリートで、「東大」という肩書きに弱い私としては、キオークマンについては信じてもいいんじゃないかとおぼろげに思ったものである。

でもって、睡眠学習機や手のひらを乗っける機械は、今となっては闇に葬られているようだが、なんと「キオークマン」は「ITキオークマン」とパワーアップして、まだ販売しているではないか。

オブビエイター ヘッドフォン型記憶学習器ITキオークマン 11085

オブビエイター



年を取って、記憶力が弱りかけている私としては、有賀さんの薦める「キオークマン」が本当に効果があるかどうか買ってみることにした。
コイツをTOEIC学習の切り札にしようという作戦だ。
中高時代に心を奪われた「怪しい教材」を実際に購入するという、30年越しの夢が実現したわけだ。

とても1万円以上したとは思えないチープな外観。

a0156548_23175376.jpg


いかにも怪しげな「ITキオークマン」のロゴ。

a0156548_23182947.jpg


では、実際に使ってみてどうだったか?
私としては、自分のささやき声レベルが100デシベルぐらいにガンガン増強されて聞こえるのを想像していたのだが、実際のところは

・雑音が多く、自分の声に集中できない
・マイクが短くて、口元に近づけることができず、せいぜい120%ぐらいの増強作用しかない

ひょっとしたら、これはインチキ商品なのではないかという考えが、一瞬頭をもたげたが、なんか悔しいので、英単語暗記のために気休め程度に活用している。
それなりに単語は暗記できるようになったが、きっとこれはキオークマン効果というよりは、単に何回も同じことを繰り返したという学習効果の方が大きいような気がしないでもない。
ただ、「せっかく買ったのだから使わないともったいない」と、学習時間が増えているのは、まぎれもなく「キオークマン効果」と言えるだろう。

感覚的なものよりも、具体的な数字の方が評価できると思いますので、「もし、来年3月のTOEICで800点を超えたら、キオークマンは効果あり。行かなかったらゴミ」という基準で、キオークマンの価値をはかってみたいと思います。

そんな、10年ぐらい前にブルワーカーでだまされた私。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2015-12-09 23:34 | TOEIC | Comments(2)  

第205回TOEICテストの結果発表

そんなわけで、11月に受けたTOEICの結果が発表されました。
手ごたえとしては、以前受けたとき(2012年1月:555点)よりはちょっとよかったなあ。
まあ、600行くか行かないかぐらいなんじゃないかなあと思ってました。
リスニングのPart3、Part4にかけては、半分以上聞き取れなかったし、リーディングの後半20問は塗り絵状態だったし。

結果発表ドン。

a0156548_19221573.jpg


おお、マジか!すげえ!

と、700という数字を見て、ほんの一瞬感激したが、多分、3年前と比べて英語力が上がったわけではなく、TOEICの頻出単語や出題パターンを詰め込むことによって養成された「TOEIC力」が上がっただけなんだろうなあ。きっと。

それでも、やはり、それなりにやってきたことが結果として跳ね返ってくると、英語学習のモチベーションも上がってくるわけで。
2chとかに書かれているように、TOEICの点数を上げることだけを考えるのであれば、「金フレ」と「公式問題集」をひたすらやりこむのが近道なのでしょうな。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

TEX加藤 / 朝日新聞出版



TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

Educational Testing Service / 国際ビジネスコミュニケーション協会



今回は、うろ覚えの状態で、そこそこ点数が取れたわけだから、全文暗記する勢いで行けば、800も夢ではないなあと思ったわけであります。

果たしてペーパーテストでしか通用しないような知識を詰め込んで、何の役に立つのかと、我ながら思うのであるが、ここまで来れば、もはや「じこまん」の世界。
もうちょっとTOEICで英語に対する「じこまん力」を高めてから、洋書を読むとか、海外ドラマを見るとか、趣味的なものに走っていきたいと思います。

次回のTOEIC挑戦は、来年の3月の予定です。

ごきげんよう。

by gossy54200 | 2015-12-07 19:41 | TOEIC | Comments(0)