2018釧路湿原マラソン1週間前追い切り

ここ数ヶ月、すっかりブログの記事上では完全にロードバイクに心を奪われているように思えますが、ランニングも日々ちょぼちょぼとやっております。
どーしても、自転車に比べるとランニングはブログネタにしづらいものでねえ。

気がつけば、来週の日曜に「釧路湿原マラソン(30km)」があるということで、本日は1週間前の追い切り。
運動公園で10kmを全力で走ります。
つくば以来のスカイセンサーグライドで気合が入るぜ。

結果ドン。

a0156548_15491738.jpg

スピード練習は一切してなかったので、かなりスピード面に不安がある状態だったのですが、前年のつくばマラソンの1週間前追い切りよりも、いいペースで走れてホッとしております。
冬の間から取り組んできたことは、とりあえず無駄ではなかったのかなと。
そういうことは、来週の本番が終ってから言えという話もありますが。

a0156548_15535498.jpg

4km~8kmまでは若干ペース的にはたれておりますが、フォーム的には力が抜けて悪くない感触でした。
逆に言えば、30km持たないような力を入れた走り方と、リラックスした走り方で、ペースはキロ10秒ぐらいしか変わんないんだなあと。
本番は気象条件にもよりますが、キロ4:20~4:30のペースをどこまで保てるかというところですね。

a0156548_15590528.jpg

脚はそんなにしんどくありませんでしたが、気温が高く、心肺はかなりキツイ状態でした。
気温が高いと言っても、22度くもり湿度80%という条件でしたから、この程度で暑いと言っていては、灼熱地獄の本州の方に殴られそうですがね。
願わくば、来週の本番も太陽が出なくて、このくらいの気温にとどまってほしいところです。
釧路の夏に太陽など似合わないぜ。

ピッチは普段のジョグでは195ぐらいですが、本気モードになると200になるのは昨年通り。
課題であったストライドには進歩が見られますね。

一時期、ストライドを伸ばしたいあまりに、脚の動きを「振り子型」にして、どうも着地位置が前過ぎてイマイチの状態になっていたのですが、みやすのんき先生「誰も教えてくれなかったマラソン フォームの基本」より

POINT11 足は振り子運動ではなく上から回す

POINT22 着地動作の振り戻し動作が大切

の2点に着目し、ストライドを意識した「振り子型」をやめ「回転型」にしたところで、ビックリするぐらいスムーズに脚が動き、「ああ、これこれ、この感触だな」と。
そう言えば、みやす先生の「ひぃこらサブスリー」でも、「ママチャリのペダリングのように脚を動かせ」というような記述があったっけ(私的には、これがマラソンの脚の動かし方についてはドンピシャの表現なのだが、どういうわけか、みやす先生の後発の書籍には出ていない)。
ストライドを意識しないようにした結果、どういうわけかストライドが伸びているというような感じになっています。
いかに脚を広げるかというよりも、いかにシザースの脚の挟み込み動作のキレを磨くかということが、ストライドを上げるカギなのでしょうね。

日々、どうすればもっと効率よく、もっと速く走れるかということを自分なりに追求しながら、まずは来週の湿原マラソンでキロ4:30ペースの2時間15分をクリアして、別海の目標である3時間一桁につなげていければと思います。

ごきげんよう。

[PR]

# by gossy54200 | 2018-07-22 16:32 | ランニング | Comments(0)  

2018 BRM707北海道200km北見走行記(その2)

その1

《ブルベ当日~会場入りまで》

3:00 起床
4:00 釧路発

美幌峠経由で北見まで。
国道39号線に入って端野からは、ブルベ終盤のコース確認のため、コースルートに沿って進みます。
私は初見の道には弱く、迷子になるのが常なのであるが、ストリートビューで曲がるところのポイントとなる景色は頭に入っていたので、初めて通るところとは思えんぐらいに、スムーズに進んで行きます。
ストリートビューは偉大なり。
正直、eTrexなんかよりもよっぽど役に立った。

6:30 北見のとあるコンビニで、パンとか買って朝飯

そのままスタート地点である「自然休養村センター」に行こうとしたが、突然腹の調子が悪くなる。

7:00 コンビニ休憩その2

なかなかトイレが空かなくイライラしたが、どうにか人間の尊厳は守られホッとした。
というか、ブルベ走行中に腹の調子が悪くならなきゃいいんだが。

7:15 会場着

a0156548_22244933.jpg

天候はどんより曇り。
本州の方は7月に入ってから酷暑が続いているようであるが、この試される北の大地は気温10度と、涼しいを通り越してむしろ寒いぐらいである。

参加者は大体20名ぐらい。
今回は200km300kmと同時開催のためか、参加者が分散されていて、例年より少ないですね。
小径車やファットバイクの参加はなく、変わった自転車はせいぜいフルサスMTBぐらいでした。

6年前、私と共に「長万部400」を走ったタッチさんにご挨拶。
タッチさんはしばらくお会いしないうちに、人間的肉体的共に一回り大きくなり、包容力の大きさを感じました。
一方、私はタッチさんから「痩せた」と指摘され、そういや前回タッチさんにお会いしてから5kgぐらい体重落ちてんじゃないかということに気づいたのでありました。
ここ2年ぐらい、重いギアが全く踏めんと感じるのは、体重減少の影響もあるんだろうなあ。
すっかりフルマラソン記録更新に心を奪われて、ダイエットに夢中になりすぎた私なのでありました。
自転車は登り以外では、体重減らすメリットってあんまりないような気がしますね。

7:30 ブリーフィング

これと言った注意事項はなくあっさりと。
釧路方面同様、オホーツクの地もアスファルトの舗装状態は悪いんで気いつけてねって感じ。
本州の方は「北海道=広くてきれいな道」という印象があるかもしれませんが、道東の道は路肩がガタガタで、結構ロードで走るにはストレスになりますよ。
そういう意味では、振動吸収性のいいエンデュランスロードは道東向きなのかもしれません。

7:50 車検、スタート

車検ではヘルメット、ベル、ライト、反射ベストを確認して、ゆるゆるとスタート。
準備ができたらあとは勝手に走ってくれって感じで、ブルベのスタートは、マラソン大会のような緊張感は一切ないですね。
ダラダラと200kmの行程を楽しんでいきましょう。


《スタート~PC1》

自然休養村センターの敷地を出て、道道217号線を女満別(めまんべつ)方面へと進みます。
まずは活汲(かっくみ)峠(標高170m)への軽い上り。
とは言え、スタート地点ですでに標高120mぐらいだったので、大した上りではなく。
先行していたタッチさんに声をかけながらパスし、峠の頂上である美幌トンネルへ。
トンネルをくぐったら、下り基調で楽チンでした。
とは言え、先は長いのでここは飛ばさずに、30km/hぐらいの速度で軽いギアをシャカシャカ回します。
女満別市街に入るまでは、「This is 北海道」って感じの何もない道をひた進みます。

どーでもいいですが、「女満別」って「女を満足させて別れる」と、身勝手な男性を連想させるような地名ですね。
いや、そーいう意味ではなくて、「女のマン……を分け……」、うげっ、ゲホッ、何でもありません。

9:11 PC1 セブンイレブン女満別店到着

ここまで約35km。平均速度は27km/hぐらい。
すでに何名かの参加者がちらほらいました。

休憩時間を極力削りたかったので、羊羹一個だけ買って、とっとと出発します。
ホントはトイレに行きたかったのだが、「清掃中+待ち人多し」のコンポを食らい我慢我慢。


《PC1~PC2》

女満別のセブンイレブンを出て、道道246号線に入ります。
本当はコースをちょっと外れて、国道沿いにある道の駅でトイレタイムを取りたかったのだが、なんか私の後ろを走っていた参加者に「コース間違えてますよ」と指摘されそうで、それがめんどくさくて、コース通りに進みます。
こういう「他人に指摘されるのが嫌」っていう私の性格、ホントにめんどくさいですね。
たかがトイレぐらい自由に行けばいいんでしょうが、それができない残念な私の性格。

道道246号線に入ってからはアップダウンの連続。
というか、それ以上に私は膀胱に全神経を集中させておりました。
「小清水まで行けばコンビニはあるだろう。そこまで我慢だ」と。

センチュリーラン紋別の後半のような坂の波状攻撃でしたが、激しい尿意という生理現象の前では、坂など些細な問題だったような気がします。
そういう意味では、坂の波状攻撃を紛らわせてくれた我が尿意に感謝してもいいぐらいだったであろう。

で、アップダウン地獄は終わり、小清水より国道334号線に入ります。
あら、この道コンビニないのかよ!
ここまで来たらコンビニがあると思っただけに、失望感は大きい。
とは言え、コースアウトしてまでコンビニ寄るのもめんどくさいので、そのまま行っちゃえ行っちゃえ!
今思えば、コース上のガソリンスタンドにトイレがあったので、そこ使わせてもらえばよかったなあ。
なんかガソリンも入れないのに、トイレだけ借りるってのも倫理的にどうだろうって考えて、素通りしちゃったんだよな。

国道334号線に入ってからは、気が狂いそうになるぐらい真っ直ぐな道が続きます。
本州から来た方にとっては、「おお!さすが北海道だ!」と感動するような道なんだろうなあ。
約15kmほどの直線を、奇声を発しそうになりながら、膀胱が爆発しそうな状態で進みます。

斜里市街が近づいて、もうここまで来たらPC2まで小便は我慢だと、あきらめの境地に達しました。
PC1~PC2はひたすらトイレを我慢していたことしか覚えていません。

11:29 PC2 ローソン斜里青葉店到着

ここまで約85km。通算の平均速度は24.5km/hぐらい。

さわやかにトイレタイムを済ませ、ここでも休憩時間削減のため、プリン1個だけ買います。
このコンビニはイートインスペースがあるので、飲み物を飲むようにプリンをかっこみます。
後続の参加者の方が一人お見えになったので、軽く挨拶だけ済ませ、とっとと先に進みます。


《PC2~PC3》

こっからはひたすら平坦で、予報通りに追い風。
一気にガンガン進むことにします。
PC2~PC3の道は、今年に入ってからすでに自転車で走っているし、特に風景に新鮮味はなく。

網走市街に入ってから、地元の高校の学祭の仮装行列があったりして。
こういう思いがけないイベントに遭遇するのもブルベならではだよなあ。
普通のサイクルイベントでは、こういった外部のイベントにコースをぶつけることはないであろう。

a0156548_22510051.jpg

今回、走行中に唯一撮った写真。
ちょうど信号待ちだったことと、「ここが網走だ」というのを示すのには駅が手っ取り早いだろうということで、特に意味もなくパチリ。
こんなの撮るぐらいなら、小清水の原生花園とか、網走湖とか能取湖とか、他にもっと撮るべきものがあったような気がするのだが。

網走市街はそこそこ信号で足止めされたので、その間を利用して、補給食をもぐもぐします。
結局、ランチタイムなどという優雅なものは取らずに、ひたすら走っておりました。
わたしゃ、30km/hぐらいで走って長めの休憩入れるよりも、休憩なしで25km/hぐらいでダラダラ走る方が楽なんです。

この日は最高気温20度ぐらいの予報だったのだが、ふと道端にあった温度計の表示を見ると13度と、めっちゃ寒いじゃないか。
もう昼の1時だというのに、どうなってんだ、オホーツク。

寒いせいか、どうもトイレが近い。
再び猛烈に尿意を感じたので、網走市街にいるうちに、手ごろなローソンでトイレ休憩&水分補給。
3分ぐらいで、とっと復帰します。
休憩は必要最低限という方針を徹底的に守ります。

網走~常呂は、国道を走らずに、並行するサイクリングロードを走っていいということになっていたが、先日の大雨で路面が荒れてるんじゃないと思い、国道を選択。
結局、国道も路面がガタガタで、あまり走りやすくはなかったがな。
まあ、でも、このサイクリングロードは2週間前にも走ったばっかりだったので、違う道を走ってみたかったというのもある。

14:35 PC3 セブンイレブン常呂南町店到着

ここまで約155km、通算の平均速度は25.5km/hぐらい。
ちょっとスピードアップしております。

ここではリアルゴールドゼリーとか、レッドブルとか、すぐにエネルギーになりそうなものをぶっこみます。
でもって、こっから頑張れば9時間以内にゴールという「サブ9」が見えてきたので、どうせなら狙ってみようかなと、すっかりマラソン脳になっておりますね。


《PC3~ゴール》

残りは約50km。
アップダウンはそうでもないですが、PC3までちょっと頑張ったので、あまり脚が残っておりませんね。
リアの常用ギアを20Tから22Tに落として、くるくるしのぐことにします。

マラソンのときもそうなのですが、あんまり考え事をすると、脳みそが糖分を使ってしまい疲れるので、ボーっと景色を見るでもなく、ひたすら脳神経と脚の動きを切り離して、くるくるペダルを回す機械になったつもりで進んで行きます。

途中、「日吉」という集落があって、「そういや、昔、日吉亜衣ってAV女優いたなあ。結構好きだったんだよなあ」とエッチな妄想をしながら、ニタニタ進んで行きます。
すいませんねえ、女性読者もいるこのブログに下品なことばっかり書いて。
こういう(男にとって)楽しいことでも頭に思い浮かべないとやってられんのですよ。

15:30ぐらいよりポツポツと雨を感じ、16:00ごろから本降りに。
おかしい、天気予報では18:00ぐらいから雨のはずだったのに、どうしてこんなに早く降り出すんだ。

雨装備は一切準備してなかったんで、これはキツかったですね。
気温が13度ぐらいと低いもんで、どんどん体温が奪われ、もうちょい雨中走行が続くと低体温症になるかと思いましたよ。
ブルベは例え雨予報じゃなくても、せめてレインウェアは装備しておいた方がいいですね。

一応、サブ9目指してたことと、一刻も早く雨から逃れたいの一心で、シャカシャカとゴールの自然休養村センターへと向かいます。
コースレイアウトでは、ラスト結構な上りかなあと思いましたが、思ったほどの斜度ではなく。

16:53 自然休養村センター到着

どーにか17時以内に到着して「サブ9」を達成しました。平均速度は24.6km/h。
実際のところ、スタートで10分ぐらいフライングしてるんで、実経過時間は9時間以上かかっているわけですが、一応、「8:53」が公式の認定タイムとなっているので、そこは素直に喜びましょう。

ゴールして、ずぶ濡れの自転車は施設の物置に入れてOKとのことでしたので、ご好意に甘えて入れさせていただきました。
ゴール受付を済ませ、オニオンスープをいただきます。
北見は玉ねぎの生産で有名なのですよね。
以前、沖縄の久米島に行ったとき、スーパーに「北見たまねぎ」と書かれたダンボールを見て、ぶったまげた記憶があります。

雨で冷えた身体にオニオンスープの温かさが染みました。
しかも、施設のお風呂まで使わせていただけるということで、遠慮せず使わせていただきました。
もう、感謝の言葉もありません。
ブルベは、サイクルイベントやマラソン大会に比べると規模は小さいですが、色々な方のご好意で成り立っているんだなあと痛感いたしました。
アットホームな手作り感がいいですね。

お風呂の中で、私と同じく釧路から来た参加者の方とちょろっとお話して、サクッと帰宅いたしました。
また、どこかのブルベでお会いできればと思います。

主催者の方から、「ツイッターで『膝が痛い』とつぶやいている参加者がいたけど、大丈夫なんだろうか?」って声がありましたが、実はそのツイートの主がタッチさんだったという罠。
それでもタッチさんは、膝痛を乗り越え、気力で完走されたのはさすがです。
お忙しい中、自転車に乗る時間も満足に取れない状態で、200km走りきるんですからねえ。
今回はほとんど絡む機会がありませんでしたが、また、どこかでお会いすることがあれば、よろしくお願いいたします。
久々にタッチさんにお会いでき、とてもうれしかったです。
次回お会いするときは、びっくりするぐらいスマートになられていることを期待しております。


《反省会》

・本文中にも書いたが、雨準備はきちんとしよう。できればフルフェンダーにしたいところだな。
・ついでにディスクブレーキなんてものがあればありがたいが、雨天走行なんて年1~2回ぐらいしかしないだろうから、まあ、そこはいい。
・RIDE3000はいいですね。道東の荒れた路面でも振動拾わんし、ブルベマシンとしては最高だと思います。後半、前傾が辛くなったときに特に真価を発揮したと思います。疲れたときは空力を生かせる前傾姿勢よりもリラックスポジションの方が大事ですよ。
・久々のブルベは楽しかったですね。計画を立てない自由なソロ走行もいいですが、「認定」というエサがあるとゲーム性が高まって、これはこれでいいですね。思うように休みに遠出できないもので、SR取るぐらいブルベに出ることはできませんが、来年以降も道東開催の200、300のブルベは年1~2回出てみたいものです。
・ストリートビューは昼間通る道にとっては死ぬほど役に立ったが、これが夜間になるとどうなのかなあと。
・eTrexの使い方を覚えよう。せめて走行ログは取れるようにしよう。ついでにeTrexのホルダーがあまりにクソ過ぎるんで、これもなんとかしたいところ。
・「走行強度を落として休憩削り戦法」が私にとっては楽かなあ。所要時間8時間53分に対して、走行時間が8時間13分と、ほとんどの時間を自転車の上で過ごしていることがわかります。Avg.25km/h行かない貧脚でも9時間以内で200km走れるんだなあと。
・今回は「一人我慢大会」みたいな感じで、ずっと単独で走ってましたが、できれば次回以降、もうちょっと人と話してブルベ友達を作りたいと思います。
・AJ北海道並びに自然休養村センターの皆様にはお世話になりました。来年も北見ブルベが開かれるのであれば、前泊後泊も含めて300の方に参加してみようかなあ。300の方が阿寒湖、開陽台、裏摩周とコースはタフだが見所は多そうなので。
・そんなわけで、ブルベセカンドビギナーのワタクシでありますが、ブルベ関係者の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

(このシリーズ終わり)

[PR]

# by gossy54200 | 2018-07-21 20:09 | ロード | Comments(2)  

2018 BRM707北海道200km北見走行記(その1)

《6年ぶりブルベ復活のいきさつ》

6年ぶりにブルベに出ることにいたしました。

6年前に初めて出たブルベは、何を勘違いしたのか200km300kmをふっとばし、いきなり400kmにチャレンジするという無謀ぶりでありまして、まあ、なんとか周りの方々のサポートのおかげで完走することはできました。
しかし、身体へのダメージは非常に大きく、1週間ぐらいはロクにモノも食えず、廃人状態で過ごしておりました。
「ああ、これなら4時間ぐらいで決着の着くフルマラソンの方がよほど楽だわ!」と、プチトラウマになり、ブルベの世界からすっかり遠ざかっていたのですが、以下の理由で電撃的に復活することにいたしました。

・ニューロードMERIDA RIDE300はロングライドで真価を発揮する

去年こてんぱんに打ちのめされた美幌デュアスロンのバイクパートで速く走るために、カーボンロードを買ったつもりであるが、うっかり値引きにつられて、速さよりも快適さに機能を振った「エンデュランスモデル」のロードを買ってしまい、「ムキー!カーボンでもちっとも速くならん!」状態だったのだが、「振動吸収性のよさと疲れないポジションは長い距離で力を発揮するのでは」と、ブルベ界でこの自転車の力を試したくなった。

・いきなり400から始めたから嫌になったのであって、物事には順序がある

200km300kmのブルベをふっとばして、400kmに参加したことは、例えるならば、フルマラソンも走ったことがないのに、いきなり100kmマラソンを走るようなものであり、まー、そりゃー嫌になりますわな。
やはり謙虚に、ブルベ初心者向けのフラットコースとして定評がある「北見200」から再スタートを切るのがいいのではないかと。
多分200kmぐらいだったら「あー、楽しかったなあ。また走ろうかなあ」と思うのではないだろうか。

・ロングディスタンスのトライアスロン対策

200mも満足に泳ぐことができないのに、何を血迷ったことを言っているのかと思うかもしれないが、私は「佐渡トライアスロンロングコース(スイム4km:バイク190km:ラン42.2km)」完走の夢をあきらめたわけではないのである。
自転車でも余力を持って200kmぐらいは走れるようにならんとな。
その「余力」が「フルマラソン完走」というのは、とてつもないデカいハードルであるわけだが。

いやいやいや、自転車なんてやってないで、まずは泳げるようになれよという声もあるかもしれないが、まずは「得意なものを伸ばすこと」が大事なのである。
これで自信がつけば、「よーし泳げるようになるぞ!」とモチベーションも上がるのではないだろうか。
(早い話が、ちっとも上達しない水泳に、今は完全に嫌気がさしている状態)


《コースの予習をしよう》

今回参加したブルベのコースはこんな感じです。

a0156548_21361916.jpg

以前参加したブルベ「長万部400」は、土地勘があったためにキューシートなくても完全に道がわかる状態でしたが、今回はアウェーのオホーツク地方ということで、道がわかんないんだよなあと、迷子防止アイテムをゲット。

a0156548_21390417.jpg

ブルベ定番のGARMINのGPS「eTrex20x」。
日本語対応モデルもあるのだが、高いので英語版を購入。
英語版購入しても、グーグル先生に聞けば、ただで日本語化することはできます。
でも、私はめんどくさかったのと、全体ルートと現在地さえわかればそれでいいというスタンスだったので、英語のままにしております。

とりあえず、公開されているルートラボよりeTrexにルートをインストールすることができた時点で満足してしまい、肝心のeTrexの使い方はさっぱりわからん状態でありました。


《ストリートビューを使おう》

完全にeTrexで機械任せにするのもいいのでしょうが、上記のようにeTrexの使い方についてかなり不安があったため、念のためにキューシートとgoogleストリートビューを使ってコースの予習をしました。

ブルベのコースに沿って、ストリートビューを眺め、曲がるポイントのところの画像はすべて保存し、予習はバッチリだったのであるが、「これって、未知のところを走る喜びの半分は失われるんじゃないか?」などと思ったりして。
うまく言えませんが、英文解釈の予習を教科書ガイド見ながら訳を写しているだけというか、攻略本見ながらRPGゲームをしているというか、そんなズルをしているような気分になってしまいましたね。
ブルベと言うゲームを攻略するにはストリートビューを使うのはベターな方法なのでしょうが、サイクリングの楽しみがスポイルされてしまった感は否めません。

ちなみにストリートビューを使った結果、単純な道東の道ではeTrexなぞわざわざ使うまでもないという結論に達したのですが、せっかく買ったんで、一応eTrexと二段構えで走ることにいたします。


《装備とかいろいろ》

・ロードバイクMERIDA RIDE3000
・ビンディングペダルにビンディングシューズ(私はロードバイク乗りの分際でフラットペダル大好き人間なのだが、ブルベの前週に試しにビンディング使ってみたら、びっくりするぐらい楽だったので採用。やっぱロードの世界では、歩いたり輪行とか絡めない限りはビンディングの方が正義ですね)
・朝の気温は10度ぐらいで、最高気温も20度ぐらいの予報だったので、dHbの半袖ジャージに、dHbの長袖インナーに、dHbのロングレーパン(Wiggle万歳)
・トライアルで買ったゼリー飲料1個と、カロリーメイトの類似品8本。ボトルの中身は水。ナトリウム補給は塩タブで。足りないものは随時コンビニで補給。


《持って行かなかったもの》

・これまたdHbのアームカバー(つくばマラソンのとき片方なくして、そのままの状態だった。それで長袖インナーを着たわけであるが、結果的にはこれで正解だった)
・輪行袋(どーせDNFしたところで、輪行できるスポットなんてほとんどないし、いざとなったらコース上にあるモンベル小清水店で輪行袋調達することができるから)
・レインウェア(天気予報では18時から雨ということになっていたが、18時以内にゴールする気マンマンであったので、いらねーいらねーと)


《完走計画》

・テーマは「孤独のブルベ」。単独走でマイペースで行きましょう。
・上に書いたように「ロングのトライアスロン対策」ってのも、ほんの1%ぐらいあったんで、グルメを楽しむとか余計な休憩は一切カットして、ひたすら走ることに専念します。鈴木裕和さんの本「ブルベのすべて」でも、休憩カット戦法を推奨していたことですし。

ブルベのすべて

鈴木裕和/スモール出版

undefined


・コースは最初のPC1までは下り基調で飛ばしたくなるが、ここは抑える。PC1からPC2はそこそこアップダウンがあり、風も向かい風予報なので無理せず。
・PC2からPC3はほぼ平坦で、しかも追い風予報。ここでガシガシ走る。PC3からゴールまでは向かい風予報だが、残り50km程度だし、そこは惰性と最後の気力でなんとかしよう。
・ゴールして「よーし、こっからフルマラソンだ!」ぐらいに余裕がある状態が理想(もちろん、そんなことは無理である)。8:00スタートなんで、10時間かけて18:00ぐらいにゴールできれば、久々のブルベとしては上等でしょう。Avg.25km/h行かないぐらいの貧しい脚の持ち主としては。


んなわけで、前振りの部分だけでかなり長くなってしまいましたので、肝心の走行記は次回。

ごきげんよう。

(つづく)

[PR]

# by gossy54200 | 2018-07-17 22:36 | ロード | Comments(0)  

俺チャレ2018~ああ歌登(その6)

その0 その1 その2 その3 その4 その5

6/23(土)夜

当初オール自走で宗谷岬を目指していた身としては、不完全燃焼と言えば不完全燃焼でありましたが、ロードバイク+輪行で稚内の地に到達いたしました。
ホテルは駅から徒歩一分のところにあったもんで、自転車組み立てるのもめんどいし、輪行袋担いだままホテルにチェックインし、そのまま部屋まで持ち込みます。
このときは、「翌日天気がよければロードバイクで宗谷岬へ!」などと思っていたのですがね。

もうすっかりヘロヘロなので、晩飯は外食しようという気にもならず、ホテルそばのセイコーマートで弁当やおやつを買い込み、部屋でむしゃむしゃ食べてました。

そんでもって飯を食ったらそのまま力尽き、気づいたら布団の中に潜んでおりました。
泥のように眠ると言うのは、正にこういうことを言うんだろうというぐらいの熟睡ぶりでした。
こんだけ夢も見ないぐらいぐっすり眠れるのは久しぶりだなあ。

6/24(日)

ついつい、日ごろの習慣で5:00には目覚めてしまいますねえ。
外を見ると、ちょっと霧雨、路面はややウェットって感じでしたので、前日ちらっと思った宗谷岬計画はやめにして、「旅ラン」として「ノシャップ岬」を目指すことにします。
ちょうど稚内の中心部から5kmぐらいのとこにノシャップ岬はあるので、ランニングにはちょうどいいのです。

わざわざビンディングシューズ使わんで、ランニングシューズ履いてきたことですしね。
有効に使わなきゃね。

a0156548_21143567.jpg

さて、それでは行きましょうか。
朝の稚内は10度ぐらいと寒かったです。
もう6月も下旬なんですがね。

a0156548_21155765.jpg

5:40、ノシャップ岬到着。
若干霧がかかっていて、サハリンなど見えやしねえ。
さすがにこの時間だと、観光客もいませんでしたよ。

a0156548_21174732.jpg

さようならノシャップ岬。

a0156548_21180534.jpg

さすがに緯度が高いと、日の入りの時間が遅いねえ。
そういやサロベツに住んでいたころは、夏至の辺りになると8時ちょっと過ぎても空がほんのり明るかったもんなあ。
昼の時間が長いのはいいことだ。
その分、冬になると夜の時間が長くなり、鬱々した時間を過ごすことになるのだが。

a0156548_21195636.jpg

そのままホテルに帰るのもあれなので、ちょっと寄り道して「防波堤ドーム」に寄ります。
テント張った自転車旅行者がちらほらいましたわね。
自由な自転車キャンプツーリングもいいかなあと思うのだが、私は致命的にアウトドア適正がないからなあ。
テントを張って畳むだけで「もういいや」ってなって、自転車どころではなくなるだろう。
(そもそもテントが張れない)
コーヒー苦手なもので、野営してお湯沸かしてコーヒーってのにも、全く憧れないのですよ。

a0156548_21252822.jpg

どことなく古代ギリシャっぽい感じがする防波堤内部。

a0156548_21270521.jpg

謎の車輪。

a0156548_21273529.jpg

フェリーのある街っていいですよね。
私は利尻は行ったことが礼文は行ったことがないので、生きているうちに一回は行ってみたいものだ。

a0156548_21284785.jpg

走るのに適した一周500mぐらいの道があったので、テケテケ走ってみたが、二周ぐらいで飽きた。

うむ、旅ランはもういいか。
さようなら、防波堤ドーム。
朝のさわやかな13kmジョグであった。

ホテルに戻り、バイキングの朝飯を食べて、二度寝します。

a0156548_21331660.jpg

この「人をダメにするクッション」が死ぬほど快適だった。
これ家にもひとつ欲しいなあ。

雨はすっかり本降りになり、外に出る気もしないので、何をするわけでもなく、チェックアウトの11:00まで、ホテルでダラダラ過ごしておりました。

a0156548_21374013.jpg

で、駅でも列車の発車時間である13:00ごろまで、ウダウダ過ごしておりました。
稚内はサロベツに住んでいたころ毎週のように行ってたもんで、観光などする気ゼロ。

a0156548_21395779.jpg

「ぐんぐんグルト」を作っているカルピス社から訴えられるんじゃないかと思わせる、セイコーマートのオリジナル乳酸菌飲料。

a0156548_21415385.jpg

特急列車に乗って、まずは旭川まで行きます。

a0156548_21423305.jpg

輪行に適した最後尾の席をゲット。

a0156548_21430901.jpg

4時間ぐらい列車に揺られ、旭川到着。

a0156548_21433821.jpg

こっから網走への特急に乗り換えます。
今や札幌から網走への直通列車はがっつり減って、旭川で乗り換えパターンが多いのですね。
この特急「大雪」も旭川発の列車です。

自転車を後部座席の後ろに置こうとしたところ、車掌さんがやってきて
「この列車は遠軽で進行方向変わるから、そんなことしても無駄だ」みたいなこと言われ、自転車をグリーン車の荷物置き場に置かせてくれました。
ありがとう車掌さん。
ありがたかったが、指定席の人間よりもグリーン車の自転車の方が待遇がいいことに、ちょっと自転車に対してジェラシーを感じた。

稚内から8時間ひたすら列車に揺られるのも苦痛ですわね。
最後の方が腰が痛くなってきて、ある意味自転車乗ってるときより辛かったかもしれん。
とは言え、稚内から網走まで公共交通機関で行くには、これしか選択肢がないからしょーがないね。
料金的には新千歳からLCCで東京行くよりも高くついたわけであるが。
北海道内の移動って、地味に高くつくよね。

a0156548_21512196.jpg

21:00ごろ、無事に網走に到着しました。

あとは、駅から1kmちょっと離れた道の駅に行って、車に自転車積んで釧路までドライブしておしまい。
ただ移動するだけで、観光も何もしなかったわけであるが、どういうわけか満足感マックスの週末でありました。


長距離自転車走ったからと言って、誰にも認められない「じこまん」的行為である「俺チャレ」。
大事なのは目的地ではない。
大事なのはそこに行くまでの過程であり、そのときそのとき「今、ここで感じたこと」の積み重ねなのである。
他人に決められたルートで、観光バスに乗って観光地をめぐる旅行も、効率的に見所を回れて、それはそれでいいのであるが、それで残るのは目的地という「点」の部分だけである。
それに対し、単独自転車旅というものは、出発地から目的地までの「線」、すなわち最初から最後までをフルに愉しめるものなのではないだろうか?
できればあまり下調べをしない方が、より「線」を感じることができるというのが、今回の歌登~音威子府で思ったこと。
はっきり言って、二度と通りたいとは思わない道であるが、この「今まで走ったことのない道」に「過去」でも「未来」でもない「今」をキョーレツに感じることができ、生き生きとした思い出となるのである。

五感を働かせながら、「今、ここで感じたこと」を積み重ねて行った結果、気がつけば遠いところまで行っていた。
この喜びを知る限り、自由な自転車旅はやめられないのである。

と、最後ぐらいしっかりまとめなきゃなあと、意味不明の語りを入れてしまいました。

ごきげんよう。

(このシリーズ終わり)

[PR]

# by gossy54200 | 2018-07-11 22:18 | ランニング | Comments(4)  

俺チャレ2018~ああ歌登(その5)

その0 その1 その2 その3 その4

a0156548_20484064.jpg

音威子府まであと30km。
正直、残りは楽勝だと思っていましたよ。

しかし、ここから真の歌登の恐ろしさが発揮されるとは、このときは予想だにしなかった。

まあ、とにかく風がすごいんですわ。
正真正銘の向かい風。
内陸に入ったから、海沿いほど風は強くないだろうなんて思っていたがとんでもない。
平地でも15km/hぐらいしか出ないし、突風が吹いて押し戻されると10km/h以下になるし、下りでもペダル漕がんと進まんぐらい。
あー、もうやんなっちゃうわ。

a0156548_20143031.jpg

赤く囲んだ部分が、歌登のセイコーマートから、歌登を脱出するまでの風速です。
もう許してください、歌登。
私は歌登に対して、何か悪いことでもしたのでしょうか?

a0156548_20185571.jpg

「森の中の理想郷」うたのぼり。
いやいやいや、ちっとも理想郷なんかじゃねえよ。
「まずはこの風を何とかしろ、歌登」と、声を大にして言いたい。

歌登市街から国道275号線にぶつかるまでの道道12号線は、強風以外の印象は一切ありません。
ただただひたすら辛かったです。
しかし、今思えば快調に飛ばしていた紋別の辺りは味気ないと思い、めっちゃ辛いこの道の方がとてつもなくインパクトに残って、ひょっとしたら楽しかったんじゃないだろうかと錯覚してしまうのが不思議なところである。

a0156548_20242924.jpg

グッバイ歌登。
フォーエバー道道12号線。
私は二度とこの道を通ることはないだろう。

左に曲がって音威子府に向かいます。

a0156548_20265019.jpg

何もないところに場違いのような歴史のある建造物がある。
調べてみると、この「丹波屋」というのは、この地域に古くからあった旅館で、ここに鉄道が通っていて、林業が栄えていたころは材木商たちで賑わっていたようですな。
鉄道が廃止され、過疎化が止まらない現在は営業されていないが、地元の有志の方々で、この歴史のある建物の保存活動がなされているようです。
丹波屋よ、永遠なれ。

a0156548_20504455.jpg

こっから天北峠に入ります。
標高は190mぐらいと大したことない峠なんですが、ここまで200km以上自転車を漕いで来た身にとっては、かなり辛いものがありました。
全然関係ないですが、天北峠はここの他に、国道239号線の下川~西興部間にも同名の峠があるのですね。

a0156548_20560554.jpg

勾配は4%ぐらいなのですが、壁のように感じますわ。
写真では壁感が全く伝わりませんがな。

a0156548_20573285.jpg

14:49、天北峠の頂上で、音威子府村到達です。
人口1000人以下の、北海道一のミニ村です。

さて、私は雨を避けるために、あえて宗谷岬と言うメジャーなところから、音威子府と言うマイナーなとこに目的地を設定したのであったが、こともあろうに峠の下りから雨が降り始めてきたのであった。
なんてこった、雨を避けようと言う当初の目論見がパーではないか。

しかし、雨が降ると、雨の方に気を取られてしまい、今までの「疲れた」とか「足が痛い」とか、そういうものが全て吹き飛び、「さっさと目的地に着きたい」と、ペダルを回す脚が軽やかになる不思議。
まあ、これは気分的な問題というよりは、「下り坂」という万有引力の法則によるものなのであるが。

雨は結構な勢いになっていて、「音威子府市街地まで5km」という表示にゲンナリ来るものがあるのだが、とにかく前に進むしかないわけです。
ただ、この雨は通り雨だったのか、音威子府の市街地に着くころにはやんでいて、雨の被害は最小限に食い止められたのであった。

a0156548_21060946.jpg

15:25、一路食堂到着。
やはり、音威子府と言えば「黒いそば」を食べなくてはいかんでしょう。
本当は音威子府駅の中にある駅そば「常盤軒」で、そばを食べたかったのだが、確か15:00閉店だったと思ったので、この店を選ばざるをえなかったのである。

a0156548_21101459.jpg

あまりに腹が減っていたのか、「天ぷら+カツそば」と「ミニ豚丼」という普段なら絶対選ばないようなものをチョイス。
果たして、長距離サイクリングで疲れた胃に、こんなものが入るのか?

a0156548_21122422.jpg

そばはこの地独特の黒くて太い田舎そば。
もともとバカ舌の上に、疲労で細かい味覚なんてまるでわからないのであるが、ただひとつ言えるのは

空腹は最高の調味料

ということである。
いやー、うまかったうまかった。
どううまかったのかは全く説明できないのがアレであるが。

ごちそうさまでした。

駅そばがやっていない時間は、ここで音威子府そばを堪能いたしましょう。

食うもの食ったら、あとは駅に行って輪行準備するだけです。

a0156548_21200778.jpg

16:02、音威子府駅到達。
ここまで242km。
途中までは楽勝だと思ったが、歌登~音威子府の60kmは本当にキツかった。
しかし、それだけにゴールの喜びもひとしおであると言えよう。
本当は宗谷岬まで行きたかったが、未知の場所「歌登」という場所が、今回の旅にピリリとスパイスを入れてくれたのであった。
サイクリングは目的地よりも、そこにたどり着くまでの過程が大事なのである。

a0156548_21233896.jpg

駅そばは営業時間外。
しかし、よーく営業時間を見てみると。

a0156548_21260747.jpg

あー、15:00までと思っていた営業時間が、実は15:30までじゃないかよ!
しまった、営業時間に間に合っていたじゃないか。
「今度こそは常盤軒でそばを」と思うのだが、この今度は一体いつになったらやってくるのだろうか。
うーむ、これは今回の旅の中でも1,2を争う失敗だった。
しかし、こういう失敗こそが旅の醍醐味なのであると、ちょっと強がってみせる。

a0156548_21303609.jpg

あとはデカい輪行袋持ち込んで、一両編成のローカル列車に乗り込み。

a0156548_21312207.jpg

昭和時代の国鉄じゃないかと思わせるような、車内据付の扇風機の風を浴びて。

a0156548_21325715.jpg

4年ぶりのサロベツの地を通過して。

a0156548_21335242.jpg

19:49、日本最北端の稚内駅に到着したのでありました。

a0156548_21353977.jpg

こんばんは、稚内。
これから一晩お世話になります。

尚、雨予報のはずだった稚内は結局雨が降っておらず、私は「降る降る詐欺」にすっかり騙されたのでありました。
「あー、これなら宗谷岬行っとけばよかった」という気がしなくもないが、「降る降る詐欺」のおかげでディープな歌登の世界を堪能できたと思うと、それはそれでありなんじゃないかな思う今回の俺チャレでありました。

つづく

[PR]

# by gossy54200 | 2018-07-09 21:42 | ロード | Comments(2)