うどんを食べて環状通を一周した話

私は基本的に日曜日は早起きだ。
平日なんかよりも圧倒的に早く起きる。
なぜなら早く起きないと自転車遊びの時間がなくなってしまうからである。

しかし今日はどういうわけか、早く目は覚めたのだが二度寝してしまい、
気がついたときは10時を回っていた。

こういうときは大抵の場合、すべてがめんどくさくなって、家でウダウダすることが多いのだが、
2010年の俺は違う

過ぎたことは仕方がないことで、
これからできることをできる範囲で楽しもうと気持ちを切り替えた。
今日という日は二度と来ないわけで、今できることを大事にしていこう。

なんか偉そうに語ってみたが、要するに昼ごろから自転車であちこち遊びまわったという話だ。

「今日はうどんが食べたいなあ。そんでもってついでだから環状通を一周してみよう。」
そんな計画とは言えない計画を立てながら、
MTBのチェーンに注油し、タイヤに空気を入れ、外に出た。

天気は素晴らしくよい。
気温が低くて、風が強いのが難点だが、すべてがベストコンディションなんてことはないのだ。
天気がよいことに感謝しつつ、ペダルをくるくる回す。

いつものツーリングだったら限界になるまで、メシは食わないのだが、
今回は10km程度であっけなく目的のうどん屋「かがわ軒」についた。
讃岐うどんの本場「香川県」とかけているのだろう。
場所はここです。
a0156548_2019575.jpg

大して苦労もしていないのに、あっけなくメシにありつけることに物足りなさを感じながら店に入る。

店に入った瞬間、店のおばはんに
「何にします?」
と聞かれ、右も左もわからない私は一瞬固まった。
そりゃあうどん屋だからうどんに決まっとるだろう。

そんなフリーズした私を見て、おばはんは親切に
「熱いの?冷たいの?」
と聞いてきた。なんだそういうことか。そうならそうと最初から言わんかい。

そんなわけで、熱いかけうどんを注文し、出てくるのをしばし待つ。
んで、かけうどんが出てきたら、
あとは適当に天ぷらなどのトッピングを自分で選び、会計をするというスタイルだ。
セルフうどんと呼ばれるスタイルである。
a0156548_20274556.jpg

かけうどんに、舞茸の天ぷらと半熟卵の天ぷらのトッピングで535円。
ゆで卵はサービス。

しまった。半熟卵の天ぷらとゆで卵で、卵がダブってしまった。
と孤独のグルメの主人公のようなことを考えながら、いただきます。

あ、ちゅるちゅると
うむ、いたって普通だ。
しかし、食が進むにつれて「お、これうまいじゃん」と変わってくる。
時間が経つにつれて味わいが出てくる大人の味なのであった。
よくラーメンとかで一口目はすばらしくうまいが、後半飽きてくるということがあるが、
ここではこんなことはない。
毎日でも食べたくなるようなあっさりとしていながら歯ごたえのあるうどんであった。

ごちそうさま。
今度はもう少し腹をすかせた状態で行くことにします。

さて、メインイベントであるメシが終わって、サイクリングのモチベーションが急激に薄れてきた。
最初にドカンとメシを食ってから自転車を漕ぐというパターンは初めてのような気がする。
とりあえず当初の計画通りに環状線を白石方面へ進む。

白石サイクリングロードの環状夢の橋。
結構、ランナーやチャリダーがいた。
a0156548_20375261.jpg


更に中の島の方に進んで、南19条大橋から豊平川を眺める。
a0156548_2040226.jpg

うむ、豊平川のサイクリングロードはまだ水没しているところがあって走れなさそうだ。
全面開通まであと二週間ぐらいはかかるかもしれない。

途中で尿意をもよおしてローソンに入った。
トイレだけ借りて出て行くのも悪いと思って羊羹を買った。
こういうところが私の小心なところだ。
a0156548_204315.jpg

特に空腹ではなかったので、羊羹は普通にうまかった。
やはりへとへとになるまでガマンしないと羊羹の真のパワーは発揮されないようだ。

環状線を一周したが物足りなかったので、いろいろなところに本能のまま自転車を進める。
a0156548_2045321.jpg

ただ、小別沢トンネルはちょっと行き過ぎたなあと反省している。
久しぶりに激坂をこいで、太ももがプルプルきた。
MTBだとギアが前3枚あるので楽だが、
ダンシングするとサスがぴょこぴょこ動いて、動力がうまく前に伝わらないのが難点だ。

走行距離75km。
まあ、そこそこ走ったんじゃないかなあということで、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-04-11 20:50 | MTB | Comments(2)  

「無関心」のすすめ

基本的に私は世の中のことや周りのことに無関心である。

新聞はとっていないし、家にはテレビすらない(最近捨てた)。
選挙は一応行くが、白票か落書きしか書いたことがない。

仕事については会社の将来がどうなろうと知ったことではなく、
とにかく自分の給料さえもらえればよいというスタンスで、
4時59分58秒に部屋を出て、5時3秒にはタイムカードを押して、速攻で帰ることにしている。
あと、歳暮中元の類は言うまでもなく、年賀状すらも出さないことにしている。

自分の好きなことだけを好きなようにやっていきたく、
そんでもって好きな人とだけ交流を持ちたく、それ以外のことはしらねーよ。
というのが、私の基本的スタンスである。

そういう風に主張すると、周りの良識ある常識人に
「お前はダメだ」
の一言でバッサリ切られてしまい、
「そうか俺はダメなのか」
とうじうじ悩むだけ悩んで、
それで「よーし、いろいろなことに関心を持って、いろいろな人と仲良くするぞ」と思えればいいのだが、
「でもやっぱりどうでもいいものはどうでもいいねん」と思い、
ますます悩みは深くなってしまい、
「こんなダメな自分はいなくなってしまえばいいのではないだろうか」
と自己否定モードに入り、ますます自分のことにしか関心を持てなくなってしまうのであった。

そんな自己否定モードのときに読むといいのが
ひろさちや著『「無関心」のすすめ』である。

タイトル通り、世の中のことに「無関心」を貫き、
今、ここに、そのまんま生きることが大事だということを主張している。
無関心大いに結構。無関心こそ最強。I love 無関心。無関心恐るべしという内容である。
たとえ、電車の中できれいな女性がおっさんに絡まれようと助けようとしてはいけないのである。
電車男はたまたまラッキーなだけで、
もしかしたら彼は今頃おっさんに刺されて、この世にいなかったかもしれないのだ、

冷静に考えると、世の中の人間みんながこういう考えだと困るような気がするが、
そういうことは世の中の人がみんなそういう考えになってから悩めばいいことであり、
そんな現実離れしたことを考える必要はないのである。

似たような主張をする人として、中島義道氏がいるが、
彼の文章は暗いというか、重いというか、鬱の人間が読むとますます悪化しそうな負のパワーがあった。

その点、あっけらかんと軽いひろさちや氏の文は読みやすくてよいのだが、
難点を挙げれば、彼の本はどの本を読んでも同じことが書いてあり、
わざわざAmazonで三冊もまとめ買いする必要はなかったなということであった。


[PR]

# by gossy54200 | 2010-04-10 22:28 | 読書 | Comments(0)  

自転車通勤

自転車通勤をしていると、むやみやたらに遠回りをして帰りたくなることがある。
職場から私の家までは2kmぐらいなのだが、
家に帰ってみるとサイコンの数字は20kmを示していた。
どういうことだ?

前回ブロンプトンで行ったとき、雪で通行止めになっていた新川サイクリングロード。
もう雪はなくなっていい感じだ。
ロードレーサーの人が本気で走っていた。
a0156548_2323922.jpg

夕暮れのサイクリングロードのちょっとうら寂しい雰囲気が好きで、
よく意味もなく新川河口の方まで突っ走るのであるが、
これから日が長くなると、寄り道は銭函や石狩湾新港の方に伸びてしまい、
我ながら何がしたいのかよくわからなくなるのである。

今日は前田森林公園の辺りで勘弁してやった。
前田から都心部方向に新川を眺める。
ちょっとガスっぽくて、ビルがかすんで見える。というか写真ではビルは全く見えない。
a0156548_23271365.jpg


手稲高校では白球を追う球児たちや、弓を射る高校生がいた。
青春だなあ。
ちなみに私は高校時代は将棋部に籍を置いていたが、
一回しか出たことがなく、しかも飛車角落ちでも負けるぐらい将棋はめっちゃ弱い。
青春とは無縁の日々を送っていたわけである。

こうしてのんびりと遠回りして帰るのは楽しいなあ。
もうちょっと日が長くなって、もうちょっと暖かくなればもっと楽しいのであるが、
雪に閉じ込められていた北海道民としては、ただ雪がないだけで幸せなのである。

ケータイカメラで撮った写真を改めて見ると、
もうちょいきちんとしたカメラがついたケータイが欲しくなるなあということで、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-04-09 23:35 | MTB | Comments(0)  

応用情報処理試験の受験票が届いた

昨日の続きは各自で虎の巻を調べて勝手に作って欲しい。

さて、応用情報処理試験の受験票が届いた。
a0156548_20515166.jpg

自分としてはこんなものを受験するつもりは全くなく、
願書を出した記憶など、はるか彼方の闇に葬り去ったのだが、
改めて5000円以上も受験料を払ったことに気づいて、大いに嘆き落胆したのであった。
タイムマシンを使って、3ヶ月前の自分に「バカなことをするな」と教えてやりたい気分だ。

せっかくなので、受験してみるという手もあるが
2月以降急激にモチベーションが下がって全く勉強していないし、
日曜日の昼間に部屋で試験など受けている場合ではない。
そんなことをしている暇があったら、自転車に乗っていた方がよっぽどよいのである。

既に試験はブッチすることに決めているわけだが、
こういうものに挑戦するときはモチベーションが続くかどうかよーく考えなきゃダメだよな
ということを教訓にしたところで、今回の日記を終わる。
[PR]

# by gossy54200 | 2010-04-08 20:58 | 日記 | Comments(0)  

ひまつぶし

a0156548_21111274.jpg

a0156548_2113466.jpg

a0156548_2114885.jpg

(つづく)
[PR]

# by gossy54200 | 2010-04-07 21:19 | 日記 | Comments(4)