<   2010年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

さようなら、きたひやま

・出張先に沖縄みやげを持っていったら

 「あ~、ちんこすうだ~」

 と事務の女のコが叫んでいた。
 
 ネタなのか?マジボケなのか?
 嫁入り前の娘がそんな言葉を平然と叫ぶなんて、全くもって、世も末である。

・帰りのJRで、重松清「カシオペアの丘で(上)」読了。
 
a0156548_2302378.jpg

 泣ける!もう、涙腺が緩みっぱなし。
 上巻でこの調子なら、下巻になったらどうなるんだ。

 この小説は芦別が舞台になっているのだが
 (小説の中の設定では北都市、恐らく「北の京芦別」から名づけたのであろう)
 都築響一の珍日本紀行に出てくるぐらいの
 マヌケなお笑いB級観光地、「巨大仏」や「カナディアンワールド」を舞台にして
 よくこんな感動する話を書こうなんて思ったものだ。

・沖縄については、書く気力なし、明日にする。
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-10 23:06 | 日記 | Comments(0)  

またきたひやま

・タイトルは「また、北檜山」と「また来た、檜山」の掛詞です。
 って、そんな解説の必要なタイトルをつけるなよ。

・そんなわけで、昨日常夏の沖縄から札幌に帰ってきたと思いきや
 世界を又にかけるビジネスマンの私は
 現在出張で、気温ひとケタ、暴風雨のせたな町北檜山区にいるわけです。
 いや~、日本って広いねえ。
 
a0156548_23889.jpg

・今回は札幌から200kmも運転する気力がなかったので、JRとタクシーで来ています。
 さすがの私も、この状態で運転したら事故るんじゃないかというぐらい疲れている。
 
a0156548_2395091.jpg

・JRの車内で読書。
 新田次郎「孤高の人(下)」読了。
 
a0156548_23131287.jpg

 ああ、泣ける。
 同行者を見捨てれば、主人公は生き延びることができたのに
 あえて、それをしなかったところに、男を見た。

 それにしても、孤独を貫いてきた主人公が
 結婚をして、陽気になり、人を受け入れることができるようになったのに
 人を受け入れることによって、死を招いたというのは皮肉な結果である。

・沖縄の続きは、明日札幌に帰ってから書きます。

・さあ、温泉入って、寝るか。

・さすがの私も、今回は自転車は持ってきてないよ。
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-09 23:27 | 日記 | Comments(0)  

Brompton in 沖縄(その2)

沖縄2日目。

ツアーの集合時間が9:00なので、それまでの時間を有効活用すべく
早朝にブロンプトンを転がせることにした。

ということで、早起きして6:00にホテルを出たわけだが
沖縄の6時は真っ暗なのだった。恐るべし、沖縄の朝。
a0156548_2254479.jpg

「沖縄だけ、1時間ぐらい時差を認めてもいいんじゃないか」と思いつつ
那覇の繁華街をさまよっていると、ガラの悪そうなにーちゃんが、ギャル風女をナンパしていた。
那覇では早朝からナンパする習慣があるらしい。

自転車専用レーンがあって、ちょっと自転車にやさしい。
a0156548_2283845.jpg

最低気温が20度以上あるにも関わらず、葉が枯れて落ちていることにびっくりした。
a0156548_2293094.jpg

軟弱だ、軟弱すぎる。
こんなことでどうするんだ!沖縄の葉っぱ。
今のままでは北海道で生き残れないぞと、強く沖縄の葉っぱに呼びかけたい。

6:30ぐらいになってようやく明るくなってきました。
a0156548_22133766.jpg

沖縄って海はきれいなんだけど、川はどぶ川のように水が汚いんだよな。
一体、沖縄の海には何が隠されているのだ?

神秘的な名前の湖を発見!あえて読み方は書かない。
a0156548_22154138.jpg

すげー、すげー、これが沖縄の真の力か。
湖の名前をつけるとき、誰からも文句が来なかったのか?

この秘密の花園的な名前の湖の謎に、もっと迫りたいところだが
俺もいい年をしたおっさんだ。
中高生のように、この程度のことで過剰に反応することはやめよう。

ということで、湖に行くのはやめて、テキトーに海沿いを走ります。
a0156548_22214116.jpg

おお、これが沖縄の海岸か!これがエメラルドグリーンの海ですか!
a0156548_22234138.jpg

さっきも書いたが、何であんな汚い色の川から流れた水が
海になるとこんなにきれいな色になるのだろうか?
ひょっとしたら、沖縄の川は、実は海にはつながらずに、川だけで存在しているのではないだろうか。
沖縄の謎は深い。

いつものことながら、テキトーに走っているうちに現在地がわからなくなりました。
a0156548_22225553.jpg

あのー、もう那覇市じゃないんですけど・・・。どこですか、浦添市って?
a0156548_22271335.jpg

しかし、そこは綿密に計算し尽くしている私のことである。
ホテルが国道58号線沿いにあるということを覚えているので
とにかく大きな道路に出ればいいと思った。

これはひょっとしたら、迷子の状態を楽しめるんじゃないか?
集合時間に間に合わなかったらどうしようと、ハラハラしたが
あっけなく見つかったデカイ通りが国道58号線で、楽しい迷子の時間も終わってしまったのであった。
a0156548_22304917.jpg

そんなわけで、1時間ぐらい那覇の街をブラブラしただけで
特に大した発見もなかったわけであるが
それでも、やっぱり知らないところを走るのは楽しいなということで、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-08 22:33 | ブロンプトン | Comments(2)  

Brompton in 沖縄(その1)

沖縄初日。

オレは自転車は封印して、さっさと寝るつもりだったんだ。
本当だ。
本当だったら、本当だ。
今回はツアーで来ているわけだから、きちんと団体行動で行こうと思っていたんだ。
信じてくれ。

どうして、23時ごろになって、発作的に自転車に乗りたくなったんだ?
もう、オレはおかしい。
どっか頭がイカれてる。
ビョーキだ、ビョーキ。
もうね、人間として間違っている。
a0156548_0312216.jpg

a0156548_0322746.jpg

a0156548_033813.jpg

a0156548_0332481.jpg

今日いろいろ、ツアーのみなさんといろいろなものを見てきたわけですが
悲しいかな、この夜中にひとりで自転車を走らせているときが、一番楽しかった。
もう、沖縄の地をブロンプトンでコロコロ走らせたとき、体中に電流が走った。
やっぱり、オレの旅は自転車と共にあるべきなのだよ。

ツアーの団体行動よりも、こういう単独行動が好きな自分がたまらなく悲しいわけだが
きっと、こういう性質は直らないだろうし、直すつもりもない。
これでいいのだ。
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-05 00:41 | ブロンプトン | Comments(4)  

沖縄初日

沖縄に着きました。
a0156548_2048640.jpg

沖縄です。
a0156548_20491864.jpg

沖縄なのです!
a0156548_20502717.jpg

沖縄にたどり着くまで、私の座席の近くを占拠していた修学旅行の集団を見て
高校生とはなんて、馬鹿で、下品で、礼儀知らずで、うるさくて、知性のかけらもないのかと憤慨した。
もう、頭の後ろから五寸釘を打ち込んでやりたい衝動に駆られた。
私は高校生に生まれなくてよかったと、ホッと胸をなでおろすのであった。

しかし、そんなやかましい修学旅行の集団も、飛行機から降りた瞬間
「まあ、若いから、しゃーないか」と寛容の心を持って振り返ることができた。
彼らの傍若無人な振る舞いも、若さゆえのエネルギーであると
今では、好意的な気持ちすら持っているのであるが
できれば、明日以降、彼らと遭遇しないことを切に願う。

まあ、高校生はいい。
問題は沖縄である。
あらかじめ断っておきますが、今日は自転車はなしです。
a0156548_2103256.jpg

モノレール。
a0156548_213567.jpg

美しい那覇市にしましょう。
a0156548_214373.jpg

この看板から、那覇以外は汚くても別にいいという強い意思が感じられる
というのは、ひねくれたものの見方か?

国際通り。
a0156548_21155512.jpg

平和通り。
a0156548_21174845.jpg

標識はあんまり平和じゃない。
a0156548_21262646.jpg

ハブアタック。そういえば、昔ラブアタックってテレビ番組があったな。あ~ぁ、かぐや姫。
a0156548_214061.jpg

首里城。二千円札のデザインに採用されている守礼門。
a0156548_21454766.jpg

ライトアップされています。ここから先は、金取られるので入っていない。
a0156548_2148413.jpg

晩飯。沖縄そば、うまー。
a0156548_2150788.jpg

自転車はホテルで休み。明日以降、活躍してもらおう。
a0156548_21514199.jpg

自転車がないと、普通の観光日記っぽくなってしまうが
まあ、それはそれでいいだろう。
うん、十分沖縄初日は満喫したよ。

明日以降の、ブロンプトンの怒涛の働きに期待しつつ、今回の日記を終わる。
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-04 21:54 | ブロンプトン | Comments(0)  

沖縄前日

・雨の中、健康づくりセンターに行こうと思ったら駐車場が満車。
 仕方がないので、ラーメンでも食いに行こうと思ったら
 本日閉店だったり、駐車場が満杯だったり。
 まあ、こんな日もあるさ。

・文教堂書店で立ち読み。
 橘玲「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」
 
 つまみ読みしたところ、読者に興味を引くような話題を持ちかけて
 小難しい理屈をこねくり回しながら、ぐいぐい展開していくような感じだね。
 あえて、結論は読まなかったが
 きっと、「ああ、ここまで引っ張っておいて、これか」とがっかりする感じなのだろうなあ。
 Amazonの書評もあまりよろしくないようだし。
 
 でも、この本の基本前提である「やってもできないことがある」
 というのを知ることは大事であると思う。
 世の中は残酷であるということを噛みしめた上で、どう行動するかなんでしょうな。

・明日から沖縄に行くのであるが、全く準備をしていない。
 ブロンプトンというデカい荷物があるので
 それ以外のものをいかにして、リュック一つに強引に詰め込むかが問題だ。
 大胆なリストラをして、必要最低限のものだけを持っていこうと思う。
 (「じゃあ、ブロンプトンはいらんだろ」というツッコミはなしね)

・ふふ、明日はついにブロンプトン沖縄初上陸だ!
 利尻島のときのように
 いきなりパンクしてThe Endという展開にならないことを祈りつつ、今回の日記を終わる。
 
※ モバイルノート持参で行くので、明日以降も随時、沖縄の様子はUPする予定です。 
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-03 21:02 | 日記 | Comments(4)  

日本シリーズよりも

・長尾剛「坂口安吾人生ギリギリの言葉」、途中まで読む。
 「堕落論」のいい解説本である。
 そうか、そうか、堕落によって人は救われるというのはこういうことなのか。
 
 ついつい「堕ちて~行くのも~、幸せ~だよと~」とジュリーの歌を思い出した。
 

・平行して、新田次郎「孤高の人(下)」もチラッと読む。
 ああ、こういう偏屈な主人公が大好きだ。
 かと言って、彼とは絶対に友達になりたいとは思わないが・・・。

・健康づくりセンターで、今日は孤独のトレーニング。
 基本的に、私は人に努力している姿を見せるのは好きではないので
 孤独のトレーニングもまた良し。

・ジムのテレビで日本シリーズを見ていたが、つまらんなあ。
 やっぱり3位チームを出しちゃダメだよ。

・日本シリーズなんかよりも
 「韓国の優勝チーム VS 横浜」で戦わせて
 ベイスターズが負けたら、韓国追放とかやった方が、盛り上がると思う。
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-02 22:05 | 日記 | Comments(0)  

続・貧困なる食生活

・今日の晩御飯
 もやしとほうれん草とソーセージをテキトーに炒めたもの
 ごはん
 青汁
a0156548_2171216.jpg

 ちなみに、明日も同じものを食う。

・野菜炒めにかけたのは、職場の退職したパートのおばちゃんからもらった塩。
 うまいです。
 意外とゆずは何にでも合うようです。
 どこで売ってるかは知らんが。
a0156548_2192066.jpg


・薄皮パンが大好きなのだが、その中でもこれはイチオシ。
 懐かしい甘ったるさだ。
 
a0156548_21113327.jpg


・結局、探し求めていた新田次郎の「孤高の人(下)」は
 コーチャンフォーで新本を買うことで、一件落着。
 パトラッシュ、ボクは古本屋巡りに、もう疲れたんだよ・・・。
 ついでに、長尾剛「坂口安吾人生ギリギリの言葉」も購入。
 安吾本の入門書にしよう。
 (坂口安吾は「堕落論」しか読んだことがない。)

・コーチャンフォーで「北海道 鉄道駅大図鑑」にビビビと来るものであったが
 内容的には、ちょっとネット調べれば出てくる程度のものだったので購入意欲はわかず。
 もうちょい深い内容だったら買ったんだけどね。
 北海道の全ての駅の写真がカラーで掲載されていて
 資料としては面白いけど、これで2520円は高いよ。
 
[PR]

by gossy54200 | 2010-11-01 21:24 | 日記 | Comments(0)